Essay

週末はバーボンで

お気に入りのバーボン♪
ちびちび楽しみながら 



jb001b

土日、どこを走ろうか…
GoogleMapを眺めてみたり


これ、週末のお楽しみ♪



 

NC700X その燃費性能に思う

「燃費NO.1を目指す」

新型バイクの開発に当たって
HONDAの技術陣が掲げた目標のひとつがこれ。

新型バイクとは
もちろん…NC700Xのこと。



それもデータ上だけの燃費向上ではなく

ライダーが実際に給油して
「え?減ってるガソリンはこれだけ?」と驚くような…

そんな徹底した燃費性能を目指したという。
※環境ドキュメンタリー HONDA FACE episode02 より
              



世に登場してきたNC700Xは
まさにその狙い通り、驚くべき燃費のいいバイク。




np13a


四輪の省エネ技術に学び、
そのモデルとして
あのフィットの1300ccエンジンが取り上げられたという。



フィットのエンジンの半分…
なんていう言い方をするのは簡単だけど

でも、それを二輪用に開発しなおし
実際のエンジンとして完成させていく道のりは
並大抵のことではなかったと思う。


HONDAの技術力って本当にすごいと思う。




np13c



車の世界では
すっかり定着しているエコカーの発想。

どうしてバイクの世界には
それがなかったんだろう…。(とくに大排気量車)





もしかしたら
これからバイクの世界にも
こういうエコの発想が徐々に広がって

またちがった味わいのバイクが
どんどん登場してくるかも知れないな。

それってけっこう楽しみかも?











 

この猛暑、冷酒で乗り切ろう♪

この夏…
ちょっと冷酒にハマってる (* ̄∇ ̄*)




今夜のお供は…

北信流  特別本醸造生酒

信州小布施は松葉屋本店のお酒。

P1140225



生酒っていうからフルーティな口当たりかなと思いきや
なかなかきついお酒だったり

ラベルを見たら…アルコール度20°


おぉぉ なるほどぉ~

かなりぐっとくる深い味わい。




夏に冷酒♪ 

ん…
今年の猛暑はこれで乗り切れそぉっ σ(^_^;)



--------------------
信州小布施 松葉屋本店
http://www.matsubaya-honten.co.jp/





 

700Xのカスタム…する?しない?

ボクは
自分のバイクってほとんどいじらない。

マフラーやらウインカーやら
いろんなパーツ換えることに、あまり興味がない。







若い頃は、あれやこれや
カスタムにお金をつぎ込んだこともあった。

でも、いつ頃からか
やっぱ…ノーマルがいい♪  そう思い始めた。





だからここずっと…
CBのナナハンも、イチサンも、そしてBig1も

乗ってきた愛車は、どれも「どノーマル」



a1

新しい相棒…
この700Xも、やっぱり「どノーマル」で乗るつもり。







NCと言えばパニアが定番♪
HONDAも純正のパニアセットを用意している。

でも、ボクの700Xには、
たぶんケールやボックス類は取り付けないだろうな…。

かっこいいと思うし、700Xにはめちゃ似合うと思う。
フル装備の700X見ると、しぶいなぁ♪… と見入ってしまう。

でもでも…
お金もないし…
荷物満載Touringはどうも苦手だし…

重くなればなる分、
取り回しもきついし、すり抜けや小回りも厳しくなる。

燃費も落ちる…。









旅の荷物は最小限度!

これを貫くボクとしては
700Xのこのダミータンク下の収納スペースで、もう十分♪

これ、ホントにありがたい装備。


a2


現在は、
レインスーツとマップを入れて
まだこれだけ空いてるこの空間。

十分すぎる収納スペースだと思う。

あとは着替えを数枚とペットボトル入れたら
もぉ…即♪ ロングツーリングに旅立つことができる。ヾ(=^▽^=)ノ






a3


リアシートを開けば
給油口があるけれど、

実はこの奥のカウル下も
ちょっとした収納スペースに…。

ボクはここに、
工具セットと書類、あとウェスを詰め込んだ。






最後に…
ハンドルまわりに
12Vの電源ソケット、そしてナビホルダをセット。

a4


これで、Shinちゃん仕様の700Xが完成。(笑)


マフラーも換えない。
ケースも付けない。
ライトもノーマルのまんま。





カスタムにつぎ込むお金があったら
ボク的には
700Xのガソリン代とETC代に… 

それをつぎ込みたいぞぉ。(笑)


もっと遠くへ、もっと長い長い旅に…









 

700X ファーストインプレ

ボクは完全に…間違っていた。

003


この700Xに跨がって
数百mほど走り出して… それに気づいた。


もっさりした中途半端なバイク?
燃費いいなら、
多少鈍くさい走りでも、まぁいっかな?

なんてこと…考えてた。
乗る前は…

でもでも
この700Xのこと
なぁんにもわかっていなかった自分に気がつく。

かなり…恥ずかしいっっっ ヽ(TдT)ノ



■まずエンジン --------------------

ほとんど回さなくていい。
2000回転も回っていれば
街中をしっかり余裕で走れる。

発進も
アクセルあおらなくていい。
アイドリングからそのままつなげばスルスル走り出す。

で、早めのシフトアップ。
知らないうちに、ゲッと思う速度域まで…

タコメーターは
2000前後で躍ってるだけなのに 

この700X…かなり速いっっ


今日は高速道路も走ってみたけれど
80km/hで2500回転
100km/h巡航はぴったり3000回転

何かちょっと信じられない…。




■次に、乗り心地 --------------------

メチャ楽チン。
カラダのどこにもよけいな力を入れなくていい。

ごく自然体で跨がることができる。

今日はかなりの時間、走りっぱなしだったけど
お尻の痛みも皆無。



実は、オーナーのインプレの中に
お尻の痛みを訴える記述がたくさんあった…。

ボク的にもそれが一番気がかりだった。

でも、全然無用の心配だった。
700Xとボクのお尻…相性がいいんだろうか?




001





■そしてコーナーの走り --------------------

これも、CBと全然ちがう。
全く別物って感じの走り。

重心が低いと
これだけ安心してコーナーを回れるんだとあらためて実感する。

でも、ひらりひらり…という曲がり方じゃぁない。
どこいしょっっっていう感じかな?

コーナーを楽しむバイクじゃないんだろうけど

もう少し気持ちよくクリアするためには
まだまだ、慣れと研究?が必要かも?



004



■最後に燃費 --------------------

今日 初めて給油してみた。

185km 走行して
パネル内の燃料系はひと目盛り減っただけ。

給油したGasは…4.90L

185 ÷ 4.90 =

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 37.755…km/L


まぢかよぉぉ!!! ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!



リッター30走るって
いろんなインプレ読んだけど… 
いきなりこの数字って…


002



700Xって… 
いろんな意味で
なんか今までのバイクと全然ちがう乗り物…


乗るほどに
いろんな発見が まだまだ見つかりそう…












 

700X 納車♪

朝…10時の開店と同時にShopへ。

西明石藤江のウイングショップ「エース」
その昔、
ボクがナナハン乗ってたころからお世話になってるお店。(・∀・)




お店の前には
納車整備が完了したNC700X。

「朝イチで来ちゃいましたぁ(笑)」







いよいよ実車を前にして…

でもでも…
PGM-FI?? HISS…?
デジタルメーターの見方、操作法???

最新のバイク…わかんないことがいっぱい 汗)))))

書類の確認と車体の各部の仕様…
きちんと丁寧に説明して下さるメカ氏に大感謝♪










000



キーを受け取り、
さぁエンジン始動♪


000b

記念すべき?オドメーター「0」

003a




キュルキュル…ブォン
セル一発で目覚める700X



おぉぉ~ 感激っっ!

軽く静かなエンジン音。



跨がってサイドスタンドをはらう一連の動作が…
メチャ軽いっっっ!

よっこらしょ じゃなくて ほぃ♪ といった感じ。


クラッチ握ると…
これまたメチャ 軽いっっっ ってか軽すぎ! 

001


おそるおそるクラッチをつないで走り出す…。

アクセル開けずとも
ほとんどアイドリングから、するすると動き始める車体。

おぉ~ なかなかトルクがあるんだぁ♪


早めのシフトアップでつないでいくと
どんどんスピードが乗って加速していく。


気がつけば えっっ!と思う速度域に Σ( ̄ロ ̄|||)

ポジションも楽チン
アクセルにしっかり反応する元気なエンジン
嫌な振動やがたつきも皆無

これってなかなかいいじゃんっっ




今日は
ほんの数十km走っただけだけど

初乗りは、かなりの好印象♪

002


明日はちょっと遠出してみようかな~ ヾ(=^▽^=)ノ
 





--------------------------------------------------------------
ウイングショップ エース
http://www.wing-shop-ace.com/




こだわりを捨ててみたら…

本当によく笑うおっちゃんだった。

しかも話し好きで
次から次から話題を振ってくる。




道の駅で出会ったひとりのライダー。

いつもなら
こういうおっちゃんは適当にあいさつして
すぐ走り出してしまうんだけど

なぜか彼の話には
引き込まれるものがあった。

aaa



静岡ナンバーの…NC700X。

退職後
このバイクに乗り換えて
日本各地を気ままに回っているらしい。

どうりで、荷物満載&泥だらけ…


車歴を聞くと…
CBX(6気筒の…)、ゼファー1100、CB1300SF、GSX1400…

乗り継いできたのは、これまでリッターバイクばかり
そんなバイクで
全国あちこち回ったらしい。




「一番楽しかったバイクは…なんでしたか?」

何の気なしに尋ねたボクの問いに
彼はあっさりと…答えた。

「そりゃぁ このNCじゃがね」

「はぁ?…」



ccc



予想外の答えに戸惑うボクに
おっさんは話し続けた。

「バイクは気軽に乗れて、どこでも走れる…それが一番」
「もぉでかいバイクには、こだわらんでのぉ」
「旅の道具じゃろ?バイクなんて…」





道の駅の片隅で
小一時間ほど話し込んだだろうか…


彼と別れて走り出したけれど
さっきの言葉がずっと頭の中から離れなかった。










大きなバイクは確かに気持ちいい。
跨がる喜び、走らせる快感… 
これはもう最高の気分。

でもでも…
その「大きさ」がゆえに
旅の可能性が限定されることはなかっただろうか?



狭い道、Uターンの方法で悩み…
汗だくになって何度も切り返し…
砂利が浮いた道では足つきに苦心し…


見たい風景も、行きたい場所も
でかい図体ゆえに躊躇してしまう…




Big1を走らせていて
ボク自身が心のどこかで感じていたこと…

このおっさんがズバリ言い当ててしまったのかもしれない。







------------------------------------------

次の相棒…
NCがどれだけ旅の可能性を広げてくれるのか
それはまだわからない。


でも…
一度、こだわりを捨ててみたら…

もしかして
これまで見えなかった風景に出会えるのかも知れない。





今週末には…納車かなぁ



※画像はイメージです














 
 

次なる愛車は…

昨年の2月
NC700Xが発売された。



nc01a




ニューミッドコンセプト…

HONDAが掲げた看板が
当時、かなり注目を浴びていたけれど

でもボクは…
このモデルに全然関心がなかった。




それどころか…
発売直後に展示車を見に行ったあと

かなり批判的な印象を
当時のBlogに綴ったことを覚えている。

----------------------------------------------------------------
・樹脂パーツを多用したちょっとチープなつくり
・オフともオンとも見分けようのない中途半端なスタイル

・リアシート下の給油口? これまた不便極まりない…。
----------------------------------------------------------------


「何考えてんだ 最近のHONDAは…」

確かそんな文も書き連ねた覚えがある。




NC700X 

CBを降りることなんて考えてもなかったし
万に一つ、乗り換えを考えるとしても

絶対、このバイクは
ボクの候補には挙がらない…

ずっとずっと、そう思っていた。




ところが…


あれから1年…

そんなNCが
次なるボクの愛車になろうとしている。

nc01c

nc01b



なぜ
全く興味がなかったNC700Xを
次期愛車として選んだのか…




ボクを変えたのは
ある一つの旅先での出会いだった。



---------------------------------------------------------------- 続く





 

やっとあなたに会えた…本田宗一郎

今回の浜名湖Touring

その一番の目的は
実は…  この人に会いに行くことだった。

h001




「本田宗一郎ものづくり伝承館」


ついにここ…来たんだぁ… (* ̄∇ ̄*)


その玄関口にCBを停めたとき
胸にこみ上げてくる熱いものがあった…。



h002




本田宗一郎夢未来想造倶楽部というNPO法人が
管理運営をするこの「ものづくり伝承館」


小さな建物なんだけど
本田宗一郎氏が描き続けた夢が
ここにはぎっしりと詰め込まれている。


h003


やっぱ、ホントに凄い人だったんだなぁと
あらためて感激の連続…
 
たった一代で
世界に名を冠する「HONDA」を築き上げた大人物。


館内の展示に
時間を忘れて見入ってしまう自分がいた…。














伝承館前の広場でブルーシートを広げ
古いバイク?を修理しているおじさんがいる…。



よく見れば、これ…「カブF型」!!!Σヾ( ̄0 ̄;ノ

昭和27年に製造販売された
自転車に補助エンジンを取り付けたバイク。

cubf


写真では見たことがあるけれど…
実物を目の前で見たのは初めて。


思わず話しかけてしまった。

h004

「ほぉ 神戸からかぁ、遠かったじゃろ」

「これ…すごいですね F型カブ?」
「修理を頼まれてのぉ」

「えぇ? これ…現役なんっすか?驚っっっ!」

気さくなおじさん…話が弾む。



聞けば、このおじさん
伝承館の関係者でもなければ
バイク屋さんでもなく…

ただのボランティアのバイク好きのひとりだとか。

いつの間にか
この伝承館の広場に居着いてしまうようになったそうな。


なんか…いいよね

本田宗一郎氏のこの館の前で、
こんなおじさんが古いマシンをいじってる… この風景。



「よっしゃ」と… おじさん。

ペダルを一気に踏み込むと…
ブルブルブルルルゥゥ~ン


「わぉ!エンジンかかったぁぁぁ」
「まだまだいかん、本調子じゃないわ」







ものづくりにかけた宗一郎氏の熱い想いは
少しも色褪せることなく
今もたしかに、人々に胸の中に受け継がれている…。


あなたに会えて…

よかった。




HONDAのNew400 売れるのかなぁ

何気なく
HONDAのサイトを覗いてみたら

Newモデルの価格に目がとまった。


400X
CBR400R
CB400F



ぇ…?
新しく登場したHONDAの400って
けっこう…高いんだ?


001



なんか、HONDAさん
低価格化を推し進めていく…なんてこと言ってたんじゃなかったっけ?

そう言ってたのに…
この3台、けっこういい値段してるよなぁ

Kawasakiの400も60万円台だし
まぁ、仕方ないのかな



でも、よくよく見てみると…

あれぇ…NC700シリーズの方が、400より安いんだ?


002

NC700Sって…50万円台だったんだぁ 知らなかった…



現行車の新車価格なんて
絶版車乗りのボクにとって
あまり関心があることではないけれど…


それでも
こうやって比べてみるとちょっとびっくり。


排気量とその新車価格が
必ずしもつり合わなければならないわけではない。




でもなぁ…

CBR400Rや400Xを購入するなら
大型免許を取ってNC700買ったとしても…

かかる費用はほとんど変わらないじゃん?



004




こんな価格設定で、
ホントにHONDAのNew400は売れるのだろうか?

なぁんてよけいな心配をしてみたり…


ごく私的… ご当地ラーメンランキング♪

バイクで旅に出ると
ラーメンを食べる機会が多い。

とくに寒い季節なんか…
ラーメン屋の看板が目に入ると
ふらふらと立ち寄ってしまう。





でも、ラーメンっていいよね ヾ(=^▽^=)ノ

安いし、あったまるし、
何よりもカロリー高くて、疲れたカラダにエネルギー満タンって感じ♪


いろんな土地でいろんなラーメンを食べてきたけど
不思議とまずいラーメンには出会ったことがない。





そんな中でもお気に入りのラーメンがいくつかある。

その中から「ごく私的…ご当地ラーメンランキング」を♪



【第3位】徳島ラーメン 巽屋 --------------------

tokushima_r


四国Touringの帰路に立ち寄ったお店。

スープの色を見て味噌ラーメン?と思いきや
とんこつ風味の味付けでしつこさのないさっぱり風味。
麺は細めだけど
しっかりとした歯ごたえ&のどごし。

また、四国走るときは立ち寄りたい店の一つだなぁ。





【第2位】天理ラーメン 彩華 --------------------

天理ラーメンというより、
彩華ラーメンの方が名が通ってるかも?

saika_r


通の人に言わせれば、
味が変わってしまったらしい。
でも、僕ら素人ラーメン好きには
めちゃうま麺だと思うんだけど…

とにかくニンニクがきいたスープが絶品♪





【第1位】尾道ラーメン 朱華園 --------------------

ここ…1時間並んだ。
でも、それだけ待つ値打ちは…あるっっ!

マスコミで何度も取り上げられたこの朱華園のラーメン。
ホントに美味しい。

onomichi02_r



ボクが食べたときは
店中は、ほぼ満席状態で座席も相席…。

でも、知らない人同士で
「美味いっすねぇ」「おぉこの味、最高」
なぁんて話が弾んでしまう。

小魚でダシを取った醤油味と聞いていたから
あっさり風味なと思いきや…なかなかコクのあるスープ。










旅先で食べるラーメン店。

有名なラーメンはやっぱそれなりに美味しいけれど
時として名も知らぬ小さなお店で
これまた絶品の味に出会うこともあったりする。

それもまた、お気楽バイク旅の楽しみの一つなんだなぁ…。


にほんブログ村 バイクブログへ

ん~ VTRにハーフカウルかぁぁ…

HONDAのVTRに
ハーフカウルモデルが追加されたぞぉ♪




vtr-f


ぱっと見は…YAMAHAのTRX??
よく見ると、現行CBR250風とよく似たカウルデザイン…。



ん…正直言って
ボク的にはなんかしっくりこないなぁ >ハーフカウル




実はVTR…
HONDAの試乗会で跨がってから
ボクは、めちゃお気に入りの一台になってしまった。

vtr_run



軽い車体に、本当に気持ちよく回るVツインエンジン…。
町乗りからTouringまで、気軽に楽しめそうなバイク。

もし、セカンドバイクが許されるなら
ボクは絶対にVTRを選ぶと思う。
(実は何度も購入を企てたことがあったんだけど…泣)







そのVTRに…カウル仕様が必要なのかなぁ?
そりゃ確かに高速は楽チンかも知れないけど…
風圧に負けそうになるくらいぶっ飛ばすバイクでもないよなぁ。

かえってVTRの軽快なイメージが
スポイルされてしまわないかなぁ…なんて思ってみたり。





でも、最近ぐっと熱くなってきた250cc市場…
選択肢がこうやってどんどん増えてくるのはいいことなのかも…。


がんばれ♪ VTRっっっ
待ってろよぉぉ  いつか…乗るぞぉぉ!! (* ̄∇ ̄*)エヘヘ




今さらながらのWin7機

昨秋、買い換えた我が家のパソコンはWindows7。

Win8が登場したのに、今さらながらのWin7…(笑)



Win8が出た直後だったからかな
Win7機は、かなり安いお値段でゲットできてしまった…。



001


でも、
毎年めまぐるしい勢いで
どんどん登場するパソコンの新機種。

ホントにこんな高性能なマシンが必要なんだろうかと
思うことしきり…



ボクみたいに
ワープロで文書作ったり
インターネットを楽しんだり…
たまにエクセルでこそこそ表計算。

そんな使い方に、今のWindowsOSって贅沢すぎる気もする。


一昔前と比べると…
大量のメモリ積んで
ハードデスクの容量も桁違いの大きさ…

日常使いのPCとしては
あまりに過剰スペックな気がするのはボクだけだろうか?






そう思えば…
パソコンでお仕事するには
Windows2000あたりが、けっこう使いやすかったなぁ。



ってか…
つい最近まで、うちの職場…2000が主力機だったんだけど(笑)











いいバイクだよね SR生誕35周年♪

こんな記事に思わず目が!

ヤマハSR400、35周年を記念して特別仕様車登場

そっかぁ…
SRってもう登場から35年も経つんだ…。

 
実は、僕も元SR乗り♪
若い頃、400ccと500cc…2台のSRに乗った。

sr_005

sr_001


マフラー換えたり
セパハンにバックステップ…シングルシート
お約束のカスタムにも、かなりのお金をつぎ込んだなぁ。

でも、
いつの間にか、ノーマルSRに戻っていたりして…(笑)

カスタムの楽しさと同時に
ノーマルの良さも教えてくれたバイクだった。






35年間も、同じバイクを造り続けるって
これ、よく考えたらすごいことだと思う。

これだけユーザに支持され
そして、メーカーも造り続けていこうとする…

そんなバイクって他にあるのだろうか…
 

がんばれ SR♪
まだまだ走り続けて欲しいな…





なんで今さら…Big1なの?

「え?なんで…Big1なの?」


Big1に乗り換えた当時
まわりのバイク仲間が口をそろえてこう言った。

乗り換える前の愛車はCB13000SF(SC40)。

kb2005fr_111


イチサン(SC40)からBig1(SC30)へ。

はっきり言って、旧型への乗り換え…
これって、進化に逆行してるじゃん?
自分でもそう思う。笑


何で? と聞かれても、
なんか、うまくは説明できない。


でかいCBに憧れて、
当時、手にしたイチサンは5万km走った。
1300のCBは、ホントに文句なし…乗りやすいバイクだった。

次のCBへ乗り換えを考えるなら
SC54…現行の1300SFを選ぶのが当然の流れなんだろなぁ。




でも、僕はSC30を選んだ…。

08


イチサンからCB1000SFへ…
これって実は、僕にとっては自然な流れ。

それは
僕の中にはずっと、
あの1991年の東京モーターショー以来
抱き続けた憧れがあったから。

03


イチサンで、
大排気量CBの楽しさ、おもしろさを存分に教えてもらった。

じゃ、その次は…
ずっと憧れていたあのCBに乗りたい。
あのCBを走らせてみたい。

それがBig1…SC30だった。






さぁ Big1を手に入れるぞぉ!
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

でも
僕の欲しいBig1は
なかなか手に入れることができなかった…。



次回 Big1入手顛末記へ続く。





1.17 あれから18年 今思いは東北へ

1.17 阪神大震災
あれから18年…
 
神戸の町を元気づけてくれたこの歌
歌い継がれて東北へ…


 


東北のみなさん

「復興なんて本当にできるのか…」
18年前の私たちも、そんなどん底の思いでした。



でも、
たくさんの方々に支えられ、励まされ
一歩ずつ一歩ずつ、
ここまで歩んでくることができました。



失ったモノは二度と取り戻すことはできません。
でも、大切なことは
常に前を向いて歩いていきたい…ということ。

明日は必ずやってきます。
暗い夜も、必ず明けます。


18年前、支えてもらったぼくたち…。
今、その思いを東北へ

バイクって気持ちいいでしょう?

「バイクって気持ちいいでしょう? いいストレス解消になるだろなぁ」

バイクに乗らない人からよく言われるひとこと。





そっかぁ、バイク=ストレス解消
そんな図式で、僕ら単車乗りのこと見る人もいるんだぁ…。


でも、それってちょっと違う気がする。
少なくとも僕は、
ストレス解消の手段としては、バイクを選ばない。

むしろストレス抱えてむしゃくしゃするときは
逆に、バイクには乗らないでおこうとも思う。


IMG_1418


せっかく出会えたこんなすばらしい乗り物。
ストレス抱えて走らせたって、何にも楽しくはない。


コイツに跨がるときは、
やっぱり最高の気分で、最高の時間を過ごしたい。

IMG_1632


バイクが好きなのはもちろん…

でも、それだけじゃなく
バイクに乗る自分自身のことを…
もっと好きになってみてもいいかも知れない。







プロフィール

Shin

アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • 700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚
    • 700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚
    • 700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚
    • 700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚
    • 700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚
    • 700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚
    • 700Xツーリング@にわか鉄ちゃんになる?!
    • 700Xツーリング@にわか鉄ちゃんになる?!
    • 700Xツーリング@にわか鉄ちゃんになる?!
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード