「燃費NO.1を目指す」

新型バイクの開発に当たって
HONDAの技術陣が掲げた目標のひとつがこれ。

新型バイクとは
もちろん…NC700Xのこと。



それもデータ上だけの燃費向上ではなく

ライダーが実際に給油して
「え?減ってるガソリンはこれだけ?」と驚くような…

そんな徹底した燃費性能を目指したという。
※環境ドキュメンタリー HONDA FACE episode02 より
              



世に登場してきたNC700Xは
まさにその狙い通り、驚くべき燃費のいいバイク。




np13a


四輪の省エネ技術に学び、
そのモデルとして
あのフィットの1300ccエンジンが取り上げられたという。



フィットのエンジンの半分…
なんていう言い方をするのは簡単だけど

でも、それを二輪用に開発しなおし
実際のエンジンとして完成させていく道のりは
並大抵のことではなかったと思う。


HONDAの技術力って本当にすごいと思う。




np13c



車の世界では
すっかり定着しているエコカーの発想。

どうしてバイクの世界には
それがなかったんだろう…。(とくに大排気量車)





もしかしたら
これからバイクの世界にも
こういうエコの発想が徐々に広がって

またちがった味わいのバイクが
どんどん登場してくるかも知れないな。

それってけっこう楽しみかも?