おNewヘルメット♪ げっとぉ

ヘルメットを新調した。

YAMAHAの ZENITH YJ-5Ⅱ 

h001


これまでもずっと
ボクはジェット型のヘルメットを愛用してきた。

安全性を考えると、
フルフェイスの方がいいのはわかっているけれど

ジェットヘルの開放感&爽快感…
やっぱ、これが好きなんだな。


旅先で、
バイク停めてちょっと小休止するときや
地元の人に話しかけたりするとき…等々

ジェットならさっとシールド上げればOK。


 

実は、以前もこのYJ-5を使っていた。
今回は、2度目のYJ-5。

軽いし、自分の頭にはぴったり収まってくれるし
けっこうお気に入りだったりする。




ただ、先代のYJ-5と違うのは
あごヒモの止め方が
ワンタッチ型からDリングに変更されていること。

h002


やっぱり安全性を考えると
Dリングなのかなぁ。




今回は2りんかんでポイント使って
さらに、スモークシールドがサービス♪

なかなかお得なお買い物。

h003
 
さっそく被って… 鏡でパシャリ♪


おぉ いい感じ~         ぇ?気味悪いっすかぁ? σ(^▽^;)?



ボクが恋した3台のCB 【その2】

憧れのCB…
2台目は ナナハンエフだった。 



cb7750f_b


このバイクも、ほんとにかっこよかった。

直線を基調とした流れるようなライン。
ぐっと張り出したDOHCの4発空冷エンジン。

当時、
400ccまでのバイクにしか乗れなかった中免ライダーたちにとって
存在感あふれるこのナナハンは、まさに羨望の的。



限定解除にチャレンジしたきっかけは
ずばり、このCB750F…
コイツに乗りたかったから。


cb750f_a


でも、ボクがこのエフのオーナーになることはなかった。


いい車体に出会えなかったこと
当時、フトコロ事情がとても苦しい状況が続いたこと…等々

縁がなかったんだろうか…。






ナナハンなんてもう時代遅れ?

今なら大型免許とれば
やっぱりリッターバイク…選ぶよなぁ。

現実をみても
各メーカーのラインナップから
ナナハンが次々と姿を消していった。





だけど、僕らの世代の単車乗りにとって
この「ナナハン」という言葉には、今でも特別な響きが宿っている。

その「ナナハン」の代名詞でもあったこのCB750F。



リッターバイク全盛の今でも
やっぱり、このCB750F…

一つの時代を作った名車として、
輝きの褪せることのないバイクの一つ…だと思う。




ボクの本棚の片隅に
タミヤ製1/12のナナハンエフがひっそりと飾ってあるのは… ナイショです。><







ボクが恋した3台のCB 【その1】

ボクには
憧れのCBが3台…あった。

すごく乗りたくて…
いいなぁ、欲しいなぁ…と恋い焦がれたCB。



まず一台目

CB400Four


cb400f_a




このバイク、ホントにかっこよかった。
ソリッドカラーのロングタンク、サイドにリベット止めされたシート
そして流れるような4in1の集合管マフラー


その頃、町中走ってたRDやGTサンパチ
そんなバイクとは、一線を画す洗練されたデザイン。

ほんと、乗りたいっっっ!と、まぢで憧れた一台。




でも、当時貧乏学生の自分には
とうてい手が届かない価格。

バイトで多少稼げるようになった頃には生産中止。

やがて、
目を疑うようなプレミア価格がつき始め…
ヨンフォアはもう高嶺の花。


cb400f_c



去年夏、
旅先のサービスエリアで、偶然隣りに停まったこのヨンフォア。

わぁ♪ ヨンフォアだぁ!

Big1の隣りに停まると
あまりに小さい車体にちょっとびっくり。
250?いや125?なんて勘違いしそうなくらい…

でも、憧れのヨンフォアがすぐ隣りに。



よく手入れされたとてもきれいな車体だった。
オーナーは、ボクと同じくらいの世代の人だったかな。

「ヨンフォアですね。珍しいなぁ」
「いぇ、欲しくて欲しくて、つい最近手に入れたんですよ」

そこからしばしCB談義。
ヨンフォアの話になると、子どものように目がきらきらしてくる
そんなこのオーナー氏の無邪気な笑顔が今でも忘れられない。




昔好きだった彼女が
すてきな彼氏と出会って幸せに暮らしている…

なぁんて…
そんなたとえをしたらちょっと言い過ぎかな?(笑)



今でもやっぱり憧れのバイク。

どこかで見かけたら
必ず振り返ってしまうなぁ。








リアシートへの荷物積載にひと工夫

Touringに出るときに
リアシートに荷物を積む機会は多い。

Big1のリアシート…
平らで面積も広いから
荷物を積む場所としてはばっちり余裕なんだけど

ちょっと悩みの種が一つ…。


それは
大きく張り出したBig1のシートカウル。

seat001

カウル下のバーに荷掛フックは確かにあるのだけど、
ここにベルトをかけると
シートカウルに傷がついてしまう。

このあたり…
もっと実用的なフックの装備を考えて欲しかったなぁ >HONDAさん







そこで、思いついたのが
シートの裏にベルトを固定すること。


belt001

belt004


100円Shopでゲットした布製GIベルト。

これをカミさんに頼んで
ちょっと加工してもらったあと
シート裏にボルトで固定する。


belt002

belt003

荷物の積載はこんな感じ。

使わないときは、
シート裏にたたみ込んでおけばOK。


あまり大きな荷物は固定できないけれど
タンクバックと併用すれば
1週間程度のTouringの荷物なら、十分積載可能。



105円でできてしまったリアシートベルト。

リアシートへの荷物固定に悩むライダー諸兄は、ぜひお試しあれ♪ 






海峡の冬

冬の海峡を渡る凛とした風…。

 k01

k02


めっちゃ寒いんだけど
でも、こういう場所が好きなんだよなぁ…。






livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 山の色が変わってきた♪ NC700Xツーリング
    • 線路のある風景 NC700X
    • 線路のある風景 NC700X
    • 線路のある風景 NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード