CB1000SuperFour

それでもBig1に…乗りたかった

--------------------
前話より 続き
-------------------- 


足も届かない。
取り回しもおぼつかない。
さらに、サイドスタンドはらえば、ふらつき始める…。


やっと手にした憧れのCBは、
ボクにとってあまりに手強い相手だった。


それでもやっぱり…こいつに乗りたいっっっ
どうしても…走らせたいっっっ





納車直後の立ちゴケショック…
そこからやっと立ち直ったボクが始めたのは…

あまり大きな声では言えないけれど…

  腕立て伏せ、
  腹筋、
  そしてランニング…   筋トレだった。

Big1を取り回すための体力がまず…ボクには必要だった。










そして、Big1を駆る日がやってくる…。

足の長さだけは、どうにもならなかったけど(泣)





なんとかBig1に跨がり
必死で車体を起こし、おそるおそるクラッチをつなぐ…


まずは、走り出したCB…。

しかし、ボクはまたここで
大きく凹んでしまう事実に直面するのだった…。






今まで乗っていたイチサンとこのBig1…
同じリッターCBとは思えない… 走りが全然違うじゃんっっっ


sc3040

乗り味が、全く違う。








イチサンに乗っていた4年間…
ボクは、腕が上がったなぁと自分なりにほくそ笑んでいた。

  がんがん走れる。
  ぐいぐい曲がれる。

  どんなもんだ♪
  1300のバイクを自在に操れるぜ!

そんな自分に酔っていた。


13a





でも、それは実は大きな間違いだったことを
Big1…1000SFは教えてくれた。




Big1は、ぜんぜん思い通りに走ってくれない。
なんで? 同じリッターCBなのになぜ???






実はイチサンは…
へたくそな乗り手でも
その腕をしっかりとカバーしてくれるバイクだった。

ライダーに優しい、とてもよくできたバイク。

  そう、ボクは走りの腕が上がったのではなく
  イチサンに助けてもらいながら走っていたのだ。







でも、Big1…1000SFは、それが通用しなかった。

きちんと基本に忠実に
乗り手がしっかりと意志を持って操らなければ走ってくれない。

90年代の古いリッターバイクは
そこまでライダーに優しくはなかったのだ…。






1000SFに乗り換えて
自分は実は…めちゃへたくそじゃないか。
基本が何にもわかってなかったんだ…

いやというほど、それを思い知らされた…。


1000a




Big1との付き合いは6年目になる…。
未だにこのバイクを乗りこなせているという自信は、ボクにはない。



でも、何年かかっても
いつか、こいつを乗りこなせるようになりたいと思う。




歳とって、自分がくたばるのが先か
工業製品としての限界がきて、Big1が壊れるのが先か…



ボクは今日も
コイツと戦いながら走り続けている。












空に色が…確かに変わり始めてる

青空が嬉しい。

気温も高く、もう春?と思わせるような穏やかな陽気。



cb0203


空の色もだんだん明るくなってきたような気がする。

こんな日は
田舎道を延々と走り続けてみたくなる。

cb0203b


季節は確かに…動き始めてるんだ。







おぞましき…Big1立ちゴケ哀話

--------------------
前話より 続き
--------------------



初めて跨がる憧れのバイク…





やっと手にしたBig1
店頭で跨がろうとしたその瞬間…

ボクの顔から笑みが消える…。

cb_n01








あ、あ、足が… つ、つかないっっ (◎o◎;;
まぢかぁ、うそだろ?

だめ…だめだ
何度跨がり直しても、
つま先がつくかつかないかのバレリーナ状態。


それだけじゃない。

めちゃ重い。
いや…くそ重いという表現がぴったりだ。

サイドスタンドを起こすどころか
ハンドルさえも切り返せない…。


全身から血の気が引いていく…。










リッターバイクに乗るのは初めてじゃない。
実は、CB1300SF(SC40)に4年…乗っていた。

そう、イチサンからの乗り換えなのだ。
カタログ数値をみても、イチサンとさほど変わらない。

data001

だから軽く考えていた。
1300が乗れてたんだからBig1もまぁ同じ調子で…


甘かった…






バイクはカタログ数値だけで判断できる乗り物ではない…
そのことに、
あらためて気づかされたボクだった。








必死になって
Big1のサイドスタンドを払い
車体を立てようとした次の瞬間…





ボクの視界の中で
ゆっくりと傾いていくBig1の姿があった…

cb_n02





思い出すのもおぞましい…
納車当日の、いや納車直後の立ちゴケ。



幸いにもBig1の傷は
グリップエンドとミラーがちょっと傷ついた程度。

ボクの足が、その巨体の下敷きとなっていたから…(泣)






半月以上、痛みが続いた左足と腰。
いやそれ以上に
心の凹みようの方が、ずっとずっと痛かった。


Big1にはもちろん乗れない。
というより、触る気もしない…。






買うんじゃなかった… こんなバイク

心の中で、
ぼそっとつぶやくもうひとりの自分がいた…。

 


<続く>


ボクが恋した3台のCB【その3】

ボクのCBへの恋は
3台目にして、やっと実ることになる。

1991年のモーターショー以来
ずっとずっと憧れていたバイク。

CB1000 SuperFour。






当時はこの広告に…してやられた。

big1_c

暗い背景。
CBの一部分しか写っていない画像。
そして「Big1であること」というキャッチコピー。

他のバイク広告と比べて何か違う。

今までのHONDAにない
気迫?のようなものさえ感じるカタログだった。

こんな広告、見せつけられると
ますます乗りたい気持ちはもう押さえつけられないほどに…

だけど、いくらバブルの時代でも
高価なリッターバイクなんて
安月給の社会人に、そう簡単に手が届く買い物ではなかった。





それだけに
中古ではあったけれど
やっと手に入れたCB1000SF…。

ボクはもう夢心地だった。

憧れのBig1が、我が家にやってくる。

よし!まずメットを新調しなくちゃ
それに…ウェアも
いやいやガレージ片付けて
Big1専用スペースを確保して… 

なんてことをあれこれと




そしていよいよ手続きも終え
Big1を受け取りに行くボク…

ドキドキ、わくわく

さぁ今!
ここに、目の前に…憧れのCBがある…





しかし、
そんなボクのウキウキ気分は
CBに跨がった瞬間…
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


泡のごとく…消え去っていった。


Big1との初めての出会いは

まさに悲劇の幕開けだった…




<続く> 






冷え込む夜だけど

きゅんと冷え込む寒い夜なのに

CBで走る帰路は
ついつい寄り道してしまう。


n001



もう、こんな時間…

家路を急ごう。 



おNewヘルメット♪ げっとぉ

ヘルメットを新調した。

YAMAHAの ZENITH YJ-5Ⅱ 

h001


これまでもずっと
ボクはジェット型のヘルメットを愛用してきた。

安全性を考えると、
フルフェイスの方がいいのはわかっているけれど

ジェットヘルの開放感&爽快感…
やっぱ、これが好きなんだな。


旅先で、
バイク停めてちょっと小休止するときや
地元の人に話しかけたりするとき…等々

ジェットならさっとシールド上げればOK。


 

実は、以前もこのYJ-5を使っていた。
今回は、2度目のYJ-5。

軽いし、自分の頭にはぴったり収まってくれるし
けっこうお気に入りだったりする。




ただ、先代のYJ-5と違うのは
あごヒモの止め方が
ワンタッチ型からDリングに変更されていること。

h002


やっぱり安全性を考えると
Dリングなのかなぁ。




今回は2りんかんでポイント使って
さらに、スモークシールドがサービス♪

なかなかお得なお買い物。

h003
 
さっそく被って… 鏡でパシャリ♪


おぉ いい感じ~         ぇ?気味悪いっすかぁ? σ(^▽^;)?



ボクが恋した3台のCB 【その2】

憧れのCB…
2台目は ナナハンエフだった。 



cb7750f_b


このバイクも、ほんとにかっこよかった。

直線を基調とした流れるようなライン。
ぐっと張り出したDOHCの4発空冷エンジン。

当時、
400ccまでのバイクにしか乗れなかった中免ライダーたちにとって
存在感あふれるこのナナハンは、まさに羨望の的。



限定解除にチャレンジしたきっかけは
ずばり、このCB750F…
コイツに乗りたかったから。


cb750f_a


でも、ボクがこのエフのオーナーになることはなかった。


いい車体に出会えなかったこと
当時、フトコロ事情がとても苦しい状況が続いたこと…等々

縁がなかったんだろうか…。






ナナハンなんてもう時代遅れ?

今なら大型免許とれば
やっぱりリッターバイク…選ぶよなぁ。

現実をみても
各メーカーのラインナップから
ナナハンが次々と姿を消していった。





だけど、僕らの世代の単車乗りにとって
この「ナナハン」という言葉には、今でも特別な響きが宿っている。

その「ナナハン」の代名詞でもあったこのCB750F。



リッターバイク全盛の今でも
やっぱり、このCB750F…

一つの時代を作った名車として、
輝きの褪せることのないバイクの一つ…だと思う。




ボクの本棚の片隅に
タミヤ製1/12のナナハンエフがひっそりと飾ってあるのは… ナイショです。><







ボクが恋した3台のCB 【その1】

ボクには
憧れのCBが3台…あった。

すごく乗りたくて…
いいなぁ、欲しいなぁ…と恋い焦がれたCB。



まず一台目

CB400Four


cb400f_a




このバイク、ホントにかっこよかった。
ソリッドカラーのロングタンク、サイドにリベット止めされたシート
そして流れるような4in1の集合管マフラー


その頃、町中走ってたRDやGTサンパチ
そんなバイクとは、一線を画す洗練されたデザイン。

ほんと、乗りたいっっっ!と、まぢで憧れた一台。




でも、当時貧乏学生の自分には
とうてい手が届かない価格。

バイトで多少稼げるようになった頃には生産中止。

やがて、
目を疑うようなプレミア価格がつき始め…
ヨンフォアはもう高嶺の花。


cb400f_c



去年夏、
旅先のサービスエリアで、偶然隣りに停まったこのヨンフォア。

わぁ♪ ヨンフォアだぁ!

Big1の隣りに停まると
あまりに小さい車体にちょっとびっくり。
250?いや125?なんて勘違いしそうなくらい…

でも、憧れのヨンフォアがすぐ隣りに。



よく手入れされたとてもきれいな車体だった。
オーナーは、ボクと同じくらいの世代の人だったかな。

「ヨンフォアですね。珍しいなぁ」
「いぇ、欲しくて欲しくて、つい最近手に入れたんですよ」

そこからしばしCB談義。
ヨンフォアの話になると、子どものように目がきらきらしてくる
そんなこのオーナー氏の無邪気な笑顔が今でも忘れられない。




昔好きだった彼女が
すてきな彼氏と出会って幸せに暮らしている…

なぁんて…
そんなたとえをしたらちょっと言い過ぎかな?(笑)



今でもやっぱり憧れのバイク。

どこかで見かけたら
必ず振り返ってしまうなぁ。








海峡の冬

冬の海峡を渡る凛とした風…。

 k01

k02


めっちゃ寒いんだけど
でも、こういう場所が好きなんだよなぁ…。






なかなか可愛い…

ランドセルのキーホルダーにかえてみた。

keyholder001

ん~
これだけのことで気分も変わりそう…

ゆっくり走らなきゃなぁ^^



68円でスロットルアシスト♪

スロットルアシストって
こんなパーツ。

001

グリップを握らなくても
手のひら添えるだけで、アクセス操作ができるパーツ。 

操作の安全面で、賛否両論あるけれど
高速道路などを延々と走り続けるときなんかはすごく楽チン。

手首にかかる負担がかなり軽減される。






僕も、歴代愛車にはずっとこれを装着してきた。

ただ、市販品は1000円前後とちょっと高めのお値段。



で、ホームセンターで見つけてきたのがこれ。

002

塩ビパイプのパーツコーナーにて 68円也。
見栄えは悪いけど、安さの魅力にはかなわない。


これがバイクのグリップ径ににぴったんこ♪




慣れてくれば、
何の違和感もなくグリップ操作ができてくる。

今や長距離Touringには
なくてはならないアイテムのひとつなり。^^






エアフィルター交換して、ちょっとひとっ走り

昨日は、エアフィルターの交換。

f01


CBのエアフィルターは
右のサイドカバーを開けて
ねじを3本外せば、簡単に交換できてしまう。

あまり頻繁に交換するパーツじゃないけど
こういう整備性のいいところはやっぱうれしい。

HONDA車のいいところかも。


f02

新旧フィルターを比べてみると…
おぉ…かなり黒ずんでたなぁ ^^;;


f03

交換無事終了。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

オイル交換も済ませたし、
ラジエターのクーラント液も補充♪

Big1の調子をみたくて…
午後からちょっと近場をひとっ走り。


加古川沿いの堤防の道を楽しんできた。

IMG_1734


ちょっと北風…冷たすぎたけど
でも、やっぱり愛車が快調だと嬉しいぞぉ。

寒さなんてどうでもよくなるから不思議(笑)



今日はもうちょっと…遠出してこようかな♪














CB入手顛末記 

さぁ Big1に乗るぞっっっ!

でも、
僕が欲しいBig1はなかなか手に入れることができなかった。




僕がこだわったのは、ノーマルのBig1。
そう、何も改造されていない「ど」ノーマルのBig1。




でも、ノーマルのCBなんて
いざ探してみると、なかなかお目にかかれない…。

そのほとんどが
マフラーを換えていたり、シートがアンコ抜きされてたり
はたまた、17インチ仕様だったり…


大阪や京都まで何度も足を運んで実車を見に行った。

しかし、これだ!っていう車体に出会えないまま
半年近くもCB探しの日々が続いた。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


そんなある日
いつもお世話になっているShopから
Big1のオーナーを紹介するよとのTel。


「ありがとうございますっっっ!」


紹介してもらったオーナー氏に
必死で頼み込んで譲って頂いたのが、現愛車のCB1000SF。

DSCN6799


94年式 走行17,000kmのCB1000SuperFour だった。







ついにこの手元にやってきた、憧れのBig1。

IMG_1532






以来、5年…
雨の日も風の日も、このCBを走らせてきた。


新規登録から19年目…。
走行距離も、
もうすぐ7万kmに達しようとしているけれど

まだまだ現役♪



最新のモデルにくらべると
重い、でかすぎる、走りも遅い、そして燃費も悪い… ^^;;

でもでもやっぱり手放せない…

ずっとこの先も乗り続けるんだろうなぁ
 





なんで今さら…Big1なの?

「え?なんで…Big1なの?」


Big1に乗り換えた当時
まわりのバイク仲間が口をそろえてこう言った。

乗り換える前の愛車はCB13000SF(SC40)。

kb2005fr_111


イチサン(SC40)からBig1(SC30)へ。

はっきり言って、旧型への乗り換え…
これって、進化に逆行してるじゃん?
自分でもそう思う。笑


何で? と聞かれても、
なんか、うまくは説明できない。


でかいCBに憧れて、
当時、手にしたイチサンは5万km走った。
1300のCBは、ホントに文句なし…乗りやすいバイクだった。

次のCBへ乗り換えを考えるなら
SC54…現行の1300SFを選ぶのが当然の流れなんだろなぁ。




でも、僕はSC30を選んだ…。

08


イチサンからCB1000SFへ…
これって実は、僕にとっては自然な流れ。

それは
僕の中にはずっと、
あの1991年の東京モーターショー以来
抱き続けた憧れがあったから。

03


イチサンで、
大排気量CBの楽しさ、おもしろさを存分に教えてもらった。

じゃ、その次は…
ずっと憧れていたあのCBに乗りたい。
あのCBを走らせてみたい。

それがBig1…SC30だった。






さぁ Big1を手に入れるぞぉ!
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

でも
僕の欲しいBig1は
なかなか手に入れることができなかった…。



次回 Big1入手顛末記へ続く。





おっ 来た来たぁぁ♪

自宅に帰ると
荷物が届いていた。

00a


ヤフオクでゲットしたCBのエアフィルター。


前回交換したのが、
平成10年の冬だったから、丸3年…。

かなり距離も走ったし、もう換え時だよなぁ


00b


よし、作業はこの週末♪

おNewのフィルターで
最近、がた落ちの燃費も改善できたらいいんだけどなぁ…




オイル交換

ちょっと時間ができたので…
CBのオイルを交換。

001

 
走行距離もしっかりチェック。

ん~
次回はいよいよ7万kmかぁ…

002




ミナトに来た

ミナトで過ごす時間が好きだったりする。

行くあてなく、走り出したときは
たいていここに来ていることが多い。


IMG_1654



port002

市街地を抜けて、ミナトに出る。
CBのサイドスタンドを立てて、エンジンを切った。

ヘルメットを脱いで
ミナトの空気を胸一杯吸い込んでみる。


port001



seaside001


休日の午後の時間がゆっくりと過ぎていく。

これって
バイク乗りにしかわからない…とっても贅沢なひととき。





バイクって気持ちいいでしょう?

「バイクって気持ちいいでしょう? いいストレス解消になるだろなぁ」

バイクに乗らない人からよく言われるひとこと。





そっかぁ、バイク=ストレス解消
そんな図式で、僕ら単車乗りのこと見る人もいるんだぁ…。


でも、それってちょっと違う気がする。
少なくとも僕は、
ストレス解消の手段としては、バイクを選ばない。

むしろストレス抱えてむしゃくしゃするときは
逆に、バイクには乗らないでおこうとも思う。


IMG_1418


せっかく出会えたこんなすばらしい乗り物。
ストレス抱えて走らせたって、何にも楽しくはない。


コイツに跨がるときは、
やっぱり最高の気分で、最高の時間を過ごしたい。

IMG_1632


バイクが好きなのはもちろん…

でも、それだけじゃなく
バイクに乗る自分自身のことを…
もっと好きになってみてもいいかも知れない。







ここから始まる

IMG_1662

2013年 初走り

神戸のミナトにて

ここから始まる 新たな一歩…。



livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • 久しぶりに50mm単焦点レンズを引っ張り出してきた
    • ツーリング帰着後の儀式
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード