網代港にて

岸壁につながれたイカ釣り漁船のそばに
700Xを停めてみた。




1607ik_001
 
1607ik_002


漁がおこなわれるのは夜。

この大きな集魚灯に灯りをともし
集まってきたイカたちを疑似餌で釣り上げる。


シンプルだけど
スピードが要求される漁だと聞いた。






1607ik_002


日本海で漁をおこなっているこの集魚灯の明かりは
なんと、宇宙からでも確認できるらしい。

ひとつの球の明るさは3,000ワット。
小型のイカ釣船でも
この集魚灯を20から30個、つり下げているとのkと。


すごいよなぁ
家のコンセントにつないがら
1個集魚灯をつけただけで、ブレーカーがパンクしそう…。





1607ik_003

 
まるで簾のように
綺麗に並べて天日干しされたイカ。


山陰海岸ならではの風景。