愛媛 砥部焼の里を訪ねる。

1610tb001
 
1610tb003

1610tb004


少し厚みのある白磁器。
白地に藍色の図案や文字が描かれる。

飾り気はないシンプルな焼き物だけど
丈夫で使い勝手がいいことで知られている。

 
香川あたりでは
讃岐うどんの器に
この砥部焼を使う店も多いらしい。


 
1610tb013





訪ねた窯元は
砥部町でも一番大きいと言われている梅山窯。


1610tb009







多種多様な砥部焼作品の販売コーナーの他
工房の見学もできる。


1610tb002

1610tb006

1610tb007

脇目もふらず
もくもくと作業に没頭するその雰囲気…。

そばで見ているだけでも
ぴりぴりとした緊張感が伝わってくる。





かつて使用されていた登り窯。

1610tb010

今は、ガス釜に変わっている。

1610tb008

 












平皿と箸置きを購入。

1610tb012

1610tb011



これまで我が家で愛用してた
備前焼や丹波焼きとはまたちがう暖かみのある色合い。

なかなかいい感じ…かな .。゚+.(・∀・)゚+.゚