旅バイクとしての700Xの魅力

今日はその2

tb002
 

 

カタログ上の表記から…

最高出力 50PS/6250rpm
最大トルク 6.2kgf・m/4750rpm

数値を見るだけなら、なんとまぁ非力な…
それも6000回転しか回らない?

1407im02



でもバイクって
カタログ上の数値だけでは
その乗り味はわからない。

それは700Xが教えてくれたこと。






2000回転

これが、二つ目の700Xのキーワード。


そう…2000回転で十分。


ふつうに走る一般道。
2000回転で速度計は、60km/h前後。


回転を上げずに走るって
これ…すごく楽チン。


1407im01


とくにツーリングで長い距離を走るとき

低回転で、十分走れる…
というこの出力特性は、
跨がるライダーにとって、かなりの疲労軽減になる。


確かに回して走る高出力エンジンも楽しい。
エキサイティングな走りを求めたいなら
こんな700Xで走っていては何の楽しみもない。



でも
ツーリングバイクとして
この700Xに跨がるぼくらにとっては、それはちがう。



旅を楽しむのに高回転はいらない。
回さなくても
低速から盛り上がるトルクで
しっかり走ってくれるエンジンがうれしい。



高速巡航も、3000回転で100km/h (メーター読み)

リッターバイクのような瞬発力はないけれど
そこから回せば
追い越し車線であたふたしてしまうこともない。





昨夏、仙台から神戸まで 900km弱。
これを、一日で一気に走り切ってしまった700X。

楽ちんなポジションに加えて
低回転での高速巡航ができるエンジン。

1407im03


カタログ上の数値には
表すことができない700Xの隠れた実力が

そこにはたしかに…あると思う。