愛車Ractis ユーザ車検

我が家の愛車は、TOYOTA Ractis。

rac001




そのRactisの2回目の車検。


今回の車検も
やっぱり自分で持ち込むユーザ車検。


バイクは昔からずっとユーザ車検で通してきたけど
最近では、四輪も自分で車検場に持ち込んでいる。


sk001


四輪も二輪も、車検の受け方は変わらない。
同じ要領で簡単に受けることができる。


自動車検査登録事務所…なんて聞くと
めちゃお堅いイメージで、敷居の高さを感じてしまうけど
実は、職員の方々はホント、親切で気さくな方ばかり。^^

わからないことは
いろいろ尋ねれば、丁寧に教えてくれる。

ユーザ車検専用窓口なんてのもあるからうれしい。

sk002


ボクがいつも行く検査場では
初めてユーザ車検を受ける人のために
VTRで解説してくれるコーナーもあったりする。

sk003

書類の書き方も
見本通りに書けば何の心配もなし

レーン上での実際の検査なんて、ほんの5分ほどで終わってしまう。





ユーザ車検…


自分で通せば、費用はめちゃ安上がり。
業者に依頼したときと比べると驚くほどの安さ♪


sk000
  ※7年(3回目)の車検


安くあがるのも嬉しいけど
ユーザ車検のよさって
やっぱ、自分の車やバイクに愛着がわくっていうことかな…






【ShortStory】 400ガンマの彼女

いつものShopに立ち寄ると
ぴっかぴかの400ガンマが置いてあった。




「ね、ね だれが乗るの? これ」
「へっへ、だれだと思う?」
オヤジはニコニコしながら指さした。



店のカウンターにちょこんと座ってる女の子。 

「えええっっ?」




以前からときどきお店で見かけることがあった彼女。
小柄でおとなしそうな女の子…。
ほとんど口聞いたことなかった。

たぶん…CBX125? だっけ
乗ってたはずだけど?

「中型とって、一番速いバイク乗りたいっていうから…」 
「えぇぇ それで400ガンマ???」

rg400a






以来、ときどき
Shopのツーリングに参加するようになった彼女。

400ガンマで…





その彼女のめちゃ速かったこと。
ぼくらポンコツのナナハンなんてまったくついていけない。

高速なんて走ろうものなら
あっという間に彼女のガンマは遙か彼方に…

後ろを走る僕らは
いつも彼女のガンマのオイルをいっぱい浴びる…



でも、
本当に嬉しそうにガンマを走らせる彼女。
その笑顔見てるだけで
僕らはなんだかめちゃ楽しい気分になれた。







それから半年ほど経ったある日
僕らは、店頭にそのガンマを見つける。

価格札がぶら下げらた彼女のガンマ…。



「なんで? 彼女、売っちゃうの?これ…」
「結婚するんだって。旦那が降りて欲しいって…」


なんだか割り切れない寂しさを覚えた僕ら…。

あんなに楽しそうにガンマを走らせていたのに
ほんとに降りちゃうんだろうか…バイクを




人間にはふた通りある
バイクに乗る人間と乗らない人間…

そんな言葉が頭をよぎる。







あれから20年
彼女…どんなおばさんになってるんだろう。

もうきっぱりバイクとは縁切った人生なのかな?
それとも
もしかしたら…






それでもBig1に…乗りたかった

--------------------
前話より 続き
-------------------- 


足も届かない。
取り回しもおぼつかない。
さらに、サイドスタンドはらえば、ふらつき始める…。


やっと手にした憧れのCBは、
ボクにとってあまりに手強い相手だった。


それでもやっぱり…こいつに乗りたいっっっ
どうしても…走らせたいっっっ





納車直後の立ちゴケショック…
そこからやっと立ち直ったボクが始めたのは…

あまり大きな声では言えないけれど…

  腕立て伏せ、
  腹筋、
  そしてランニング…   筋トレだった。

Big1を取り回すための体力がまず…ボクには必要だった。










そして、Big1を駆る日がやってくる…。

足の長さだけは、どうにもならなかったけど(泣)





なんとかBig1に跨がり
必死で車体を起こし、おそるおそるクラッチをつなぐ…


まずは、走り出したCB…。

しかし、ボクはまたここで
大きく凹んでしまう事実に直面するのだった…。






今まで乗っていたイチサンとこのBig1…
同じリッターCBとは思えない… 走りが全然違うじゃんっっっ


sc3040

乗り味が、全く違う。








イチサンに乗っていた4年間…
ボクは、腕が上がったなぁと自分なりにほくそ笑んでいた。

  がんがん走れる。
  ぐいぐい曲がれる。

  どんなもんだ♪
  1300のバイクを自在に操れるぜ!

そんな自分に酔っていた。


13a





でも、それは実は大きな間違いだったことを
Big1…1000SFは教えてくれた。




Big1は、ぜんぜん思い通りに走ってくれない。
なんで? 同じリッターCBなのになぜ???






実はイチサンは…
へたくそな乗り手でも
その腕をしっかりとカバーしてくれるバイクだった。

ライダーに優しい、とてもよくできたバイク。

  そう、ボクは走りの腕が上がったのではなく
  イチサンに助けてもらいながら走っていたのだ。







でも、Big1…1000SFは、それが通用しなかった。

きちんと基本に忠実に
乗り手がしっかりと意志を持って操らなければ走ってくれない。

90年代の古いリッターバイクは
そこまでライダーに優しくはなかったのだ…。






1000SFに乗り換えて
自分は実は…めちゃへたくそじゃないか。
基本が何にもわかってなかったんだ…

いやというほど、それを思い知らされた…。


1000a




Big1との付き合いは6年目になる…。
未だにこのバイクを乗りこなせているという自信は、ボクにはない。



でも、何年かかっても
いつか、こいつを乗りこなせるようになりたいと思う。




歳とって、自分がくたばるのが先か
工業製品としての限界がきて、Big1が壊れるのが先か…



ボクは今日も
コイツと戦いながら走り続けている。












空に色が…確かに変わり始めてる

青空が嬉しい。

気温も高く、もう春?と思わせるような穏やかな陽気。



cb0203


空の色もだんだん明るくなってきたような気がする。

こんな日は
田舎道を延々と走り続けてみたくなる。

cb0203b


季節は確かに…動き始めてるんだ。







おぞましき…Big1立ちゴケ哀話

--------------------
前話より 続き
--------------------



初めて跨がる憧れのバイク…





やっと手にしたBig1
店頭で跨がろうとしたその瞬間…

ボクの顔から笑みが消える…。

cb_n01








あ、あ、足が… つ、つかないっっ (◎o◎;;
まぢかぁ、うそだろ?

だめ…だめだ
何度跨がり直しても、
つま先がつくかつかないかのバレリーナ状態。


それだけじゃない。

めちゃ重い。
いや…くそ重いという表現がぴったりだ。

サイドスタンドを起こすどころか
ハンドルさえも切り返せない…。


全身から血の気が引いていく…。










リッターバイクに乗るのは初めてじゃない。
実は、CB1300SF(SC40)に4年…乗っていた。

そう、イチサンからの乗り換えなのだ。
カタログ数値をみても、イチサンとさほど変わらない。

data001

だから軽く考えていた。
1300が乗れてたんだからBig1もまぁ同じ調子で…


甘かった…






バイクはカタログ数値だけで判断できる乗り物ではない…
そのことに、
あらためて気づかされたボクだった。








必死になって
Big1のサイドスタンドを払い
車体を立てようとした次の瞬間…





ボクの視界の中で
ゆっくりと傾いていくBig1の姿があった…

cb_n02





思い出すのもおぞましい…
納車当日の、いや納車直後の立ちゴケ。



幸いにもBig1の傷は
グリップエンドとミラーがちょっと傷ついた程度。

ボクの足が、その巨体の下敷きとなっていたから…(泣)






半月以上、痛みが続いた左足と腰。
いやそれ以上に
心の凹みようの方が、ずっとずっと痛かった。


Big1にはもちろん乗れない。
というより、触る気もしない…。






買うんじゃなかった… こんなバイク

心の中で、
ぼそっとつぶやくもうひとりの自分がいた…。

 


<続く>


livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 線路のある風景 NC700X
    • 線路のある風景 NC700X
    • 線路のある風景 NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード