海が見える駅。

有名なのが
JR四国予讃線、愛媛県にある下灘駅


1807yoroi_a


1807yoroi_b

最近はかなりメジャーになって
全国各地からやってくる人も。



でも、
行ったことがある人なら知ってると思うけど
このホームの向こう側には
実は、国道378号が走っていて、かなりの車が行き来する。

写真だけ見ると
海の見える静かな田舎の駅舎っていうイメージなんだけど
現実はちょっとちがったかな。



















兵庫県の山陰本線にも、海の見える駅舎がある。

1807yoroi_c

1807yoroi_d

美方郡香住町にある(よろい)

1807yoroi_f

1807yoroi_g

こちらは
本当に静かな、そして長閑な漁村にある小さな駅舎。








ホームから見える海の景色も、まさにこれ絶景。

1807yoroi_e






この駅に止まる列車の本数は
上り下りとも、一日わずか9本。

1807yoroi_l

1日の乗車客数は、8人(2016年)









待合室で見つけたノート。

1807yoroi_i

4冊ものノート。
どのページにもびっしりと綴られたメッセージ。


中には、高知から訪ねてきた人も。

1807yoroi_j



そして
こんな見事な絵を見てびっくり!

1807yoroi_k







ここだけ
時がゆっくり流れていくような不思議な空間。

1807yoroi_m



小さな小さな駅舎なんだけど
やっぱりこの駅も
いろんな人たちから愛されてるんだな。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
待合室もトイレもほんとにきれいな駅でした。
地元の方々が、毎日手入れされてるそうです。