ベルピール自然公園で
絶景をたっぷり楽しんだあとは
志引峠を岡山方面へ下る。





373号と合流するそこにあるのが大原宿

1806oohara_a

因幡街道の宿場町のひとつ。

山陰地方の藩主が
参勤交代で江戸をめざす道中にここに宿を取ったという。


本陣跡や脇本陣の遺構が遺されていて
数百mほどの街道沿いには
町屋づくりの家々が軒を連ねている。


1806oohara_b

1806oohara_c

1806oohara_d

1806oohara_j



重厚な趣の町屋造り。

白いナマコ壁に明かり取りの窓。
そして、
火事の延焼を防ぐための袖壁など

当時の特徴的な建築様式を随所に見ることができる。

1806oohara_e

1806oohara_f



古い町並みには
なぜか水路が流れているところが多い。

この大原宿にも
水量豊かな水路が街道沿いを流れている。

1806oohara_g

1806oohara_h

手をつければ
あっと思うほどの冷たい水。

そして、とてもきれいな水なのだ。


この町でも
やっぱり昔から
水は本当に大切にされてきたんだな。





大原宿のそばを流れる吉野川。
この川もまた美しい。

1806oohara_i









この大原宿。
実は
ぜんぜん観光地っぽい雰囲気がない。


観光案内所も1軒だけ。
それもひっそりとあるだけ。

町中歩いても
観光客が喜びそうな店なんて一軒もない。





でも、
それが逆にこの大原宿のいいところなのかも知れない。

観光ブームに乗っかった
賑やかすぎる古い町並みが
ほんと…多くなったもんなぁ。






町中にひとつだけある無料の休憩所。

1806oohara_n

東屋に腰掛け
小さな日本庭園風の庭をぼ~っとながめて時間を過ごす。

1806oohara_o



何にもない。
でも、ただ静かに歴史を伝える町並み。

そういう観光地があってもいいなと思う。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
でも、高原降りてくると大原宿はちゃめちゃ暑かったです。^^;;;