ツーリングに出ると
よく立ち寄るのが道の駅。


トイレ休憩はもちろん
食事したり、
バイク仲間とちょっとした雑談楽しんだり…


1980年代の後半から
全国各地に次々と登場したこの道の駅。

今ではその数1,117駅になるそうだ。(2017年4月末現在)











神戸の北にも
この春、新しくオープンした道の駅がある。

フルーツフラワーパークに併設する道の駅「大沢」。



1705michieki_ohsawa001

オープンして
2ヶ月がたつというのに… ものすごい混雑。

1705michieki_ohsawa007

満杯の駐車場。
四輪は、第2、第3駐車場へと案内されていた。








ここが
神戸フルーツフラワーパーク。

1705michieki_ohsawa002


そして、遊園地があって…

1705michieki_ohsawa009




そのエリア内に新しくオープンした道の駅。

1705michieki_ohsawa003

1705michieki_ohsawa004


地産地消を目指す「FARM CIRCUS」。
なかなか洒落たネーミングの道の駅。






でも、その中身は…というと

イートインコーナーとレストラン
そしてショッピングコーナー。

1705michieki_ohsawa005

1705michieki_ohsawa006

1705michieki_ohsawa010

1705michieki_ohsawa011


気軽にちょこっとつまんで
ベンチに腰掛けてくつろぎながら…

なんていう雰囲気は全然なしっっっ。


何か買わなきゃ座れませんって感じ?







おしゃれになって
若者ウケする店構えもいいけど
なんかこれまでの道の駅のイメージとは大きな違いを感じてしまった。


道の駅って
食べたり、飲んだり
土産物買ったり…

それももちろんだけど
誰もが気軽に旅の疲れを癒すことができる…
そんなスペースであってほしいと思う。








例えば、道の駅「針テラス」

michieki005


バイク乗りが集う関西の名所として知られているけど

気軽にバイクを停められて
くつろげる室内スペースでは道路情報もチェックできる。
屋台での買い食い楽しみながら
ツーリング仲間とバイク談義に花咲かせるエリアもあり…。



やっぱり
バイク乗りが集まるにはそれなりの理由があると思う。











播磨シーサイドラインの入り口にある道の駅「みつ」。
ここもまた、
バイク乗りに人気のスポット。

気軽に立ち寄れて、ゆったり過ごせる場所という共通点がある。


michieki002

michieki001



新しい道の駅

この先、どんどんできていくんだろうけど

ドライバーやライダーが
気軽に立ち寄れて、
まったりと疲れを癒やすことができる「休憩施設」。

そんな道の駅の基本は
これからも大切にしてほしいなぁと切に願うのだった。



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
そういえば…道の駅メンバーズカード持ってたなぁ ^^;;