Touring

北播磨桜めぐり NC700X

街中の桜は
もうほとんど散り、葉桜に…。


でも
北をめざせば
まだまだ満開の桜に出会えるかもしれない。








めざしたのは北播磨の山中。


川沿いに
北へかけ上がると、こんな土手道に。

1804kitaharima_a

ほろほらぁ
やっぱり間に合ったぞ、満開の桜たち。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

1804kitaharima_b

隠れスポットなんだろうか。

これだけ咲き誇っているのに
花見の人なんてほとんどいない。

まさに
独占状態?の桜道。

1804kitaharima_c

1804kitaharima_d



こんな東屋で一休みしながら
さらに北へ。

1804kitaharima_e

1804kitaharima_f


ダム湖へかけがる途中に
こんな広場を見っけ。


ここもやっぱり… 満開の桜っっ

1804kitaharima_h

1804kitaharima_i

1804kitaharima_j









山を下って帰路へ。


その途中でも
これだけの桜たちが見送ってくれた。

1804kitaharima_k

1804kitaharima_l


今年の春も
心ゆくまで桜…楽しめたかな。







次は
新緑の眩しい道…かな♪ (* ̄∇ ̄*)





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
やっぱり桜っていいですね。








Cubでふらっと花見散歩

あちらこちらで満開の桜。

Cubで
近場の桜めぐりを楽しんでみた。







1804sakuracub_a

小さなバイクなら
気軽にいろんな道に入り込んでいくことができる。






こんなところにも
桜の木があったんだぁ… なんて発見もあったり。

1804sakuracub_d

1804sakuracub_g

1804sakuracub_b












しげしげと
桜の花なんて見ることなかったけれど

MACROレンズで撮ってみると
ほぉ…なんて
今さらのようにその可憐さに感動したりして(笑)

1804sakuracub_e

1804sakuracub_f







菜の花と桜のコラボ。

1804sakuracub_c


黄色が加わると
一気に春が加速しはじめたぞ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚









帰路の途中
桜の花びらが散り積もった道を見つけ…。

1804sakuracub_h

桜の季節って短いよなぁ。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
でも、
短い花だからこそ
桜の花って愛されるのかもしれませんね。





春の伊勢ツーリング(3) 700Xで駆け抜けた旅の風景

春の伊勢路。
愛車700Xで駆け抜けてきた風景のあれこれ。





志摩地中海村

スペイン村は知ってたけれど
地中海村???… こんな観光施設が志摩にあったんだぁ♪

1803ise03_a

1803ise03_b

おぉ~と
思わず感嘆の声を挙げてしまうほど
異国情緒があふれる町並み。

青い空と白い壁の建物、
煉瓦を敷き詰めた石畳の道。
そして、洒落た花が飾られた窓。

気分はこれ、
本当に地中海リゾート♪
地中海なんて行ったことないけど…(笑)


1803ise03_d

1803ise03_c

ただ、ここ…
観光客はカップルだらけ ノ( ̄0 ̄;)








大王埼灯台

1803ise03_e


これ…近寄って見上げるとかなりの迫力。

熊野灘は
かつては難所として船乗りたちから恐れられていた場所らしい。

リアス式海岸が続く断崖絶鬼の上に
凛とそそり立つこの白い灯台。
荒海を見下ろしながら
荒海をゆきかう船を今も見守っている。

1803ise03_f







登茂山展望台
1803ise03_g

英虞湾が一望できる展望公園。
夕景が美しいんだろうなぁ。






パールロード

志摩半島を南北に駆け抜ける
全線2車線の快走路。

1803ise03_h

1803ise03_i

全線を走り抜けたかったのに
この日は、
的矢湾大橋を渡りきったところで通行止め…


土砂崩れの復旧作業が行われているとのこと。
あぁ無念っっ…(泣)






鳥羽湾夕景

1803ise03_j

1803ise03_k

ゆっくりと出港していく伊勢湾フェリー。
あれに乗れば
1時間で伊良湖岬へ。






伊勢志摩スカイライン

1803ise03_l

1803ise03_m

鳥羽と伊勢を結ぶ
全長16kmの有料道路。

朝一番に駆け上がったので
スカイラインは独占状態(笑)

1803ise03_n

コーナーをクリアするたびに
どんどん高度を上げていくこのスカイライン。

あっという間に
こんな景色を望める場所にまで登りつめてしまった。

1803ise03_o



朝熊山の展望台には
なぜか赤いポストがひとつ。

1803ise03_p

実はこれ、
現役のポストで
ここから愛を込めた手紙を送ると思いが叶うとか。.。゚+.(・∀・)゚+.゚







朝熊山山頂に鎮座する金剛證寺

1803ise03_x

1803ise03_y

かつて
お伊勢参りをするときは
必ずこの朝熊山を登り、金剛證寺に参拝するのが常だったという。

標高600m近くもあるこんな高い山…
バイクならほんの数分だけど
昔は足で歩くだけの旅。
当時の人たちは、
いったいどんな思いでここまで足を運んだんだろう…








内宮参拝
1803ise03_q

1803ise03_r

その昔
仕事絡みで何度も訪ねたことがあるこの内宮。

当時と比べて
外国人客が驚くほど多いことに気がつく。

話を聞けば
どうやらお参りするというよりも
パワースポットとしてのこの場の雰囲気に人気があるみたい。









河崎の古い町並み

かつて
伊勢参りの旅人たちをもてなすために
様々な物資が集約される場所として栄えたこの町。

今でも
商家や蔵があちこちに立ち並び
当時の面影を、今も色濃く残している。

1803ise03_s

1803ise03_t

黒塗りの蔵って
なんだかとても重厚な雰囲気。

でも
朝市に集まった地元の人たちは
みんな本当にいきいきしたいい笑顔。

「神戸からバイクできたんか?」
「ほら桜餅、もうひとつ、サービスやで」




















春の伊勢路をめぐる旅。

1803ise03_v

急に思い立って走り出した今回のツーリング。

でも
いくつものステキな風景に出会い
美味いもんもしっかり楽しんで
そして、
いろんな人と言葉交わせた二日間。

1803ise03_u

旅を終えて
思うことはいつも同じ。

あぁ やっぱりいいなぁ …バイク旅。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
帰ってきた翌日には、
もう次のツーリングを考えたりしています(笑)



春の伊勢ツーリング(2) 伊勢に来たらこれ食べなきゃ

これまた
定番中の定番なんだけど

やっぱり…
伊勢に来たらこれだよなぁ。



ということで…手こね寿司

1803ise02_a

もとは
漁師が漁の合間に食べていた食事だったというこの手こね寿司。

手軽に調理できてぱっと食べられる
漁師めしのファーストフードだったらしい。






秘伝の醤油ダレに漬け込んだカツオの切身が
タライに盛られた寿司飯の上に惜しげもなく並ぶ。

1803ise02_b






なかなかのボリューム。

1803ise02_c

甘辛いタレの風味と
酢飯の相性が抜群っっ。

たっぷり盛り付けられたカツオも、これまたいい味。

1803ise02_d

タライをかかえて食べるなんて
なかなか豪快な郷土料理。(笑)



1803ise02_k

鳥羽駅前の七越茶屋にて。

















内宮前のおはらい町。

1803ise02_e






ここでもまた定番のこれっっっ♪

1803ise02_f

甘党にはたまらない… 赤福餅




伊勢に来ると
当たり前のように必ず食べてしまうこのお餅。

1803ise02_g


なんか好きなんだよね。.。゚+.(・∀・)゚+.゚












おかげ横丁まで歩いてくると
今度は、こんなお店に。

1803ise02_h

まだ開店間際の時間なのに
すでにこの人だかり。




その名の通り…
だんご屋にて食すのはみたらし団子



どこにでもある団子に見えるけど
ここの団子…
いろんな味のタレを選ぶことができる。


ノーマルのみたらし。
生醤油味。
他にも、きなこ、黒蜜、三色…。



この日選んだのは
生醤油味と黒蜜の2本。

1803ise02_i


あまぁぁい味の黒蜜もなかなかいいけど
やっぱり香ばしい
こちら生醤油の団子がおすすめかな。

1803ise02_j





伊勢のこの地まで走ってきたんだから
やっぱり
胃袋にも幸せになってもらわなきゃ(笑)




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
美味し国のキャッチフレーズの通り
伊勢志摩には美味しいものがいっぱいありますね。







春の伊勢ツーリング(1) 旅の始まりは二見浦から

名阪国道。
天理の急坂を一気に上り詰めていく。


1803ise01_a

まだ低い太陽。
気温がぐんぐん下がっていくのがわかる。

春とはいえ
寒暖の差の大きなこの季節。
この日の山越えは
かなり厳しい寒さとの戦い。







伊勢道に入って南へ下っていくと
やっと暖かい日差しに出会うことができた。

1803ise01_b








高速道を走るときは
サービスエリアやパーキングにはほとんど立ち寄らない。
一気に走りきってしまうことが多い。





この日も
神戸の自宅を出てから伊勢道まで一気走り。

安濃SAでトイレ休憩。
気がつけば180kmを一気に走ってしまっていた。

1803ise01_c

お金払って走る高速道路。
なんだかこういうところで時間潰すのがもったいない気がして
休憩もそこそこに、また走り出してしまう。(笑)












伊勢に入ったら
やっぱりまずここを訪ねておかなきゃ。

っていうことで
やってきたのは二見ヶ浦の夫婦岩。

1803ise01_d




無事かえる君がお迎えしてくれる。

1803ise01_e






とってもベタなんだけど…
やっぱりいいなぁ。
夫婦岩…。

1803ise01_f







かつては
関西の小学生の多くが
修学旅行でこの伊勢二見ヶ浦を訪ねていた。

かくいう自分も
子どもの頃、ここに来たことを覚えている。

夫婦岩の向こうにのぼる朝陽
友だちときゃっきゃはしゃぎながら見てたっけ。









でも
時代は変わって
今や広島や京都が修学旅行の人気スポットらしい。


そのかわりに増えてきたのが
海外からの旅行者だとか。
とくに欧米からの旅行者が
ここを多く訪ねるようになったと聞いたことがある。


神話がらみのこういう土地に
西洋の人たちには
どんな興味関心をもつんだろう。













お参りをすませて
700Xに跨がろうとすると、
鼻をくすぐるいい匂いが…


1803ise01_i

これこれ…

やばいよなぁ。
朝起きて何も食べずにここまで走ってきたところに
この香ばしい匂い。





思わず
手を伸ばしたくなったけれど…まだまだ我慢。

1803ise01_j

「ごめんね、また来るから」
お店のおばちゃんに挨拶して700Xのエンジンをかけた。

「あぃな、待ってるで。気いつけてな」

また来ないことは
おばちゃんもボク自身もよくわかってるんだけど…。

ごめんね、おばちゃんっっ。













志摩半島を一気に南下。

快晴の空の下。
こんな気持のいい道が眼の前に。

1803ise01_k

なんだかいい旅が始まりそうな予感。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
天気がいいとツーリング気分がめちゃ盛り上がってきますよね。


春の伊勢路♪走ってこようかな

仕事も一段落。
気候もだんだん春めいてきたし…。


ぶらっと南へ向けて
ちょっと長旅に出てみるのもいいかな。






どこ行こうかなぁ
なんてあれこれ地図眺めてたら…

うんうん
久しぶりに伊勢志摩あたり…いいかな。














何年ぶりかな… お伊勢参り。

1803p_ise_b

1803p_ise_f





美味し国で美味いもんも食いたいし。

1803p_ise_e

1803p_ise_d







走りたい道、眺めたい景色もいっぱい。

1803p_ise_a

1803p_ise_g







例によって
行き先だけ決めたら出発って感じ(笑)


気ままな春旅♪
とりあえず出かけてきまぁす♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
美味しいもん…食べてきたいなぁ~



加古川@闘竜灘 NC700Xツーリング

1803toryunada_a

加古川の中流。
滝野町上滝野にある名勝。


川幅を埋め尽くす奇岩怪石の数々。

1803toryunada_b


おだやかな加古川の流れが
ここだけ激流となり、滝へと流れ落ちる。

1803toryunada_c

間近で見ると、なかなかの迫力。




1803toryunada_d

岩にかけられた橋の上に立ってみると
豪快な岩が連なるなかなかの風景が目の前に…。

1803toryunada_e





その流れの激しいさまが
龍が躍動する姿に重ね合わされて
闘龍灘という名がついたという。

鮎釣りが解禁される5月には
釣り客で賑いをみせる。


1803toryunada_g

1803toryunada_h










この日はこのあと
北播磨の山道を抜けて帰宅。

200km弱のツーリング。
燃費は36.6km/L。


暖かくなってくると
やっぱり燃費は向上し始めるぞ。(* ̄∇ ̄*)





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ライディングウエアもそろそろ衣替えしなきゃ。






北播磨のナイアガラ@美嚢川黒滝へ NC700X

もう春本番?

これだけ暖かくなってくると
水辺が恋しくなってくる。






700Xを走らせて向かったのは
加古川水系美嚢川の黒滝。

1803kurotaki_a

道路脇にほんの小さな案内表示があるだけで
初めての人なら見過ごしてしまうかも?










長さ30m、落差4m。


山の中ではなく
ふつうの県道脇にひっそりと流れ落ちる小さな滝。

1803kurotaki_b







北播磨のナイアガラ?なんて呼び方もされるこの滝。
確かに、
そう見えなくもないけど…(笑)

1803kurotaki_c



近づいてみると
ごぉぉーという音。

うんうん…なかなかの迫力。

1803kurotaki_d






さらに近づいてみると…
水しぶきが気持ちいい~ .。゚+.(・∀・)゚+.゚

1803kurotaki_e

でも
気がつけば

カメラがビチョ濡れに… Σ( ̄ロ ̄|||)








この黒滝公園。
梅の木が植わった遊歩道もありなかなかいい感じ。

1803kurotaki_f


今度は
お弁当持ちで来るのもいいかも♪





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
確かに…ナイアガラでした(笑)


のどかな田園の出湯にてまったりタイム NC700X

こんなのどかな田園風景の中にある
一軒の温泉。

1803mitoro_a


加古川温泉みとろ荘。



こんなところに温泉があるの?って
知らない人に紹介すると、まず驚かれてしまう。



でも… あるのです。

目の前に広がる田園風景を楽しみながら
まったりとすごせる極上の湯。

1803mitoro_b

展望風呂と洞窟風呂は
男女日替わり。

この日は男湯が展望風呂。



1803mitoro_c

1803mitoro_d

1803mitoro_e

いろんな湯舟が楽しめる露天風呂。

泉質分類は、含炭酸塩化土類泉。

少し濁りがかった湯は40℃ほどの温度で
まったりと長湯が楽しめてしまう。




お湯から上がって
食堂にて腹ごしらえ。

1803mitoro_f

ここに来たら
いつも食べるのはこの玉子丼。

550円♪
けっこうリーズナブルな価格だけど
なかなか美味い。

で、お腹もいっぱいに。









1803mitoro_g

このまま帰るにはまだ時間があったので
ちょっと寄り道。







すぐ近くの見土呂フルーツパークへ。

1803mitoro_h


芝生の丘には
満開の梅の花があちらこちらに。

1803mitoro_i

1803mitoro_j

1803mitoro_k



もぉ陽射しも
空の色も
ほんとに…春っっっ♪ って感じ。



ちょっと遠出の計画を立ててみよっかな .。゚+.(・∀・)゚+.゚




--------------------------------
加古川温泉みとろ荘
http://www.mitoro.co.jp/mitoroso.htm






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
暖かくなってくると、
風呂上がりに走っても湯冷めの心配ないですね(笑)



神戸ベイエリアツーリング NC700X

海を見ながら走るのが好きだ

1803kobebay_a


日本海の
あの美しい海もいいけれど

神戸のウォーターフロントを
のんびり流すツーリングもまたいい。







お気に入りの場所は
いつも決まっている。




六甲アイランドの南端、マリンパーク。

1803kobebay_b

1803kobebay_c

ベンチに座り込んで
ぼぉっと愛車と海を眺めてる時間。

これって
かなり贅沢な時間の過ごし方だって
最近やっと気がついた。

1803kobebay_d






灘埠頭。

1803kobebay_l

1803kobebay_k






そして
最後はやっぱりここ。

ポートアイランド北公園。

1803kobebar_r





神戸港を南から一望。

1803kobebay_g



港の異人館。

1803kobebay_h





港には
今日も大型客船が入港している。

1803kobebay_i







空の青と神戸大橋の赤。
そして、その後ろに六甲の山なみ。

1803kobebay_m

神戸の風景でナンバーワンを問われたら
迷わずこの1枚を挙げたいなぁ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚







1803kobebar_s











にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
やっぱり海は気持ちいですね♪





播磨シーサイドロードを抜け、万葉岬へ NC700X

播磨シーサイドロード。

1802manyomap

播磨灘を望みながら
気持ちのいいワインディングを駆け抜ける。
通称「七曲」と呼ばれる気持ちのいい道。




1802manyo_a

1802manyo_b

1802manyo_c

雨も少なく
真冬でも凍結の心配がない。

播磨地方近辺のライダーにはかなりの人気のコース。







この日もたくさんのライダー諸兄とすれ違う。

1802manyo_d

1802manyo_e

1802manyo_f

気軽に手を挙げて挨拶を交わす。

一瞬なんだけど
このライダー特有の挨拶ってホント気持ちがいい。
















万葉岬へ。

1802manyo_g

1802manyo_h

播磨灘を見下ろす絶景の場所。




ここは
地元のライダーが集う場所にもなっている。

この日も
姫路や神戸ナンバーのバイクが何台も。

1802manyo_i







700Xのサイドスタンドを立て
ツバキの丘へ。

1802manyo_p

1802manyo_k

この丘からも
播磨灘の多島美を楽しむことができる。




1802manyo_l

1802manyo_q

春霞の空。
穏やかな海。

そして
早春の光を浴びて
気持ちよさそうに咲き誇る椿の花。



季節は確かに動きはじめてるんだなぁ…。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
走っていてすれ違うライダーが増えてきましたね♪















網干臨海工業地帯へ NC700X

網干地区のもう一つの横顔が
臨海地域に広がる広大な工業地帯。



製塩や海苔養殖がおこなわれていたこの土地に
工場進出のための埋め立てが始まったのは大正の中頃。

最初に工場を開いたのは
セルロイドの会社。(現ダイセル)

今では
機械工業や化学工業等々
様々な種類の工場が進出。

臨海部一帯は一大工業地帯をなしている。










人工島からダイセルの工場群を望む。

1801aboshifactry_a

1801aboshifactry_b






なぎさ公園に場所を変えて
同じくダイセル工場を撮影。

1801aboshifactry_c

1801aboshifactry_d

1801aboshifactry_e

このなぎさ公園は
工場夜景の撮影ポイントとしても有名。

確かに大迫力の工場群が目の前に。










人工島から。
揖保川河口をはさんだ対岸に見えるのは
日本触媒の工場。

1801aboshifactry_f



1801aboshifactry_g

1801aboshifactry_h

1801aboshifactry_i

1801aboshifactry_j






冬の日は早く落ちる。


網干の町
あちらこちら楽しんでいるうちに
あっという間に日は傾き始めた。

1801aboshifactry_k


今度はここ
夜景を撮りに来なくっちゃ♪




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
昼間に見る工場風景もなかなかの迫力ですね。




姫路@網干の古い町並みを訪ねて NC700X

播磨地方のベイエリアって
大きな工場が立ち並ぶ臨海工業地帯のイメージが強い。

実際に海辺を走っていても
工場の煙突やガスタンクが次々と目に入ってくる。








姫路の南
揖保川の河口に位置する網干地区も
昭和の早い時期から
次々と工場が進出してきたエリアのひとつ。








網干といえば工業地帯…
そういうイメージが強いんだけど

でも実は
この網干という町。
路地裏に足を踏み込んでみれば
風情のある古い町並みをあちらこちらで見つけることができる。





運河を渡って新在家地区へ。

1801aboshi_r

1801aboshi_s





商店街の中ほどにある旧網干銀行

1801aboshi_b

1801aboshi_a

大正時代に建てられた地元の銀行。

今は洋品店が入っているけれど
建物そのものは当時のまま。
とても丁寧に管理維持がなされている。


なんとも立派な建物。
当時はこのあたり
網干の町の中心としてかなり栄えていたんだろな。








同じ新在家地区にあるダイセル異人館

1801aboshi_e

明治時代の終わりに
網干地区に創設された日本セルロイド人造絹糸株式会社。
その工場で指導をする外国人技師の住まいとして建設されたのがこの異人館。

1801aboshi_f

堂々とした風格の異人館。

建築は明治41年というから
もう百年以上前の木族家屋。

やはりここでも
古い建物が大切に保存されていることに驚く。

1801aboshi_g









雨が少なく乾燥した気候の播州地方では
古くから燐寸づくりが盛んに行われていた。

この網干にあった岡田燐寸製造所。
その倉庫が当時のままの姿でのこされている。

旧岡田燐寸製造所倉庫

1801aboshi_h

赤レンガを積み上げた重厚な造り。
大正時代の建築。

1801aboshi_i

時代の流れを感じる赤錆びた鉄の扉。

1801aboshi_j

当時はこんな小さな燐寸倉庫が
播州地方のあちこちで見られたという。

1801aboshi_k













この新在家地区から
揖保川沿いの興浜、余子浜へ。

1801aboshi_l

1801aboshi_o

1801aboshi_p

当時の面影を
そのまま今に伝える古い家屋やなまこの白壁蔵。

路地を抜けるごとに
そんな風情のある町並みに出会うことができる。

なんだか
その時代にタイムスリップしたかのような錯覚に…。


















江戸時代
廻船業や醤油の醸造で財を成した大商家加藤家住宅


1801aboshi_c

一面に張り巡らせた黒い焼杉板。
当時の栄華を偲ぶに十分な大きなお屋敷。

文化庁の登録有形文化財建造物に登録されているが
今も実際に住居として使われている建物。











網干地区には
古い寺院も多く点在している。

そのひとつ、浄土宗の古刹大覚寺

1801aboshi_t

よく手入れされた境内。

1801aboshi_u

買い物帰りのカゴを片手に
お参りをしていくおばさんも。

地元の人たちにとっては
ここもまた日常の場なんだろうな。

1801aboshi_v

1801aboshi_y

1801aboshi_w









町中散策を楽しんだあとは
揖保川沿いに南下。

今度は
古い町並みとは全く趣が違う工業地帯へと
700Xを走らせてみた。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセルありがとうございます。
網干の町再発見の旅…続きます。^^





年明けは、やっぱりこのお城へ…

その昔
姫路に住んでいた頃

新年を迎えると
この姫路城を訪ねるのが、我が家のお正月のしきたりだった。





今も
やっぱりあらたしい年が明けると
なぜかこの姫路のお城を訪ねてしまう。

数十kmの道のりを走って…だけど。













1801himeji_a

今年もまた
いつものようにやってきてしまった。




ぐるりとお城の周りを走ってみる。

1801himeji_e

1801himeji_b


どこから見ても美しいのが
この姫路城。



1801himeji_c

1801himeji_d


日本中
どのお城と比べても
この美しさはけっしてひけはとらないと思う。きっと…















にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
気軽に訪ねることができる世界遺産っていいですね。




姫路の超B級スポット@手柄山へ行こう♪ NC700X

1802tegara_a

小高い丘に
ヨーロッパのお城を彷彿とさせる建造物が並ぶ。




ここ…
姫路の南、西延末に位置する手柄山公園。

1802tegara_b



この公園…

姫路城の昭和の大修理の竣工を記念して
1966年に行われた姫路大博覧会のメイン会場の跡地。


博覧会開催期間2ヶ月で
なんと150万の観客を動員したというから
当時としては、かなり盛り上がった博覧会だったんだろな。













そんな当時の賑わいが
ちょっと想像できない閑散とした公園。

1802tegara_c

1802tegara_d

1802tegara_e

お城の建物。
あちらこちらに通路があって
まるで迷路のよう。




魔女が出てきそうな
ちょっと不気味な城郭も…。
夜に来たら、ここ....かなり怖いところだろなぁ Σ( ̄ロ ̄|||)

1802tegara_f





でも
実はこの公園。

お城の迷路だけではなく
水族館や、フラワーガーデン、平和資料館、日本庭園なども併設されている。

1802tegara_g

1802tegara_i

1802tegara_h









この日訪ねてみたのは
モノレールの展示資料館。

1802tegara_j

姫路博覧会開催と同時期に開通したこのモノレール。
姫路駅と手柄山を結ぶ1.6kmの路線。

でも
博覧会後は利用者が激減。
わずか8年で廃線となった。


1802tegara_k

1802tegara_m

1802tegara_l

1802tegara_n





当時の時刻表もそのまま展示されている。

1802tegara_o





在りし日のモノレールの姿。

1802tegara_p

1802tegara_q

当初
このモノレールを鳥取まで伸ばそうという計画もあったらしい。




ジオラマのモノレール模型があまりに可愛すぎて
ついつい見入ってしまった。

1802tegara_v











展望台に上がって一服。

1802tegara_t





遠くに広畑の工場地帯を望むことができる
なかなかのいい景色。

1802tegara_u









太平洋戦争
空爆で被災した全国各都市の犠牲者を追悼するための慰霊塔。

1802tegara_r






この春
解体されることになった
回転展望台。

1802tegara_s










実はこの公園…
昔、姫路に住んでいた頃
何度も訪ねたことがある思い出の場所。


でも
開園から半世紀がすぎ
どんどん老朽化がすすみ
閑古鳥が鳴く公園施設を見ていて

ちょっとセンチな思いに。




これだけ展望がよく
自然も残されたこのエリア。

なんとかよみがえってほしいなぁ…。








にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
時代とともに変わりゆく風景…ちょっと物悲しいものがあります。





晴れの国@岡山紀行(4) ままかり三昧とフルーツパフェ

1801kurabimi_a

倉敷美観地区。
ただの町歩きだけじゃつまらない。


やっぱり
ここ…岡山に来たならば絶対に食べておきたいものがある。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・


1801kurabimi_i

これっっ♪

岡山名物ままかり…なのだ。


ニシン科に属するサッパと呼ばれる小魚。

この酢漬けが岡山の郷土料理として有名。

あまりに美味しすぎて
ご飯がなくなったので
隣の家にまんまを借りにいくという…

そんな逸話からままかりと呼ばれるようになった。


でも
文字通り…本当にご飯がなくなるくらいの美味さ。


1801kurabimi_c

昔、岡山に住んでいた頃からの大好物。




寿司ネタだけじゃなくて
刺し身にしてもめちゃウマのままかり。

1801kurabimi_d


こちらは酢漬けのままかり。

1801kurabimi_b

1801kurabimi_e


ままかり三昧の料理が楽しめるのは
あちの里 浜吉 ままかり亭にて。

1801kurabimi_f

蔵を改装した、なかなかお洒落なお店。

1801kurabimi_o

1801kurabimi_p

落ち着いた店内。雰囲気もグッド。

浜吉ままかり亭
http://www.hamayoshi-kurashiki.jp/










ままかりでお腹を満たしたあとは
町をふらつきながら
スイーツの人気店、くらしき桃子へ。

1801kurabimi_g


このお店は
みずみずしいフルーツを素材としたパフェが美味しいことで有名。


1801kurabimi_h

注文したのは
生クリームの上に岡山産の桃がのせられた「桃子パフェ」
そして、旬の洋梨まるまる1個を盛り付けた「洋梨パフェ」


1801kurabimi_j

めちゃ食べごたえのある洋梨。
なかなかの迫力。

でも
さっぱりした甘味のクリームと
新鮮なフルーツのコンビネーションはばっちり。

これまた、めちゃ美味なのだ。



くらしき桃子
http://kurashikimomoko.jp/index.html








食べ歩きって
これ、ノッてくるとなぜか止められないのが悲しい…。


とくに
人がいっぱい並んでいるのを見ると
気がつけばその最後尾に立っている自分がいるのはなぜなんだろう(泣)

1801kurabimi_k

金賞コロッケとやら。
神戸コロッケには譲れないけど
ハフハフでなかなか美味かったぞ。

1801kurabimi_l






ごま福堂の黒ごまかりんと饅頭。

1801kurabimi_m


見た目真っ黒。
でも、
味はかなりヤバいっっ(笑)



カリカリのかりんと風味の外皮の中に
暖かい黒ゴマ餡。

1801kurabimi_n

ちょっと癖になってしまいそうな味。

1個100円というのも…また泣けてくるっっっ。















1801kurabimi_q

今回の岡山の旅。
総走行距離は520km。

気になる燃費は… なんと 25.7km/L。


ハイブリッドでも何でもない
ふつうの1300ccのガソリン車。





これだけ燃費がいいと
これから遠出にどんどん駆り出したくなってきてしまう。

このFIT
今年は撮影旅行に駆り出される機会がどんどん増えそうな感じ。



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
昔乗ってたCBは、このFITの半分の燃費でした…(泣)








晴れの国@岡山紀行(3) 倉敷散策

1801kura_a

柳の木が並ぶ倉敷川に浮かぶ舟。
その周囲には、美しい白壁の蔵群。

これ…お馴染みの倉敷の風景。







倉敷美観地区は
年間1500万人を超える観光客が訪れる
西日本でも屈指の観光地。

1801kura_r

おしゃれなカフェや土産物屋、町家旅館だけではなく
美術館や資料館もあちらこちらに点在する。



なかなか雰囲気のいい町並みが保存されているこの地区。
若い人や
海外からの観光客に人気があるのもよく分かる。

1801kura_c

1801kura_d

1801kura_b







1801kura_n

1801kura_q

赤いレンガが美しいアイビースクエア。
ここも観光雑誌で必ず紹介される人気スポット。











でも…この倉敷の町。

実はその昔
江戸幕府直轄の天領だったことはあまり知られていない。

中国地方の陸路水路の要として栄え
かなりの財も集まった経済的にも豊かな土地だったという。





美観地区から外れて
阿智神社の門前通りを歩いてみると
そんな当時の面影が色濃く残された町並みに出会うことができる。

1801kura_e

1801kura_f

1801kura_g


焼杉板の壁が続き、
格子戸の町家が軒を並べる。

美観地区とは
趣がぜんぜん異なるこの通り。


かつては
桶屋や酒蔵、箪笥問屋、宿屋などが立ち並んでいたという。

「実はこの通りが本通りなんですよ」
と、お茶屋さんの店先で聞いた言葉。
















夜景をカメラにおさめたくて
日が落ちてから、
もう一度、本通りを訪れてみた。







静けさを取り戻した町並み。

1801kura_s

1801kura_t






美観地区も
観光客で溢れかえった昼間の喧騒はどこへやら。

1801kura_l




川面に静かに映える
ライトアップの明かりがとても美しい。

1801kura_i

1801kura_j








あちらこちら
走り回る旅もいいけれど

ひとつの場所に
じっくりと時間をかけて
町の息遣いを楽しむ時間もまたいいかも知れないなぁ。



倉敷の町… 再発見がいっぱい。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
最近はのんびり旅にはまっています。






晴れの国@岡山紀行(2) 水島臨海工業地帯

下津井の
のどかな漁村の風景。

そこからわずか10数分。
峠を一つ越えただけでその眼下に広がるのは
巨大な工業地帯。





1802mizufactry_a

1802mizufactry_b


1950年代から始まった水島港の埋め立て工事。

その後
小さな漁村が肩を寄せ合う寒村の風景は
巨大な工業地帯へと一気に変貌。


1802mizufactry_d

1802mizufactry_c


石油コンビナートを中心に
各種重機械生産、鉄鋼業、製薬、食品、自動車工業 等々
その種類は実に多岐にわたる。


製造品出荷総額はなんと4兆円を超える(平成25年)日本でも有数の大工業地帯。




1802mizufactry_e

1802mizufactry_f

1802mizufactry_g

そばを走るだけで
巨大な工場群に威圧されるかのような感覚。




でも....
夜景はやっぱりこんなにきれい。

妖艶な雰囲気がなんとも言えないくらいドキドキしてくるんだよなぁ

1802mizufactry_h







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ケタ違いにスケールの大きな工場群に驚きの連続でした。








晴れの国@岡山紀行(1)  瀬戸大橋と下津井のタコ料理

「晴れの国」岡山
そんなキャッチコピーがまさにピッタリとくる岡山の空。





鷲羽山から望む瀬戸大橋。
晴れ渡る冬の青空とを背景に…まさにこれ、絶景。

1801simotsui_a

1801simotsui_p




瀬戸大橋の橋桁の袂にある下津井の町。

1801simotsui_c

江戸時代には
北前船の立ち寄り港として栄えたこの下津井。

裏通りに一歩足を踏み入れると
風情のある古い町並みに出会うことができる。

1801simotsui_d

白いなまこ壁が美しい。

1801simotsui_e









下津井といえば…タコ。
ここに来たらやっぱり食べておかなきゃ(笑)

1801simotsui_f

1801simotsui_g

1801simotsui_h

タコの刺し身から焼きだこ。
そして、しゃぶしゃぶ。


1801simotsui_k



タコの塩辛
さらに、唐揚げもこれまた絶品の味。

1801simotsui_j


新鮮なタコは
歯ごたえもコリコリ。

最後は、お約束のタコの釜飯。

1801simotsui_l

1801simotsui_m






地元明石のタコも美味しいけれど

採れたてのタコを
その場でさばいてくれるこの下津井のタコもなかなかのもの。

1801simotsui_o

1801simotsui_n

下津井亭にて。
http://www.shimotuitei.jp/




新春… 晴れの国紀行。
岡山の旅は、下津井からのスタート。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
新春の瀬戸内はとても静かな海でした。





ミナトまで ちょいと走り初めに

お正月の呑み喰いがたたったのか
ちょっときつくなった革パンのベルトを無理やり締めて…

700Xの初走りへと出かけてみた。











ポートアイランドから兵庫突堤へ。

1801hyogo_j

1801hyogo_m

1801hyogo_b

道はガラ空き。
いつもこんなに空いてたら
国道走るのも楽勝なんだけどなぁ…。













兵庫突堤は
神戸港を一望できるお気に入りの場所。

1801hyogo_c

正月明け
さすがに釣りする人もほとんどいない。






ふだんは
トレーラーや大型トラックがせわしなく行きかう岸壁も
この日は、しぃんと静まり返った空間に。

1801hyogo_f

1801hyogo_d

















ちょっと雰囲気のある倉庫を背景に…パシャリ。

1802hyogo_h

1801hyogo_e











ミナトの風景って
眺めているとなぜか気持ちが落ち着いてくる。

1801hyogo_i

1801hyogo_n


ここで
ボォーーーー-と汽笛が聞こえたりすると最高なんだけど


この日は
静かな静かなミナトの風景。

それもまたよし…かな。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
今日あたりからまた町も賑やかになってきますね。





今年のTouringのテーマは…計画しないバイク旅 これでいこう(笑)

いつも年の始めに
今年の走りたい場所を、あれこれ計画してたけど…

今年から、もうやんぴ。


180103_700x


いろいろ計画立ててみても
実は
計画通りに進んだTouringなんて
これまで一度もないことに気がつく。


観光会社のバスツアーじゃないんだもんな。
計画通りに終わらないのが
バイク旅の楽しみなのかもしれない。






それならいっそ…
計画のないバイク旅もあっていいかな…なんてことを思う。




よし、4日間休暇が取れた。
とりあえず、四国に行こう。

こんなノリで走り出せたら楽しい。




道は必ず、どこかへ続いてる。
着いたところが、その日の目的地。


いいかも知れないぞぉ~♪ 
計画しないバイク旅(笑)




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
バイクならではの自由な旅…いいですよね♪ ^^



北条鉄道 駅舎めぐり NC700X

北条鉄道


兵庫県の小野市と加西市を結ぶローカル線。

沿線に広がるのは、
のどかな北播磨の田園風景。




1712hojo_c



第3セクター方式の鉄道会社で
県と加西市が出資して、1985年に開業。


1712hojo_t





わずか14kmほどの短い路線なんだけど
公募で選ばれた駅長が個人で駅の管理・運営をするという
ちょっと変わった試みがおこなわれている。


ということで
700Xを走らせて、
北条鉄道の駅舎めぐりに出かけてみた。



















まず、
駅舎の中でいちばん有名なのは
この法華口駅だろうか。

1712hojo_g

1712hojo_q


駅舎の中にパン屋さんがあることで人気の駅。

1712hojo_n

この日も
あれこれ迷いながら、2種類のパンをゲット。



たこ焼きが入ったピザと…

1712hojo_j


チョコチップを練り込んで焼き上げた米粉のパン。

1712hojo_l

駅舎の中のベーカリーショップ。
とにかく種類が多く、味もいい。

お昼時になると
次から次へと、この駅にお客さんがやってくる。
(もちろん乗車する人じゃなく…笑)


この法華口駅には
美人の女性駅長さんがいることで有名だったけれど
ご都合により退任されたとのこと。ん…残念っっっ











ええっ?と思うくらい小さくてかわいい駅舎の網引駅

1712hojo_f

1712hojo_o




この駅舎には
ライブラリーが開設されていて、
だれでも自由に本を借りることができる。

1712hojo_i

1712hojo_u

地域の人やこの駅のファンの人たちからの寄贈本。
かなりたくさんの冊数。

ちゃんと貸出ノートもあるのだ。

1712hojo_v














もう少し沿線を北に上っていくと…長駅へ。

1712hojo_h

1712hojo_p




この駅舎にあるのは
なんと…婚活相談所。

1712hojo_m

ええ… まぢっっ?
って、一瞬目を疑ってしまった。(笑)

1712hojo_r













それぞれの駅が
本当に個性豊かに
楽しい取り組みがなされていることに驚き。




そして
どの駅も
本当にきれいに管理されている。


鉄道ファンの人たちのみならず
地域の方々に愛されている鉄道なんだなぁと実感。







1712hojo_e

1712hojo_x

1712hojo_d




この次は
バイクではなく
実際に
この北条鉄道の列車に乗ってみようかな。.。゚+.(・∀・)゚+.゚






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
鉄道ファンではないのですが
こういうローカル線ってなんかいいですよね。惹かれるものがあります。^^




池の畔にて NC700X

ため池と聞けば
事故防止のために
柵が張り巡らされ立入禁止…なんて場所が多いんだけど


播磨平野のため池は
よく整備されていて遊歩道や公園が設置されている池が多い。

1712kakorun_a

この加古大池もそのひとつ。


車が侵入できて駐車場も完備。
遊歩道、ジョギングコース、公園や管理棟も併設する。



1712kakorun_g

1712kakorun_e














バイクでも
ぐるりと周遊できて
ひと息つける場所もいっぱいあるので

Touringの途中休憩に立ち寄るには、最適の場所かも。


1712kakorun_c












冬の日溜まりの中
バイクを停めてのんびりと湖面を眺めて過ごす。


1712kakorun_f






長い時間
じぃーっと釣り糸垂れるおじさんたち。

寒い中
こんなホント好きな人たちがいるもんだなぁ。

1712kakorun_h

って…
あっちも思ってるだろうな。

「寒い中、バイクなんて物好きなやつもいるもんだ」とか(笑)




1712kakorun_d

なんてこと考えているうちに
一気に陽は西へ。
冬の午後ってあっという間に暮れていく。

さぁ
家路を急ごうかな。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
それぞれ好きなものはやめられない…ですね(笑)






飛行機雲を追いかけていたら NC700X

飛行機雲を
追いかけながら走っていたら

こんな田舎道に迷い込んでしまった。


1712road001

ん~
なんか気持ちいい道じゃんっっ




1712road003

1712road002

空が広いぞっっ



1712road004


何にも邪魔するものがない
満天の青空に

色づきた並木がそそり立つ。


こんな素敵な風景に出会えるなんて
今日はかなりラッキーかも .。゚+.(・∀・)゚+.゚




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
地図にない道…走ってみました。




行き先決めずに走り出すのもおもしろいかもしれない NC700X

姫路から北に上がろう。
これだけを決めていた。


とにかく
天気良かったから
気持ちよく走りたかった。









こういうときは
大きな街中は避けて走りたい。

1713sugo_b



延々と続く田舎道を
しっかり色づいた山なみを眺めながらゆったりと…

1713sugo_a



あそこにってあれを見よう
そこにいってあれを食べよう… とか

そんな目的は一切なし。


ただただ
気の向くままに走り続かえるのもなかなか楽しい。



1713sugo_c

だんだん
山深い道になってきた。

1713sugo_i




何年か前に走った覚えはあるけれど
どこに続くか全く覚えてない。












1713sugo_j

坂道を駆け上がって
トンネルを抜けると…




ダム湖に出た。

1713sugo_e

菅生ダムを擁する人口湖。

1713sugo_f



そっかぁ。
このダムに登る道だったんだ。


思い出したぞ(笑)

確かあのときは
RZで走ってきたんだっけ。








よし
今日の目的地はここ♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚


700Xを停めて
湖畔をぶらぶら散歩。

1713sugo_g

1713sugo_h






ただただ走って
着いたところが目的地。

こういうのって
きっとバイクでしかできない楽しみだろうなぁ。


もしかしたら
最高に贅沢な時間の過ごし方なのかもしれない。


1713sugo_d








にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
往復200kmの小さな旅でした。










700Xオイル交換

700Xのオイル交換。



ドレンボルトを抜いたとき
勢いよく流れ出るオイルが
なんかめちゃ快感♪

1712oil_a













目で見た感じは
そんなにも汚れてないようだけど

今回も
3,000kmを目安に定期的に交換。

1712oil_b

オイルは
いつもどおりホンダ純正G1。











カブのオイルも同じく交換。
2台まとめて交換すれば手間が省ける。

1712oil_d



ただ
カブのオイルは毎回ドロドロの真っ黒け。

かなり酷使してるからかなぁ











最後は
2台のエンジンをかけて
走行距離を記録して終了。

1712oil_c

次回は40,000km。

って、
実は10,000km時にメーター交換してるので
ホントは50,000kmなんだけど。



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
オイル交換後って
なんか調子良くなった感じしますよね。^^








秋のど真ん中にて NC700X

ぽっかり時間が空いた休日の午後。

700Xに
K-30を積み込んで駆け出してみた。


1711koenji_a

K-30に取り付けたのは、PENTAX-DA 50mmF1.8。



今日は
単焦点レンズで楽しんでみようと思う。

モデルは…700X(笑)








撮影場所に選んだのは
稲美町にある高薗寺参道。

1711koenji_d

この道
見事な銀杏の木が立ち並ぶお気に入りの場所。





1711koenji_c

1711koenji_e

1711koenji_b





F1.8の超明るいレンズ♪
背景ボケも気軽に楽しめてしまう。

1711koenji_i

1711koenji_g






真っ赤なモミジもいいけれど
銀杏の黄色い色づきも
それとは異なる趣があっていいなぁと思う。

1711koenji_f

1711koenji_h



秋のど真ん中を
只今、700Xで疾走中なり。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます
銀杏の落ち葉がいっぱい♪
まるで黄色の海を泳いでるかのよう…^^







播磨古刹紅葉狩りTouring(3) 伽耶院 NC700X

1711kaya_a


播磨古刹の紅葉巡り。
最後に訪ねたのは三木志染にある大谷山伽耶院
開祖は7世紀中頃。
天台宗修験道の寺院。






ここの紅葉は本当にきれい。

毎年訪れているんだけど
京都の寺院にも決して負けず劣らず…だと思う。

1711kaya_c

v

1711kaya_f

1711kaya_b

境内のどこから撮っても
きれいな紅葉の木々が
絶妙のバランスでその色を提供してくれる。



1711kaya_o

紅葉ばかりではなく
銀杏の絨毯もなかなかの趣。





1711kaya_e

1711kaya_d

1711kaya_g

1711kaya_s





1711kaya_p

1711kaya_q





足元に目をやれば
ここにもさまざまな表情をした紅葉たち。


1711kaya_u

1711kaya_r

1711kaya_t





一日
しっかりと走り終えた700X。

伽耶院山門前にて。

1711kaya_w


ちょっと今回
バイクの画像が少なすぎたかなぁ ^^;;




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
まだまだ紅葉…あちこちめぐりたいですね。








播磨古刹紅葉狩りTouring(2) 善祥寺 NC700X

金剛寺をあとに
次に向かったのが口吉川町にある善祥寺

この古刹も
あの法然上人の開祖と伝えられている。
創建はやはり7世紀半ば。

1711zensyo_a

ちょっと急な石段をよちよち登る。

1711zensyo_b




1711zensyo_c



真っ赤な紅葉に囲まれた釣鐘堂。

1711zensyo_d



境内には
程よく色づいたもみじがあちらこちらに。


1711zensyo_e




一番の見どころは茅葺屋根の鎮守社。

1711zensyo_f

1711zensyo_g







水瓶に浮かぶモミジの落ち葉を撮ってみる。

1711zensyo_h

水面って
なかなかピントが合いにくい。
AFはこういうのって苦手なのかなぁ…

MFに切り替えて
何枚もシャッターを切ってみた。


1711zensyo_i






時計を見れば正午過ぎ。
まだ日は高い。


1711zensyo_j


今回最後の紅葉スポット。
伽耶院を目指すことに。


1711zensyo_k





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ここ善祥寺で出会ったのは、
Nikon片手に紅葉を取りに来ていた人ひとりだけ(笑)





播磨古刹紅葉狩りTouring(1) 金剛寺 NC700X

播磨の古刹 紅葉巡り

これ
穴場中の穴場?かも

意外と知られていない紅葉の見どころが
あちらこちらに点在。



雑誌等で紹介される有名なスポットのように
人混みは一切なし。
駐車場もガラガラ…。
そして、拝観料もなし。



それでいて
なかなか風情のある庭園のある古刹が多い。

1711kongou_b

1711kongou_m


決して京都にも
引けをとらない紅葉スポット…だと思う。







今回は
700Xを走らせて
金剛寺、善祥寺、伽耶院
この3つのスポットを巡ることにした。










まずはじめに訪ねたのは如意山金剛寺

1711kongou_c

1711kongou_g

三木市大村にある真言宗のお寺。

創建はなんと7世紀半ば。
開祖は法然上人と伝えられている。




この金剛寺へは
紅葉の季節になると、毎年のように訪れている。

門前の大銀杏と
紅葉が彩る美しい庭園がお気に入り。









金剛寺の駐車場。
まるで絨毯のように敷き詰められた
黄色いイチョウの落葉。


もうこれだけで
テンションMAX(笑)

1711kongou_d


もちろん
真っ赤な紅葉も僕らを待っていてくれた。

1711kongou_e















お堀を彩る
色とりどりの落ち葉たち。

1711kongou_p

水辺の紅葉も
なかなかいいものだなぁ。

1711kongou_a










境内を抜けて池のある庭園へ。

1711kongou_s

1711kongou_r

紅葉浮かぶ池を
ゆうゆうと泳ぐ見事な錦鯉たち。

1711kongou_j





1711kongou_i

1711kongou_t

1711kongou_k

1711kongou_l










今回の相棒は
PENTAX K-30 と SIGMA 18-250ズームのコンビ。

1711kongou_o

ツーリングに持ち出すには
ちょっとかさばる大きさなんだけど

いろんなシーンをそつなく撮れる高倍率ズームって
やっぱりバイク旅にはベストな選択かな?





風は強いけど
天気は上々。

次に目指すのは善祥寺。
さぁ
どんな紅葉が待ってるかなぁ♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚

1711kongou_n









にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
近場のTouringですがデジイチ積むとテンション上がります。^^




紅葉を撮りに行くぞ♪(1) 岡山@みやま公園

好天に誘われて
西へと走り出してみた。


岡山の紅葉といえば
これまで、津山城、奥津渓谷、宇甘渓、旧閑谷学校…
ぁ…蒜山もよかったなぁ。







今回はちょっと趣向を変えて
玉野にあるみやま公園へ。

1711miyama_a



おめあては
以前から気になっていたイギリス庭園

1711miyama_c


この庭園は
玉野市制60週年を記念して
平成12年に開園したイギリス風ガーデン。

設計は本場英国の庭園技師。
豊かな自然の中に
四季を織りなすさまざまな花や樹木が咲き誇る
なかなか雰囲気のいいところ。



「今、ちょうど見頃ですよ」と、受付のおばさん。




その言葉通り、
いい感じに色づき始めた木々たちが出迎えてくれた。

1711miyama_k

1711miyama_f

1711miyama_e

1711miyama_h


広い庭園内。
ほとんど人っけなし。

ここ…もしかして超穴場なんだろか。


これだけ見事に色づいた庭園を
独り占めしているような高揚感。

1711miyama_n








紅葉した樹木だけではなく
花たちもしっかりとこの目を楽しませてくれる。

1711miyama_d

1711miyama_i

1711miyama_j











今回
700Xに積み込んできたのは
K-5Ⅱsと35mmのLimitedレンズ。

1711miyama_m







このレンズ…
思っていた以上に
色の描写が豊かで、繊細な表現をしてくれる。

F8あたりが一番カリッとしたシャープな感じになるけれど
開放F2.8でも、なかなかの絵が撮れる。

おぉ…これがLimitedなんだぁ とちょっと感激♪

1711miyama_l

1711miyama_o





マクロ撮影にもチャレンジ。
秋バラのつぼみをとらえてみた。

1711miyama_p




マクロレンズに分類されるこの35mmLimited。

でも
実は、
被写体を選ばず
普通に撮れる写りのキレイな単焦点レンズ。

寄りたいときにはぐいっと近づける… 
そんな感じかな。








まだまだ日は高い。
もっとシャッターを切りたくなって
次なる目的地を検索。


ん…? 後楽園が色づき始め?
いいかもしれないぞ♪


1711miyama_b







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
台風に祟られ続けた週末…久しぶりのTouringです。^^








紅葉の便り…そろそろ届き始めたぞ♪

あちらこちらから届き始めた
色づきはじめの紅葉だより。




おっと…
天気予報を見れば
週末の空模様は
いい方向に変わってきてるじゃん♪

weath1101



考えてみたら
4週間ぶりの晴れの週末。











K-5Ⅱs のバッテリー充電も完了♪ 

171101jud


これはちょっと
出かけないわけにはいかないぞっっ .。゚+.(・∀・)゚+.゚


koyo16a

koyo06b


今年はどんな紅葉に出会えるかなぁ




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
上の2枚は昨年の紅葉狩りの画像です。




地元民でも読めない? 関西難読地名集 

バイクや車で
いろんなところを走っていると…


はぁ? ?q|゚Д゚|p

って、一瞬悩んでしまう地名に出会うことが多々ある。










大阪市内を走っていると…

nanchimei_a

「放出中」の歩道橋??ってか?







兵庫県国道29号を北に上がっていくと…

nanchimei_b

広島から来た友人が「あなぐり??」と読んでしまった「宍粟」








関西人ならみんな知ってる京都のここ。
でも
やっぱり馴染みのない人には読めないらしい。

nanchimei_c

「蹴上」 えっ? 蹴り上げるの???



正解は --------------------------------
「放出」 はなてん
「宍粟」 しそう
「蹴上」 けあげ



地元民なら普通に読んでるけれど
ツーリングや観光で他所から来た人には
読めない地名ってまだまだあるみたい。








【大阪府】

吹田(すいた) 吹…これ「ふく」だよね? すうは「吸」なんだけど(笑)
喜連瓜破(きれうりわり)
信太山(しのだやま)
杭全(くまた)

【兵庫】
柏原(かいばら) ふつう…かしわばらと読むのになぁ 
夢前(ゆめさき)
粟生(あお)
朝来(あさご) あの竹田城で有名な町

【京都】
先斗町(ぽんとちょう)
物集女(もずめ)
一口(いもあらい)
蛇穴(さらぎ)





京都はかなり手強いぞぉ
関西人でも読める人は少ないかも?(笑)












ぼくらも
いろんな地方を旅していると
やっぱり読めない難読地名にいくつも出会う。



でも
地元に人に読み方聞いたり
あとでスマホで調べてみたり…

読めなかった難読地名
「そうなんだ はぁ そう読むんだ」.。゚+.(・∀・)゚+.゚

そんな発見って なんか嬉しい。




ツーリングあるある? 実体験版

実体験をもとに(笑)
ツールングあるある 6選








■ガソリンスタンド

ガソリン残量
まだもう少しもつだろうとやり過ごしたら…
なかなか次のスタンドが見つからない…(泣)

aruaru002









■ピースサイン

すれ違うバイクには
気持ちよくピースを交わすのに
後ろから追いついてきたバイクと並ぶと
なぜか… アクセル吹かしてしまう…。

aruaru001









■久々に洗車したら…

必ずと言っていいほど
次の日は…雨(泣)


aruaru003








■で、雨の予報信じてツーリングやめたら…

翌朝は快晴…。

aruaru005







■雨降ってきてカッパ着たら…

aruaru004


すぐ晴れる…怒っっっ






■ついつい暑いから腕まくりしたら


aruaru006


腕に
めちゃ恥ずかしい日焼けの跡…(泣)




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
皆さんにはどんなあるあるが…?(笑)












そうだ♪コスモスを見に行こう NC700X

1710cos_h

百点満点の青空が広がった♪


700Xで向かったのは
加古川志方のコスモス畑。















わぉ~ 咲いてる咲いてる♪


この時期になると
休耕田が色とりどりのコスモス畑に大変身♪




この日はちょうど
「コスモス祭」の真っ最中。


1710cos_a

1710cos_c



「ちょっと今年のコスモスは、咲きが悪いでのぉ」
「えぇ? こんなにいっぱい咲き乱れてるのに?」

柏餅を頬張りながら
管理組合のおじさんとしばしの会話。

「いやいやぁ いつもはもっとすげぇんじゃが」

ちょっと残念そうなおじさんの口ぶり
でも、
見渡す限り一面のコスモスに
ボクらは圧倒されてるんだけど…



1710cos_b

















コスモス畑をあとにして
農道を走っていると…



1710cos_g


綿毛をいっぱいつけたタンポポ見っけ♪






今を盛りに咲き誇るコスモスと
役目を終えて種子を飛ばそうとするタンポポ…。


ふと一瞬
モノ思いに耽ってしまったぞ…。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
タンポポって綿毛を飛ばすときはぐんと茎が伸びるんですね。驚っっ












心霊スポット?糀屋ダムへ

ダム湖には
たいていひとつかふたつ…心霊話があるように思う。






人のいない静かな山中
そして、深い青緑色の湖面…

確かにダム湖って
怖い話がよく似合うシチュエーションかも知れない。














北播磨にある麹屋(こうじや)ダムも
そんな心霊スポットのひとつ。

1709kouji_a

1709kouji_b


ただ
この糀屋ダムの場合は、まぢでちょっとヤバい…かな?










数年前の知人の体験談。

新車でおろしたVTRの慣らしに
この麹屋ダムへ走りにきたけれど

湖畔道路の途中で
急にエンジンが止まり、
セルも回らなくなるというトラブルに見舞われたらしい。

何度も押しがけをするうちに
無事エンジンがかかり事なきを得たんだけど
その日から3日3晩
彼は高熱を出して寝込んだそうな。

仲間内では
新車トラブルで焦りまくって
ドッと疲れが出たんだろと茶化してたけれど

当の本人は
もう二度とあのダム湖にはいかないと言い張っていた。









その彼のバイクがトラブルを起こしたのが
「出る」という噂が絶たないこの翠橋。

1709kouji_e






聞けばこのダム湖。
完成当時から自殺者が後を絶たず
他のダムに比べて事故件数もかなり多いらしい。

それが理由で
魚釣りも禁止されたとか、まことしやかに囁かれている。



確かに
ここを走っていても
誰一人釣りしてる人なんていないし
湖畔でレジャーを楽しんでいる姿も見たことがない。


やっぱり… ヤバいのかなぁ



でも
ボク的には
人も少ない、車も来ない
そんなダム湖の道ってとっても走りやすくて好きなんだけどなぁ (* ̄∇ ̄*)?


f




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
あ…うちの700Xはトラブルことなかったです ^^;;






早朝の河川敷にて NC700X

早朝にバイクで駆け出すと
ちょっと肌寒ささえ覚えるようになった。

彼岸過ぎたら
急に加速し始めた季節の変化。








そんな朝の空気を切って
川べりの道を走ってきた。

1709oozeki_b


加古川大堰。

1709oozeki_a


このあたり
かなり広い河川敷が続いている。


1709oozeki_c

1709oozeki_d


ジョギングを楽しむ人もいっぱい。






そういえば
最近運動してないなぁ… (´・ω・`)

よし!
久しぶりに
バイク降りて走ってみよっか♪


なぁんて、いつも思うだけ(笑)





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
運動不足…気になりつつも ^^;;







戦争遺跡 加西鶉野飛行場跡を訪ねて

1709uzurano_a

のどかな田園地帯を走っていると
突然現れる大きな滑走路。





加西市にある鶉野(うずらの)飛行場跡

1709uzurano_b

幅60m、長さ1200m。
とにかく、だだっ広いコンクリートの空間。










ここはかつて
旧海軍姫路航空隊の訓練を目的として設置された飛行場。



当時
全国から集った多くの若者たちが
ここで、戦闘機のパイロットとなる訓練を受けたという。

1709uzurano_c


しかし
戦況が悪化してくるなかで
最後は、あの神風特攻隊の育成もここでされたと聞く。






滑走路の横には平和祈念の碑。

1709uzurano_f










1709uzurano_g



700Xのサイドスタンドを立てたこの長い長い滑走路。

当時の若者たちは
どんな思いで戦闘機の操縦桿を握り
ここを駆け抜けていったのだろう…。











飛行場跡のすぐ近くにある防空壕跡

1709uzurano_h

1709uzurano_i

頑丈なコンクリートで覆われた地下防空壕。
(見学には事前申し込みが必要)

1709uzurano_l
※加西市観光案内サイトより借用




この周辺には
他にも弾薬庫や機銃座などの遺構が
あちらこちらにのこされているという。


時間を見つけて
またあらためて巡ってみたいと思う。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
ご訪問ありがとうございます。
身近なところに遺された戦争の足跡に…驚きです。






京丹波の廃校跡を訪ねて NC700X

1709shitimi_a

木の長い長~い廊下。

1709shitimi_i

そして、二宮金次郎の像。


ん~っっっ
なんか、懐かしいなぁ。


1709shitimi_b

1709shitimi_c

1709shitimi_d

1709shitimi_e




訪ねたのは
京丹波町にある廃校跡。


1709shitimi_f





でも
この校舎もやっぱり
地域の方々の手によって再生利用されている。


旧質美小学校。
リノベーション後は「質美笑楽講」と名付けられた
地元でもちょっと有名なオシャレスポット。

1709shitimi_g







教室を改装したランチルームもあれば

1709shitimi_o


アンティックを扱う雑貨屋さんや絵本屋、道草ルームも。

1709shitimi_j

1709shitimi_k

1709shitimi_m








でも
一番圧巻だったのは…
歴代卒業写真がずらりと張り巡らされた展示教室。

1709shitimi_n

1709tanba_hai001


開校は明治6年。

閉校になったのは、平成23年の3月末。
最後の児童数は17名だったそうだ。





なんと…
138年の歴史を持つ学校。




学校としての役目は終えたけれど
またちがう姿として
新しい歴史を綴っていくんだな…。



1709shitimi_p

1709shitimi_h
※最後の画像は、京丹波町観光協会サイトより





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
ご訪問ありがとうございます。
最近、廃校跡巡りにはまってます。^^









夏の残像 NC700X&C50 

過ぎ去りし夏に…


17summer_a
06.03 マキノ高原

17summer_b
06.04 福井県美浜町

17summer_c
06.24 播磨シーサイドライン

17summer_d
07.15 但馬海岸

17summer_e
07.21 奥津温泉

17summer_j
07.31 大蔵海岸

17summer_f
08.11 有馬富士公園

17summer_g
08.18 赤穂城址

17summer_h
08.27 若桜町

17summer_k
08.31 海峡公園



南の島へ FITでGo♪

早朝
明石海峡大橋を渡る。


1709nandan_a


ホント気持ちのいい天気。
神戸淡路鳴門道を一気に南へ。

1709nandan_b








やってきたのは、阿万海岸。

1709nandan_c

海水浴シーズンが終わった浜辺。
静かな空間が気持ちいい。

1709nandan_d

だぁれもいないと思っていたら…
堤防先で
釣り糸を垂れる人たち。

1709nandan_e





1709nandan_f


よし!
これから島内を走り回るぞぉぉぉ♪

って、盛り上がりたいところなんだけど
今日は年に一度の淡路でのお仕事… ヽ(TдT)ノ


こんな気持の良い秋晴れの一日なのになぁ (泣)





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
ご訪問、ありがとうございます。
出張の日に限って、見事な好天になるのはなぜなんでしょう…(泣)







秋空に誘われて砥峰高原へ NC700X

気持ちのいい秋の空が広がった。

その碧に誘われるように
バイパスを西へ。

1709tonomine_a


姫路から
R372を一路北へ。

1709tonomine_b

山がどんどん近くなってきた。


県道に入ると
道は次第に高度を上げていく。

1709tonomine_c

1709tonomine_d








そしてやってきたのは…ここ。

1709tonomine_e

砥峰高原。


高原を吹き抜ける風が
ほんと…きもちいい。

1709tonomine_f

1709tonomine_g


外界はまだ汗ばむほどの残暑。

でも
ここはちょっと肌寒いくらい。






標高900m
高原の広さは90ha
ススキの群生地として知られるこの高原。

秋が深まれば
一気に人気の観光地となる。








また
この砥峰高原は
いろんな映画のロケ地となったことでも有名。


1709tonomine_h


交流館の中には
ロケ当時の写真が掲示されている。


1709tonomine_i

1709tonomine_j

1709tonomine_k



最近では
あのサザエさんのオープニング兵庫編にも
この砥峰高原が登場した。

sazae_tonomine







700Xを降りて
遊歩道を歩いてみる。


1709tonomine_l

1709tonomine_m


ススキの穂はまだこんな感じ。

tonomine_susuki001


来月半ばになれば
この高原一面に
真っ白な穂先が波のように揺らめくんだろな。


1709tonomine_n


でも
人も車も少ないこの初秋の高原もまた…いい感じ。


静かな空間を
独り占めできるかのような幸せ感に浸ってみる….。゚+.(・∀・)゚+.゚




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
ご訪問ありがとうございます。
秋本番は車が大渋滞…です ><



水車の里にて NC700X

神河町にある
水車の里へ700Xを走らせた。

前に訪れたのは確か3年前




未だ現役で働いている水車があることにびっくりしたけれど
それ以上に感動したのが
流れる水がほんと…きれいだったこと。




1709sui_d

やっぱり
3年前と変わらない…きれいな水。




この水路一帯では
初夏になると
梅花藻が水中から花を覗かせるという。



水車の保存に力を入れている地元の人たち。
でも
それ以上に水を大切にしているんだな…。



1709sui_c

1709sui_b

1709sui_a




豊かな水に潤和された広大な田圃に
今、黄金の稲穂がたわわに実る。

1709sui_f






今度は田植えの季節に
また、ここを訪ねてみようかな。

1709sui_e






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます
ギイコギイコ…水車の音っていいですよ♪ ^^







初秋の丹波篠山へ NC700X 

国道372号
姫路から京都亀山まで抜ける別名デカンショ街道。

1709sasayama_q


通行量も少なく
適度なコーナーやアップダウンもあり、
なかなか走りやすくて楽しい道。

関西ライダーならお馴染みの道かも。









今日は
このR372を一気に東へ。
700Xを走らせて、篠山盆地を目指す。


1709sasayama_a

真夏の
あのセミの大合唱もどこへやら。
今はもう
すっかり静かさを取り戻した篠山城址。












城跡の西の通りには、
見事な武家屋敷が立ち並ぶ。

御徒士町武家屋敷群と呼ばれる町並み保存地区。




1709sasayama_c



武家の屋敷とあって
見事な門構えの家屋がずらりと並んでいる。



1709sasayama_d

1709sasayama_e




 





城跡の東へ回れば
ここは商人の屋敷が並ぶ河原町妻入商家群。

1709sasayama_h

武家屋敷とは一味違う
城下町の風情を楽しむことができる。

1709sasayama_i

1709sasayama_j

1709sasayama_l

格子窓の木造家屋って
やっぱりいい感じだなぁ。

1709sasayama_m

1709sasayama_n










古い町並みの情緒に触れたあとは
ここ…篠山大正ロマン館。

1709sasayama_o



当時の調度品が展示されている館内。
見て歩くだけでもなかなか楽しい。

1709sasayama_r

1709sasayama_s





でも
ここに来た一番のおめあてはこれ♪

1709sasayama_p

篠山名物…黒豆ソフト。

篠山に来たら
季節問わず、必ず食べてるこのソフト。
メチャ美味いのだ(笑)








1709sasayama_b


次は10月
黒豆に焼栗、栗ご飯、きのこ、地酒…

丹波の秋の味覚で賑わう味祭りかな。.。゚+.(・∀・)゚+.゚





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ここの味祭りはおすすめです。
今年の開催は10月7日(土)~9日(月)です♪








R29因幡街道を北へ(4) 氷ノ山のゲレンデへ

R29
若桜の町で一息ついたあとは
氷ノ山へ。



やっぱり最後は
涼しい場所で締めくくりたいよなぁ。



1708hyou_a




コーナーを次々とクリアして
高度を上げていくたびに
気温がどんどん下がっていくのがわかる。



1708hyou_g

1708hyou_h

1708hyou_i





展望広場から
氷ノ山山系をのぞむ。

1708hyou_d

1708hyou_e

1708hyou_f

1708hyou_b


ここまであがってくると
風は本当に涼しい。

そして
吸い込まれそうな空の色。


1708hyou_c



空の色にも空気にも
もうしっかりと
秋の気配が漂い始めてるな…。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
ご訪問ありがとうございます。
残暑厳しい中にも、秋の気配感じますよね。




R29因幡街道を北へ(3) 若桜の町のおすすめ甘味

若桜の町に来たら
必ず立ち寄るお店がある。



wakasabenten_a

弁天まんじゅう本舗。


お店の名の通り
ここの弁天まんじゅうが最高に美味い♪

実は昔からの大ファン。







以前は町外れに小さなお店を構えていたけど
1年ほど前に
新しい店舗に引っ越し。


wakasabenten_b

明るく清潔感のある店内。






ふたつ
バラ売りをお願いして
店内でいただくことに…。


なんと
アイスコーヒーのサービスも。

wakasabenten_c







中に入っているのはこし餡。
でも、甘さは控えめ。

このあんを包む餅が
モチモチ感満載でめちゃ美味い。


wakasabenten_d


ふたつも食べると
かなり小腹は満たされてしまう。



このお店の
このまんじゅうなら
はるばる峠を越えて食べに来ても
損した気持ちには絶対ならないぞ(笑)






--------------------------------
若桜 弁天まんじゅう本舗
http://kanko.town.wakasa.tottori.jp/search/buy/benten/





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
このまんじゅう、甘いもの苦手な人でも大丈夫♪ おすすめです。




R29因幡街道を北へ(2) 若桜宿にて古い町並み散策

国道29号。
新戸倉トンネルを超える。

1708wakasa_r

因幡街道は
鳥取側に入ると急坂の連続。

1708wakasa_s

でも
路面状態もよく道幅も広いので
二輪で駆けるにはなかなか楽しい道。



wakasa_map


峠を下って十数km。
かつて因幡街道の宿場町として栄えた若桜の集落に入る。

1708wakasa_a







若桜鉄道若狭駅。

1708wakasa_b

古い木造駅舎は
国の登録有形文化財にも指定されている。




駅舎の待合には
可愛い人形たちがお出迎え。

1708wakasa_d


この駅の構内には
当時運行していた蒸気機関車が今も残されている。

毎月第2第4日曜には、
構内でこの蒸気機関車のデモ走行見学が可能。

1708wakasa_c

この機関車
実は、蒸気で動くのではなく
圧縮空気で煙を出す仕様なんだとか。

それでも機関車マニアにとっては、たまらない企画なんだろなぁ。













700Xを押し歩きながら
若桜宿の古い町並みを散策。


1708wakasa_e

1708wakasa_f




狭い路地に入り込むと、ここが若桜宿蔵通り。

1708wakasa_g

1708wakasa_h

焼杉の板と白い塗り壁の大きな蔵がが立ち並ぶ。





1708wakasa_n


明治時代の大火で
町が焼き尽くされたこの町。

その際、
社寺を守るため
この通りには蔵以外の建物を建てることが禁じられたという。







狭い路地に
整然と並ぶ大きな蔵… なかなかの迫力ある風景。

1708wakasa_i








本通りに700Xを停めてみる。

1708wakasa_l

1708wakasa_o

格子戸の家。
趣のある静かな町並み。

こういう空間を歩くのちょっと楽しいと感じるこの頃。










町のあちらこちらで見つけることができる水路。
ゴミひとつないとてもきれいな流れ。

町の人たちが
水をとても大切にしているのがわかる。

1708wakasa_p







町のど真ん中を流れる八東川。
氷ノ山山系の
雪解け水を運ぶこの川の水もまた美しい。

1708wakasa_q

R29因幡街道を北へ(1) 音水湖のほとりにて

「あのぉ ち、ち、ちょっと休暇を…」
「ほぉ また法事か? 今年4回目だな(笑) で…今回は誰の?」

しまった…
法事ネタはすでに上司に読まれていた。

次回は
婚姻ネタを持ち出してみるか…。(/TДT)/










結局この夏は
長期休暇取得失敗。

四国四万十Touringも計画倒れに…(泣)



















1708onzui_a

それでも何とか1日。
自由な時間ができたので
久しぶりに因幡街道(国道29号)を走ってみることに。







姫路から北へ。
宍粟の市街地を抜けると風景はガラリと変わる。

1708onzui_i

1708onzui_j










自宅を出て2時間。
音水湖(引原ダム)のほとりにて、700Xのスタンドを立てる。

1708onzui_c



ここにダムが建設されたのは
いまから60年前。

やはりここでも
ダム建設に伴い移転を余儀なくされた村があったという。

引原村 住民400名。



ダムの水量が減ると
湖底から当時の村の痕跡が現れる。

ダムに沈んだふるさとを偲ぶ歌がレコード化され、
地元の自治体に今も残されているという。



バス釣りやカヌーで賑わう風光明媚な湖。
その周回路は
バイクでかけ抜けるにもごきげんな道なんだけど

そこにあった悲しい歴史… 
僕らは知っておくべきかもしれない。










1708onzui_d

1708onzui_f

1708onzui_e

1708onzui_g


一雨降った前夜をさかいに
空気が入れ替わったような爽やかな陽気。

入道雲が消えた空。


1708onzui_h

山の秋は
一足早くやってくる…。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
ご訪問ありがとうございます。
あと数km北上すれば鳥取都の県境。もう少し足を伸ばしてみようかな。




まっすぐにひたすら海に続く道 NC700X

****************************************************************
本記事
お詫びと訂正を追加しております。
****************************************************************

1708tatsusea_a

暇な時に
GoogleMapを眺めて時間を過ごすことが多い。


四国へはどのルートを取ろうかな…とか
その次は、どこ行こうかな…とか



そんなとき
ふと、面白そうな場所や道を見つけることがある。





この日、見つけたのが…ここ。

1708tatsusea_b


海に面した埋立地。
畑が見えるぞ。

で、まっすぐな道がぐるっと巡っている。





ストリートビューで確かめてみると…

1708tatsusea_c
 
おぉ~♪
なかなかいいじゃん、この道。

ガードレールや堤防がないのがいい。
開放感に溢れてる♪
しかも海に向かってまっすぐに伸びる道♪


で…
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・

来てしまった。(笑)


1708tatsusea_d


GoogleMapで見たそのまんま…

いや
天気もいいし
それ以上にめちゃ気持ちいいかも。



海に向けて
まっすぐにまっすぐに…伸びる道。



本当に
ガードレールも堤防もない。

開放感があって
こういう道ってとても好きなんだけど

もしもし落ちたら… Σヾ( ̄0 ̄;ノ



なんてことなるべく考えないようにして
ひたすら道を南下する。



1708tatsusea_f

どんどん走っても
まだまだ続く。

海に向かって、まだまだ進むぞぉ。










で…
たどり着いたのが ここ。


1708tatsusea_g

ここから先はバイクでは無理。(笑)







1708tatsusea_h

遥か彼方に見える灯台の下。
釣りを楽しむおじちゃんたち数名。



みんな
いい場所…知ってるんだなぁ。






【お詫びと訂正】
------------------------------------------------------------------------ 09.02 Shin
本記事で紹介させていただいた上記道路につきまして
一部、一般車通行止区間がありました。

途中までは通行可ですが
最後灯台までの約1km区間は
「堤防道路につき一般車の通行はご遠慮ください」との
国土交通省の立て札があります。

当日は全く気が付かず
後日、
知人の指摘を受けて確認をいたしました。



大変申し訳ございません。
謹んでお詫びと訂正をさせていただきます。















赤穂・夏・点描

二輪通行禁止区間を
2往復してしっかり楽しいだあとは…(笑)

赤穂の町を訪ねてみる。



赤穂といえば
赤穂浪士にちなんで
毎年年末に盛大に行われる義士祭が有名だけど

海がキラキラきれいな
夏の赤穂もまた好きだったりする。


1708ako_a




坂越の小さな漁港。

1708ako_b


古くから天然の良好として栄えた坂越の町。
江戸時代には
瀬戸内廻船業の拠点としてその名を馳せた。



大切に保存されている古い町並み。

1708ako_c

1708ako_d




夏の日差しに白壁が眩しい赤穂城址。

1708ako_e





最後は海を眺めに… 赤穂御崎へ。

1708ako_f

1708ako_g

1708ako_h


瀬戸内の多島美。
いつまで眺めていても飽きないこの風景。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
赤穂の塩にちなんだ塩味饅頭や塩ソフト、塩ラーメンも有名です♪









プロフィール

Shin

アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • FIT@ユーザ車検へ♪
    • さっそくK-5試写♪@古いカメラでもまだまだイケるかなっ♪
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード