津和野で出会えた味二品を紹介。




一品目は、石見地方(島根西部)の郷土料理 うずめ飯

uzume01

一見、ふつうの茶漬け?っぽいイメージ…。



でも、
茶碗の底には
鶏肉、ニンジン、シイタケ、蒲鉾、豆腐、青菜、海苔 …等々
様々な具材が隠されている。

uzume02


これ、その昔…
お偉方に対して質素な食事を装うために
工夫された庶民の料理だったとか。


お椀を混ぜ混ぜすると
いろんな具材と出汁とが混じり合い
なかなか魅力的な味に…♪







駅前からすぐの和風喫茶 能濃(のの)

uzume04

落ち着いたなごみのあるお店。




uzume03













二品目は、津和野名物?焼きアイス

殿町通りにある土産物店 沙羅の木にて食すことができる。

yi001

冷たいアイスなのに焼くとはいかに???

これ、実は
パンにアイスクリームをはさんだスイーツ。

でも、その外側のパン生地は
しっかりと焼き込まれている。

だから、外生地は熱くて、中のクリームはメチャ冷たいという
ちょっと異次元感覚の食べ物。

でも…美味いっっっ!

yi003

店先には長蛇の列。
でも、30分粘ってゲットしてみた。





yi002


アイスもなかなか美味だけど
外側のパン生地が、これまたいい味。

お店特製のパン生地だとか。

1つ300円也。



 

----------------------------------------------------------------
能濃
http://www.tsuwano.ne.jp/kanko/modules/gmap/index.php?lid=138&cid=10

沙羅の木
http://www.saranoki.co.jp/index.html