盛り上がってきたぁ♪250アドベンチャーツアラー

今…
250クラスが、すごく熱いなぁ。



Ninjaに端を発し
CBR、R25、GSX…。

メーカーが気合入れたマシンが続々と。





そしてここに来て
250クラスのうねりはアドベンチャースポーツの分野にも♪












4月にKawasakiから登場したVERSYS-X 250。

vel001


そして
先日デビューしたSUZUKIの V‐Strom 250.


vst001




フルパニア装備したこのマシンに
キャンプ道具一式積み込んで
大自然の中で休日を過ごす…。

そんなイメージなんだろなぁ。

vst002







250クラスに
こういう分野のバイクが登場してくるのは面白いなぁと思う。

250のバイクの
新しい楽しみ方の提案かもしれない。






でも…
VERSYS-X や V‐Strom 250の仕様を見ていてちょっと気になることが…

それは…

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・



車両重量。


V‐Strom(ブイストローム)250 188kg
VERSYS-X 250 175kg ツアラーは 183kg


重いっっっっ!?
重いぞ…これって Σヾ( ̄0 ̄;ノ


250クラスで200kg近い重量。
これってどぉなんだろ?







250のよさって
軽快、コンパクト、気軽さ…

大排気量車にないそれが250の魅力だと思う。




いろんな荷物積み込んだら
200kg超える車重
それを250ccの排気量で…

ちょっと想像しただけで
わぉ…かなりしんどそぉって感じ。特に高速道路…。




250を決して否定するわけじゃないけれど
もしアドベンチャーとかいうカテゴリがあるとするなら
それは、250で無理しなくても
ある程度排気量のあるバイクたちにまかせてもいいのでは?

なんてことを思ってしまう。








HONDAのCRF ラリー。

crf001

このバイクの重量は155kg。






同じ250アドベンチャーを謳うならば

HONDAのこの割り切り方が
もしかしたら…正解なのかもしれない。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
長距離走行(特に高速)はやっぱり排気量がほしいかなぁ なんて思います。





700X タイヤ&ブレーキパッド交換

今日は
WINGSHOPエースにて
700Xのタイヤ交換。


tire_c001


なぜかフロントが先にイッテしまう700X。

前回もそうだけど
今度もやはりフロントが先にツルツルに…。








でも
前回交換から2万km超。
けっこうライフは長かったかな?




タイヤは、ずっとブリジストンのBT-023。

6月の値上がりを前に
ちゃんとストックしていただいたエースさんには大感謝♪



tire_c002


さぁ
新しいおニュータイヤ。

Fブレーキのパッドも交換してもらったので
なんか走りの感覚が変わったぞぉ?(笑)



まずは
タイヤとパッドのならし。

どこ走ってこようかな~






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
タイヤ変わっただけで
なんか走りがぐんと変わったような… ^^





日本一低い分水嶺 氷上水分れ公園へ NC700X

分水嶺と聞くと
高い山の上をイメージしてしまう。




でも
兵庫氷上にあるこの分水嶺は
その標高わずか95m。

日本一低い分水嶺と言われている。

こんな平野部に位置する分水嶺は
全国的にも珍しいらしい。









ここが…分水嶺。

1707miwakare_a

1707miwakare_b

ここから
北へ由良川が流れ日本海へ
南は加古川が瀬戸内海へ。

水たちの遠い遠い旅が始まる起点。














公園へのアクセス路。
こんな気持のいい小川沿いの道が続く。

1707miwakare_g









水分れ公園。

水の公園の名の通り
園内に流れる豊かな水。

1707miwakare_c

1707miwakare_d

1707miwakare_e




とっても涼しい光景。

流れる水を眺めているだけで
何故か暑さを忘れてしまうから不思議。


1707miwakare_f


帰路は
加古川沿いに…


水の流れを追いながら
瀬戸内海を目指そうかな。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
あれ?これが分水嶺?っていう感じ…です(笑)




















京都の銘酒「幾松」

京都松井酒造のお酒「幾松」


ikumatsu001


このお酒。
京都木屋町にある
料亭「幾松」でしか味わうことができないお酒。

ネットでも入手困難。
料亭「幾松」で販売されるのみだとか。







ラベルには
あの桂小五郎(木戸孝允)の写真。

ikumatsu002



幾松とは
幕末期を生きた京都芸奴の名。



当時
幕府に追われる身となった桂小五郎を匿い
命がけでその身を守り抜いたといわれる女性。

動乱の時代を必死生き抜いた二人は
明治維新を迎え、晴れて入籍する。

ikumatsu_x



明治維新の立役者を、影で支え続けた幾松って
いったいどんな女性だったんだろう。








幕末のロマンスに
思いを馳せながら…


ikumatsu003


シシャモを肴に、ぐいっと一杯。.。゚+.(・∀・)゚+.゚



超辛口の
なかなかイケる美味いお酒なり♪








にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
歴史が動くその裏には必ず女性の影があり…かな?




2017 上半期バイク旅まとめ

気がつけば
もう今年2017年が半分終わってしまった。


ということで…?
今年上半期のバイク旅まとめ。



■1月

加西 五百羅漢へ。
ペンタk-3Ⅱを携えて。

17mem_a






■2月

播磨平野ため池めぐり。

17mem_b


野鳥撮影を楽しんでみる。

17mem_w






■3月

伊丹空港 千里川堤防。

着陸するために
降下してくる飛行機の真下で…パシャリパシャリ。


17mem_c




ナナガンこと 大阪第7岸壁へ。

17mem_d

次は夜に来てみたいな。









■4月

桜めぐり。

17mem_e





竹田城 城下町にて

17mem_h

天空の城で人気のあの竹田城。

でも
その城下には
こんな静かな風情のある門前町があることはあまり知られていなし。




■5月

但熊へ。
卵かけご飯ツーリング。

17mem_f




■6月

敦賀半島へ。

17mem_g

17mem_y




今年1月から
今日までの総走行距離は…2,900km


例年に比べるとちょっと少なめかな



この夏は
もっともっと走り回らなきゃ♪ 




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
この夏の遠乗りは…どこ行こうかなぁ ^^









livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • 夏の終わりの海へ
    • 夏の終わりの海へ
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    • 真夏のダム巡り(2) 青野ダムへ NC700X
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード