開通20週年を迎えた明石海峡大橋

明石海峡大橋が
この4月で開通20周年を迎えた。

もう、そんなになるんだぁ。










愛称「パールブリッジ」

全長が3,911m
2本の主塔間距離が1,991m
世界最長の吊り橋。

よくこんなでかいものを造ったなぁと
橋を見るたびに未だに感動してしまう。

1804oohashi20_a




20年前
この大橋が完成した時
橋の上を歩いて渡るイベントに参加したことがあった。

風がめちゃ強くて
そして意外とこの道路が上り坂だったのを覚えている。










あれから20年
淡路島、そして四国へのアクセスは本当に便利になった。

1804oohashi20_d



通行料も
開通時は2,800円だったけれど

それが、2,300円に値下げされ
今はETCを使えば900円に。
バイクなら750円。(ETCの割引適用)

かつては海峡フェリー。
盆や正月の混雑時には
6時間待ちなんてざらだったもんなぁ

気軽に海峡越えられるようになったのはうれしい。

1804oohashi20_i

















海峡大橋は
渡るだけじゃなくて
眺める楽しみもまた格別なものがある。




春霞の海峡。

1804oohashi20_b




初日の出。

1804oohashi20_c




異人館と大橋。

1804oohashi20_h



海峡越しに沈む夕日。

1804oohashi20_g




そして夜景。

1804oohashi20_e

1804oohashi20_f







20周年を記念して
海峡大橋の
記念特別ライトアップが始まっているらしい。

5月5日までの毎日と
10月末までの土日祝日。



.。゚+.(・∀・)゚+.゚ こりゃぜったいに撮りに行かなきゃ~♪







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
この橋へツーリングにやってくる
他府県ナンバーのバイクもいっぱい見かけますね。



Cubでふらっと花見散歩

あちらこちらで満開の桜。

Cubで
近場の桜めぐりを楽しんでみた。







1804sakuracub_a

小さなバイクなら
気軽にいろんな道に入り込んでいくことができる。






こんなところにも
桜の木があったんだぁ… なんて発見もあったり。

1804sakuracub_d

1804sakuracub_g

1804sakuracub_b












しげしげと
桜の花なんて見ることなかったけれど

MACROレンズで撮ってみると
ほぉ…なんて
今さらのようにその可憐さに感動したりして(笑)

1804sakuracub_e

1804sakuracub_f







菜の花と桜のコラボ。

1804sakuracub_c


黄色が加わると
一気に春が加速しはじめたぞ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚









帰路の途中
桜の花びらが散り積もった道を見つけ…。

1804sakuracub_h

桜の季節って短いよなぁ。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
でも、
短い花だからこそ
桜の花って愛されるのかもしれませんね。





京都桜紀行(後編) 東寺の夜桜と醍醐寺の桜

京都の桜を愛でる旅。

後半は、
東寺の夜桜と桜の大本命醍醐寺。







東寺のライトアップ

東寺といえば
この不二桜が有名。

1803kyoto_b1


高さ13m、枝張りは10mという大木。
樹齢は120年と聞いてビックリ。

東北で生まれたこの樹。
その後三重に移植され
最後はこの地にたどり着いたという。





東寺のもう一つの見どころは
この五重塔。

1803kyoto_b2

ライトアップされ
池に浮かび上がるその姿はまさに絶景。







ここに来て、
絶対に撮りたかったのが
不二桜と五重塔がコラボした一枚。

1803kyoto_b3

ん~っっ、これこれ♪

これ撮るために
夜道歩いて
行列並んで…やってきたのだ。(笑)








ところで
ライトアップされた夜桜って
とてもきれいなんだけど…

どこか妖艶な雰囲気を感じてしまうのはなぜだろう。

1803kyoto_b4

1803kyoto_b5

1803kyoto_b6

ちょっとゾクッとする
危険な?美しさがあるような気がしてならない。

1803kyoto_b7















京都の桜といえば、この醍醐寺

1803kyoto_b8

慶長3年
天下を取った秀吉が
その晩年にこの醍醐寺で盛大な花見会を開催する。

諸大名から女中まで
1300人を召し従えた秀吉一世一代の催しだったといわれている。


境内を歩くと
なるほどなぁ…さすが秀吉
と、思わせる豪華な桜があちらこちらに。

きっと贅の限りを尽くした宴だったんだろうなぁ。

1803kyoto_b9

1803kyoto_b10

1803kyoto_b12

この醍醐寺の五重塔もやはり美しい。

1803kyoto_b13

1803kyoto_b14

1803kyoto_b15

この地に
あの秀吉が立ち
同じ桜を眺めていたんだなって思うと
なんかとってもふしぎな気分…。

1803kyoto_b16














京都の「春」は
有名な寺院や神社ばかりで花開くのではなく
何気ない街角でも
ふと、目を奪われる「それ」…がある。


1803kyoto_b17

1803kyoto_b18


京都っていう町の奥深さ
訪れるたびにひしひしと感じ入ってしまう。

次は
新緑の京都…かな。.。゚+.(・∀・)゚+.゚




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
次はいつ行こうか…京都
なぁんて、帰ったとたん考えてみたり。(笑)





京都桜紀行(前編)京都御苑~平安神宮

2台のPENTAXを携えて
桜が満開を迎えた京都を訪ねてみた。







京都御苑

1803kyoto_a1

御所の桜は見ごたえがあると聞いていたけれど
ほんと…すごいっっ。




一番見応えがあったのは
近衛邸跡の糸桜と呼ばれる大きな大きな枝垂れの桜。

1803kyoto_a2

1803kyoto_a2b

こんな見事なしだれ桜…
目にしたのは初めてかも。
ほんと冗談抜きで、ため息が出るくらいの美しい桜。





色とりどりの桜が
所狭しと咲き競い合う御所の庭園。

1803kyoto_a3

1803kyoto_a8

1803kyoto_a4

1803kyoto_a5

1803kyoto_a6

どれもこれも
迫力のある枝垂れ桜ばかり。

1803kyoto_a9

京都御苑の桜の一般公開は無料。

苑内では
散歩がてら桜を楽しむ人たちもいっぱい、

地元の人たちにとっても
ここは憩いの場所になってるんだなぁ。




もちろん宴会みたいな
馬鹿げた騒ぎはここではNG。

だれもが静かに
そして心ゆくまで桜を楽しむことができる…そんな場所。









平安神宮

1803kyoto_a10

1803kyoto_a11
ここも
京都の春を楽しむには欠かせない場所。


神苑に足を踏み入れてみると
ここでも見事なしだれ桜が出迎えてくれた。

1803kyoto_a12

1803kyoto_a15

1803kyoto_a13

1803kyoto_a14


この神苑の桜は
種類が多いことでも有名。

紅の枝垂れ桜のほかにも
ソメイヨシノやヒガンサクラ、八重桜等々 
その種類は20種類をこえるという。





池の畔にも見事な枝垂れ桜。

1803kyoto_a16b

1803kyoto_a16

1803kyoto_a17





次から次へと目に飛び込んでくる
素晴らしい桜の数々。

ひたすらシャッターを押し続けていたら
なんとこの日の撮影枚数は800枚。

下手な鉄砲もなんとやら…(笑)







二日かけて
京都の桜を巡る撮影旅行。

後半は
東寺の夜桜と醍醐寺へ。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
やっぱりいいですね。京都の春♪






どこで落としたんだろぉぉ 700Xのバーエンド…(泣)

伊勢ツーリングから帰着して
ガレージに700Xを入れようとして…気がついた。

Σヾ( ̄0 ̄;ノ 
えっっっ? ない????




1804bend_a

右のグリップの先にあるはずの
バーエンドがない? 

なんで?なんで?







左ハンドルには
ちゃんとついてるバーエンド。

1804bend_b


あちこち探してみたけど見当たらない。

どうやら
ツーリングの道中で落としてしまったみたい。

でも…
一体どこで落としてしまったんだろ Σ(=゚ω゚=;)

落としたことにも気が付かないなんて…










しかたなく… 
AmazonでPOSHのバーエンドをポチリ。


ノーマルを注文しようかと思ったけど
ちょっと気分変えてみるのもいいかなって。



1804bend_c

HONDA車用M6ソリッドバーエンド
色はマットブラック。






ノーマルと比べてみると…

1804bend_d

かなり大きさがちがう。


1804bend_e

太さもひと回りちがう。


重量をはかってみると…
 ・ノーマルバーエンド:200g 
 ・POSH製バーエンド:50g



とりあえず取り付けをしてみる。

1804bend_f

1804bend_g

みた目はなかなかいい感じ。







ただ
重さが変わったことで
ハンドルの感覚がちがってくるかもしれない。

一度
長い距離走って
確かめてみなきゃいけないかな。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
でも
バーエンド落としたことに全く気づかずに
走り続けてたなんて…これもまた変な話






プロフィール

Shin

アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    • 丹後ちりめん街道を往く@NC700X
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード