高原に登ってくると
風ががらりと変わったのがわかる。 



1608hrzn001

1608hrzn002

やっぱり下界とちがう…
このすがすがしい風の感覚は高原ならでは…。





1608hrzn003

蒜山の妖怪スイトンにも挨拶を(笑)

これ…
トーテムポールと勘違いする人が多いんだけれど
スイトンという蒜山に住む伝説上の妖怪。


ちょっと面白そうな顔をした妖怪だけど
人の心を読み、
悪い心の持ち主には恐ろしい危害を加えるんだとか。

おぉ~ 恐ろしや Σ( ̄ロ ̄|||)






で、
蒜山に来たら
腹ごしらえはやっぱりこれ… 蒜山やきそば

1608hrzn004

1608hrzn005


味噌ベースの濃厚なタレに蒜山産のキャベツ。
そして、豚ではなく鶏肉。

この香ばしい匂いが何とも食欲をそそるのだ。













お腹をしっかりと満たして
次に向かったのは…


塩釜の冷泉


1608hrzn009

1608hrzn006

1608hrzn007


日本の名水百選にも選ばれた
蒜山高原の湧き水。




湧出量は毎秒300リットルというから
これ、なかなかの量。


1608hrzn008

1608hrzn010

 
手をつけてみたら
その冷たさにびっくり。

一口飲んでみたけれど… なかなか美味いっっ♪

この湧き水は
そのままこの近隣600世帯へ
上水道として利用されているらしい。

こんな美味しい水
毎日飲めるなんて…ちょっとうらやましいなぁ













焼きそば、名水…と、たどってくれば
最後はここ。


ブルーベリー農園

1608hrzn011




蒜山から大山にかけて
この辺り一帯にはブルーベリーを栽培している農園が多い。


そのひとつを訪ねてみる。









ふたパック購入したら
「まぁ、寄っていきなさい」と… 農園のおじさん。


「どれでもつまんで食べていいから」 …だって .。゚+.(・∀・)゚+.゚ 



1608hrzn012

1608hrzn014

1608hrzn015


ブルーベリーって
その樹ごとに味はまったく違うらしい。

めちゃ酸っぱいのもあれば
わぁと驚くほどの甘い実のなる樹も…。


「いろんな実をパックにしておいたから、まぁ楽しんで下さいな」

ジャムにするつもりで購入したけれど
これ…生でパクパク食べれてしまう。


ん…
家に帰るまでになくなってしまうかもっっ