Scene

海を見ていた午後 NC700X

梅雨の中休み。
久しぶりに見る青空。


仕事も中休み。


こういう日こそ
しっかりと楽しまなきゃなぁ。







700Xを駆り出して
海峡の公園へやってきた。

1606s001

1606s002

1606s003

眩しい砂浜。

もう日射しは
夏のそれ…なんだけどなぁ。


1606s004

1606s005









海辺を走らていると
ふと思い出した…こんな曲。






70年代の曲なのに
今でも口ずさめるのが…とっても不思議(笑)








 

海辺の神社にて 紫陽花の丘を歩く Cub50

海峡を望む
海辺の神社にやってきた。

1606ajs_a

1606ajs_b

明石 住吉神社。

この時期、
色鮮やかな紫陽花たちが迎えてくれる。


1606ajs_c

1606ajs_d

境内一面に
ところせましと咲き誇る紫陽花たち。

その数なんと、2,500株だとか。


1606ajs_e

1606ajs_f

1606ajs_g

1606ajs_h

梅雨の晴れ間。

海の見える丘に
Cubを停めて....


通勤帰路の
ちょっとのつもりのより道が
気がつけばしっかりと和んでしまっていた…(笑)






 

島根半島Touring 旅のスナップ NC700X

2016 初夏

島根半島Touring 旅の風景。






1605stsn001

無料高速 鳥取道を北上。

通行量も少なくて
本当に気持ちのいい道。

この道路のおかげで日本海がぐんと近くなった。


1605stsn002

鳥取県内R9から山陰道無料区間へ。

大山が目の前に見えてくる。

















無料高速を乗り継いで
米子南ICにて一般道へ。

松本油店米子南給油所にて小休止。

1605stsn003


このスタンド…
無料の珈琲サービスやお菓子類も置かれていて
ゆったりとくつろげる。

1605stsn006

なぜかバイク雑誌も置かれていて
ついつい読みあさってしまった。

1605stsn005

 

















島根半島 境港に来たら
お約束の....「ベタ踏み坂」こと江島大橋。

1605stsn007
 

この坂...

望遠で引いて撮るからすごい急な坂道に見えるけど

前のレポにも書いた通り
ふつうに撮ったらこんな感じ(笑)

1605bthm
 



 













島根半島最北端の多古鼻へ。

1605stsn008
 
1605stsn009
 
1605stsn010
 
1605tkhn001

こういう海を眺めてみると
地球が丸いっていうのが本当によくわかってくる。
















北浦海岸にて。

ここでも
吸い込まれるようなエメラルドグリーンの海に魅了される。

1605stsn011

1605stsn012

岩場で泳いでる子を見っけ。
まだ....5月だよね?(笑) 



 






お宿はヤングイン松江。

1605stsn017


屋根付き駐輪場を提供してもらえた。

1605stsn018

マスターがとても気さくな方。
夜は、1Fがバーになるちょっと変わったお宿。

素泊まり1泊2,600円。

yn1605m

広い部屋で、
ゆったりとくつろげるのがうれしい。












松江の夜。

町に繰り出して
小さなラーメン屋の暖簾をくぐる。

1605stsn014

1605stsn015

でも
おめあてはラーメンではなく
このお店特製の茹で餃子。


ピリ辛タレの味もさることながら
たっぷりかかったネギとのコラボがなかなかの美味。


1605stsn016

松江の麺処 トタン屋。

次は、
しじみラーメンを食べて見なきゃ~♪





----------------------------------------------------------------
島根半島Touring 700X 燃費データ

往路 251.7km 37.3Km/L
復路 382.0km 35.5Km/L


----------------------------------------------------------------
ヤングイン 松江
http://younginn.net/

----------------------------------------------------------------
トタン屋(食べログ)
http://tabelog.com/shimane/A3201/A320101/32003297/












 

町が真っ赤に染まる… 宍道湖 絶景の夕焼け

松江市内の宿に
700Xを乗り入れたのは夕刻…17時過ぎ。

よし♪
宍道湖のら落日に間に合うぞ! 


Canonを片手に松江の町へ。
行き先は県立美術館。

1605snj_a

ここ…
宍道湖の夕焼けの絶景ポイント。


1605snj_b

もう何人もの人たちが
芝生広場に集まり始めている。





1605snj_c

湖上にも
夕焼けを待ちわびる人たちが…。









さぁ
町が次第に赤色に染まり
いよいよ夕焼けのショーが始まる。


1605snj_d

 


1605snj_e
 
1605snj_g
 
1605snj_f
 



ん~っっっっ
まさにこれ… 心洗われる一瞬。








 

ガソリン価格がどんどん上がるぞぉ

いつの間にか

ガソリン価格…110円台になってるぞ。 

1605gkkk01


上がってきたなぁと思いつつ…


でも
思い出してみれば

150円、160円台っていう時もあったんだよね?(笑)






 

いつ見てもすごいっっ♪ 須磨水族園のイルカショー

久しぶりに
須磨水族園にやってきた。

ss1604_a
 

水族園なんて子どもの遊び場?
なぁんて思ってたけど

最近ではデートスポットとしても
なかなかの人気らしい。

ま、僕らには関係のない話だけど…







須磨水族園の目玉と言えば…これ!

ss1604_b


迫力満載のイルカショー。


登場してくれたのは
いつもの6頭。

ジーナ
クー
マミー
ラヴ
ガル
カイリ

有名なので名前だけは知っている。(区別つかないけど…笑)



ss1604_c

ss1604_d

ss1604_e

ここのイルか君たち
ほんとうに賢い。

そして、
どのイルか君も
可愛い愛嬌を惜しげなく振りまいてくれる。



ss1604_f

ss1604_g


人間とイルカがこれだけ一体になって
コミュニケーション取りながら
様々なショーを見せてくれる…。


子どもの頃は
こういうショーを見ても
ただただはしゃいでいただけだったけれど

大人になってから
こういうショーを目の当たりにすると
生き物たちとショーアップするアトラクションのすごさにあらためて気がつく。




トレーナーさんたちの努力さもさることながら
やっぱりここのイルカ君たちはすごいと思う。

いつまでも元気ががんばってほしいぞっっ♪



 
 

そんな切ない目で見ないでくれ…

頼むから…

1604hyk002
 
そんな切ない悲しそうな目で

見ないでくれっっっ
 


1604hyk001

そんな目で見つめられたら
なかなか食べれないじゃないか(泣)







 

700Xと過ごす至福の時間

行き先をまったく決めずに
何となく走り出してしまう

そんなTouringにも
700Xは機嫌良く付き合ってくれる、


1604tk001


こういう日は
幹線道路はなるべく避けて走りたい。


そう…こんな感じで
わざと? 脇道にそれてみたり。






川縁に咲く
見事な芝桜を見つけた。

1604tk002

1604tk003


なんかすっごく得した気分(笑)












山中にルートをとると
まだ満開で咲き誇る桜も、あちらにちらに。

1604tk004















湧き水公園にて、ひと休み。

1604tk006

1604tk005

1604tk007


山の中の湧き水って
ほんとに冷たくて美味しい。









のどを潤したら
また700Xに跨がって、ゆっくりと走り出す。






川沿いの道を下っていくと
バイクで降りることができる河川敷を見っけ。

1604tk009


マップにも
案内板にも載っていないこんな場所。

1604tk008


芝生の上に寝転がって
皮の音を聞きながら、ちょっとウトウトと。



ん~
こんな気分最高の場所。
だれにも教えてくないぞぉ… なんて(笑)











行くあてもなく走り出した一日が
ご機嫌なTouringになってしまった。




今度は
新緑の季節に…ここを訪ねてみようかな。



 

嵐が去った海辺の町はもう夏模様

まるで台風のような
土砂降りの雨と暴風の一夜が明けて…

ドピーカンの青空が広がる






1604trm_01


出先の用事を済ませた帰路。


そのまま帰るのももったいなくて
ちょっと漁港に寄り道。

 
1604trm_02

1604trm_06

もう夏?
そう思わせるくらい眩しい日射し。

南から吹き付ける風には
たっぷりと潮の香が…。


1604trm_04

1604trm_03



海峡の町に海の匂いが届き始めると
これ…もう夏の到来。

まだ4月なのに(笑)



1604trm_05



海が賑わう季節が
また今年もやってくるぞ。


ウインタージャネットも
もう、片付けないといけないなぁ。










 


 

桜撮影穴場スポットへ SuperCubでGO♪

桜の季節。

満開の桜の下で
愛車の写真をじっくりと撮りたい。



1604c_che000

1604c_che001





でも
桜の名所といわれるところは
人でいっぱい。

宴会があちこちで開かれてたり…

桜祭り…なんて名のつく場所では
車や二輪車の出入りも規制されているところも多い。
 




ところが… あるのだ♪




桜が満開なのに…

人がほとんどいない。
車もいない。

じっくりと、愛車と桜を撮影できる場所♪

 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・

そこは…  墓園

1604c_che002



お墓には、
なぜか桜がたくさん植えられている。

そして
彼岸も過ぎたこの時期…
お墓には人も車もほとんどなし。

まさか
墓園でブルーシート広げて
酒飲みながら宴会してる団体なんてまずいない。(笑)




この墓園こそ
桜と愛車の写真がじっくりと撮影できる場所。









今年も近所の墓園まで
カメラ片手にCubを走らせた。

1604c_che003


あちらこちらに満開の桜の木々。
でも
ほんと人影まばら。



1604c_che005

1604c_che004

いろんな場所で
遠慮なくバイク停めて、シャッターが切れる。

1604c_che006

1604c_che007




今年もたっぷりと楽しめた墓園公園の桜。


でも…ここ
夜桜だけは、ちょっとお勧めできないかも… Σヾ( ̄0 ̄;ノ













 

サクラサク 明石公園 春の彩り

年度末
山積みの仕事が片付くのを待ちかねたように

サクラサクの花便りが届く。








K-30を片手に
今日は明石公園へ。



1604_a

1604_b


満開の一歩手前
七分、八分の開花かな。





それでも
公園内にはたくさんの人通り。

1604_c

1604_g

1604_d

1604_e


いよいよ春…本番だなぁ♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚


1604_f







桜♪ 咲いたぞっっ

カブでふと通りがかった公園で....

なんとがもう満開? 

1603cr01
 

1603cr02
 

早咲きの桜なのかな?

でも
こんなに早く咲くなんて
ちょっとびっくり.... 

しかもこんな一度に? w(゚o゚)w オオー!


1603cr03

1603cr04


なんかワクワクしてきたぞぉ~(笑)














 

カブでお散歩 

ポッカちろ時間が空いた午後。

カブを引っ張り出してきて
エンジンをかけてみる。








1503c001


曇天だけど暖かい。
いつも通勤路ばかり走ってるカブに
今日はちょっとちがう景色を見せてやろうかな。








河原の河川敷の公園へ。

1503c002

1503c003

釣り竿や網をもつ子も
この頃はホントに見かけなくなってしまった。

なんだかちょっとさみしい河原の風景。



1503c005









少し走って
丘の上の神社へ。

1503c006

1503c007

境内の桜のつぼみ。

1503c008

 
だいぶん膨らんできてるよね。

もうあと
1週間ほどかな....。




 

津山 旧街道の町並みを歩く

かつて
因幡街道の重要な中継地として栄えたこの津山の地。




1603tym_a





城跡の東には
当時の風情を今に残す古い町並みが広がっている。

1603tym_b
 
1603tym_d

1603tym_c






青空に映える白壁群。

1603tym_e

 



この城東地区は
映画寅さんのロケ地にもなった。
 
1603tym_g
 

 



700Xを停めているこの道を
当時はどんな人たちが歩いていたんだろう。


1603tym_j



いろんな人たちが
いろんな出で立ちで、いろんな思いを抱いて

ここにあるこのみちを通ったんだろうなって



古い町並みを訪ねるたびにふと思ってみたり…







 

梅の香漂う柿本神社へ カブ50

桜の満開は華やか、
そして、賑やかなんだけど


梅の満開ってどぉなんだろ?



なんか桜とちがって
申し訳なさそうにひっそりと咲きそろう…

でも
梅のそんな奥ゆかしさがちょっと好きだったりする。













柿本神社の梅が満開との報を聞いて
カブを走らせる。

02km004

02km008

02km003

02km009

ちょっと…盛りすぎてたかな?

でも
なかなかいい感じ♪









この神社

万葉歌人 柿本歌麿ゆかりのお社。



02km002










学問の神様としても有名な神社…
絵馬もいっぱい? かと思いきや?




02km006
 
02km005




昔は、合格祈願の絵馬が
もっともっと鈴なりになってたと思うんだけど?


いまどき
神頼みはあまり流行らないのかなぁ…。



で…
結果はどうだったんだろ
御利益はあったのかなぁ .。゚+.(・∀・)゚+.゚







 

春だったね 加古川大堰 NC700X

年度末に入り
目も眩むほどに山積した仕事。




バイクに乗れない日が2週間も続くと
末期を迎えた禁断症状。

これ以上、もう限界だなぁって
そう決めると、行動は素早い(笑)

仕事はほっぽり出して
700Xで走り出すっっっっっ。











行き先も決めずに
開け続けた700Xのアクセル。


気がつけば、加古川の堤防沿いの道。


0216kriv001


0216kriv000

川面を渡る風が気持ちいい~。


こんな道を走っていると思い出すのが
吉田拓郎の「春だったね」♪





なぜか昔の曲って
今でもふつうに口ずさめるのが不思議....。

最近の曲なんて何度聴いても歌詞を覚えられないのに(笑)
















0216kriv002

加古川大堰。

0216kriv003



加古川の中流に設けられた
治水と農工業用水確保のための堰。
総貯水量196万t。





その昔
こんな大きなダムみたいな施設がど~んとできあがったとき
すごく違和感を感じたのを覚えているけれど…

30年もたつと
もう、これが
ふつうの加古川の風景に思えてきてしまう。


0216kriv004

0216kriv005

堰の両サイドには
魚くんたちが遡上できるように階段状の魚道を確保。

これから夏にかけて
鮎の稚魚がここを登っていくらしい。








加古川沿いに河口まで。

0216kriv006

0216kriv007



こういう空模様
花曇りっていうのかな?

寒さがかなり緩んだ季候はうれしいんだけど
これからは
花粉との戦いが始まるんだよなぁ(泣)









 

海が眩しいぞぉっっっ♪

ご機嫌なお天気♪




こんな日は海へ繰り出さなきゃ~ .。゚+.(・∀・)゚+.゚
 

1602akc_01

1602akc_02

本当に海が眩しい。 

さぁ、これから春を迎えるぞっていう
今のこの時期の海がとても好きだったりする。




1602akc_05

1602akc_00








キラキラ光る海を見てるだけで
なんだかとてもわくわくしてくるから…不思議。



1602akc_03
 

少しずつだけど
確かに季節が動き始めている。





さぁ、
今年も
 
ツーリングシーズンの幕開けに向けて
しっかり準備を始めなきゃ♪





 

とってもバレンタインな夜

今年も
またやってきた。

年に一度
我が家の食卓に
チョコの美味しい香りが漂う夜。


160214a
 
 160214b

大好物のウイスキーボンボンに始まり゛



160214c
 
こんなチョコやあんなチョコ♪

160214d
 
160214f
 
160214g
 

「チョコってこの香りがいいんだよなぁ」

「じゃ、あなたは匂いだけかいでてね」と…家人たちの言葉。


(; ̄Д ̄)  う゛~っっっっっ 





 

梅の香漂う…須磨綱敷天満宮

梅の開花情報を聞きつけて
須磨の天神さんの名で親しまれている

綱敷天満宮


1602_tnum07


1602_tnum02








でも、この時期に
もうこんなに梅が咲いているって…  

ちょっとびっくり。

1602_tnum03


半月ほど
はやいペースの開花じゃないんだろうか。






このシーズンは
合格祈願の絵馬がいっぱい。


1602_tnum05

1602_tnum04

御利益あるといいね♪

1602_tnum06

1602_tnum01










梅の花だよりが
あちこちから届き始めると

もう「春」は、そこまできてるんだよなぁ♪



1602_tnum08








歴代愛車を同じ場所で撮影していた

歴代愛車。
まったく同じ場所でシャッターを切っていた。



ibo442 _a

CB1300SF 10年前。





ibo442_b

CB1000SF 5年前







ibo442_c

そして、NC700X つい先日。





スケールでかくて
なかなか気持ちのいい道。



お気に入りの場所。
たつの市揖保川町県道442号。








 

浜松航空自衛隊広報館 エアパークへ♪

浜松での
仕事を終えたあとはフリータイム。

真っ先に訪ねたのはここ♪

1601ep_001

航空自衛隊広報館、エアパーク


1601ep_002

入り口に鎮座するジェット戦闘機。
間近で見るとすっごぃ迫力!


1601ep_003

1601ep_004

なかなか充実した館内展示。

さすがは航空自衛隊。
めちゃ力入ってるよなぁ。


1601ep_005

F1戦闘機のカットモデル。

1601ep_006

飛行機好きにはたまんない展示だろうなぁ。





展示格納庫へ。

1601ep_007

ここもまたすごい展示がてんこ盛り。

1601ep_0012

1601ep_009


1601ep_013

1987年まで現役だった三菱重工のF1支援戦闘機。

1601ep_008

なんと コックピットに着座することができる。



1601ep_011
 
ロッキード社の戦闘機F104J。

このコックピットに座らせてもらって操縦桿を握ってみたけど
目の前の計器類にびびってしまう。

一体どの計器の何を見ればいいのか…

1601ep_010







館内案内は制服に身を包んだ隊員さん。
男性も女性もぴりっとしてる。

でも
終始笑顔で、
何を聞いても気持ちよく説明をしてくれる。








1601ep_014


展示資料の豊富さもさることながら
好感度MAXの隊員さんたちの対応にも感激♪


また来たくなった…
そんな航空自衛隊資料館。











 

いつもなら30分なのに…

ちょっとカゼ気味だったので
今日はFIT君で出勤。


朝は
快適な夜明け前のドライブを楽しめたんだけど…



帰宅路は… Σヾ( ̄0 ̄;ノ


 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


F1000605


職場出てすぐの旧国道。



そして
自宅まであと数kmの市街地にて…

F1000604

 

帰路にまるまる1時間…


ふだん何気なくすり抜けしている道。

四輪に乗ってると、
渋滞路…ただただノロノロを耐えるのみ。

こりゃ辛いわぁ (泣)




やっぱり明日は
カブ号の出動だなぁ…




 

ちょっと遅めの…新年会

毎年恒例の
我が家の新年会。

家族でそろって
いつもの小料理屋へと繰り出す。


1601sn_a
 



いきなり…久保田を注文。


1601sn_b

新潟 朝日酒造の銘酒 久保田。

店によっては
目が飛び出るような値をつけるところがあるけど

ここは、手頃な価格設定…嬉しい限り。




1601sn_g


口当たりのいいフルーティな味。
淡麗辛口なので女性にもけっこう人気とか。





あては…まずハマチの刺身。

1601sn_d



続いて、エイひれ焼きながら…

1601sn_e



そして、
白子の天ぷらが出てくる頃にはほろ酔い気分に。


1601sn_f
 

シメは、定番の山芋とろろ飯。

1601sn_h
 



さ♪
今年も家内安全、無病息災。

1年、しっかりがんばろっと♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚





 

愛車を撮る 試行錯誤の巻 

冬晴れの休日。
きれいな青空が広がった。

よぉし♪ 愛車と走り出すぞぉ…って
それもいいんだけど

こんな日は、
たっぷり時間をかけながら
愛車の撮影を愉しんでみるのも「有り」かも知れない。



でも
ロケーションがよくて
人も少なくて
落ち着いて撮影を楽しめる

そんな場所って意外と少ない。


休日のミナトなんて
人も少ないし、
意外と雰囲気のあるロケーションに出会えたりするんだけど。


1601php_t000

今日、
700Xを駆り出したのは
三木にある防災公園。

だだっ広い公園。
サッカーや陸上競技のグランドもあったりするけれど
意外と人も少なく、ロケーションも最高。

最近のお気に入りのエリアのひとつ。










撮影ポイントを決めたら
モデルにポーズを取ってもらい撮影開始(笑)





まずは
アングルを変えながら撮影してみる。

1601pho_t001

左:ふつうの目線から  右:少しローアングルで

ちょっとバイクの印象が変わってくる。
低い目線から撮影する方が
マシンの力強さ?が強調されるような感じに。








次は
ローアングルと、ハイアングル。

1601pho_t002a

1601pho_t002b

同じ場所から撮った700Xなのに
かなりその印象は異なっている。







公園内の周回道路にて。

これも、
ローアングルとハイアングルでの撮影。

1601pho_t003a
 
1601pho_t003b
 
ローアングルは空の印象が強いのに対して
ハイアングルは道のコーナーが強調されている。







競技場前にて。
 
1601pho_t004a
 
1601pho_t004b
 
空を印象づけるローアングルと
競技場前の広場を強調するハイアングル。









同じ愛車を撮影しても
カメラの立ち位置でかなり印象のちがう絵になる。

写真って面白いなぁ…って、あらためて気づかされる。











ちょっと面白いカタチをしたベンチを見つける。

1601pho_t005a

1601pho_t005b

700Xを全面に…撮った一枚と
建物を全景に入れた一枚。

まったく同じ場所、同じバイクを撮っているのに
写真から受ける印象ってかなり異なる。





やっぱり面白いと思う…写真って

あまりツーリングの距離を稼げない冬は
カメラ片手に愛車を走らせ
撮影テクの修行に勤しんでみるのもいいかもしれないなぁ。










 

寒風切り裂き、走れカブ号♪

寒気団が居座っている。

これまで
異様な暖かさが続いただけに
急な冷え込みはかなりこたえる… (; ̄Д ̄)


でも
それでもやっぱり走らなきゃなぁ

道が凍結しない限り、バイクには跨がっていたい。





「冬眠」なんて言葉は、ぼくらの辞書にはない…。

なんてこと言いたいけど、いつまでがんばれるかなぁ Σ(´д`;)










陽が落ちると
急に冷え込む通勤帰路。

今夜もカブで一気に駆け抜ける。


1601c_bk002

1601c_bk001

 



まっすぐ帰るつもりだったけど


こんな看板に
ついつい引き寄せられてしまったり…

1601c_bk003



 





気軽に寄り道できてしまうのもまた
カブ乗りならでは…かも。




1601c_bk004



雨の日も風の日も…
そして極寒の中も、
健気に走り続けるカブ君には大感謝。


今年の冬も
この調子なら乗り切れそうかも? 











 

最近ハマってます♪ 芋焼酎っっ

お酒は…
ビール派? 日本酒派?

それとも???







そう…最近ハマってるのが 焼酎 ♪



なかでも…っっ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚







今は
このさつま白波にぞっこん。



1601sr_a


25度バージョンの白波。(o^∇^o)ノ


1601sr_b







氷を入れたグラスに
ぐびぐびとついで

ゆっくり時間をかけて
ロックでちびちびと。


1601sr_c



ひと仕事終えたあとの
ささやかな幸せの時間なり。




 

仕事始めの朝だけど…ちょっと寄り道を Cub50

年末年始…
しっかり休めたのはいいんだけど

休みぼけで、仕事始めがちょっと辛かったり。



まぁ、
休み明けの「仕事生きたくない病」は
毎度のことなんだけど… Σ(´д`;)




 







日が昇り始めてきた。

1601cf_001
 

きれいな朝日に出会ってしまうと
このまま仕事場行くのが、なんだかもったいなくなってくる。



幹線道路を外れて
海沿いの道へ。





1601cf_003
 
1601cf_004
 

のんびり寄り道なんてしてると
あっという間に時間が過ぎていってしまってる… 

初日からヤバイじゃんっっっっ  汗))))))))








急いでスタンドに立ち寄って
職場までまっしぐらっっ。

1601cf_002




カブ君
今年もまた、こき使うけど
がんばってくれよなぁ .。゚+.(・∀・)゚+.゚






 

とってもお正月な一日

とても1月とは思えない
暖かな陽気に誘われて近所の神社へ。

160101_m01
 
160101_m02
 
暖かいと
やっぱり人手は多いんだなぁ。

いつもはうら寂しいこの小さなお社に
これだけたくさんの人が… ちょっと驚き。

160101_m03




160101_m05



お参りを済ませた後に引いたおみくじ。

160101_m07

ここ数年「大吉」なんて引いたことがないぞっっ

本当に
おみくじの中に「大吉」入ってるのかぁ? なんてことをつぶやいてると

隣のおばさんから 「やったぁ♪ 大吉だ」…なんて声が Σ( ̄ロ ̄|||)












でも、
お正月はやっぱり家が落ち着くよなぁ。






160101_m10


未から申へ
干支の引き継ぎ式を終えて…(笑)




お待ちかねの、お雑煮タイム♪

160101_m08

160101_m09

 
やっぱり、これ♪


みんな元気で
温かい雑煮を食べながら食卓を囲む。

今年のスタートも
また、こんな小さな幸せの時間から…












 

海峡の夜明け


16newyear_a








----------------------------------------------------------------

今年も恒例…

元旦の朝は、
初日の出を拝みに
カブで海峡の海岸に繰り出す。


150101_a

夜明け前。
日の出を静かに待つ海峡。
 ・
 ・
 ・
 ・



と、言いたいところだけど…

150101_b

海岸には
日の出を拝みにやってきた人、


やっぱり今年も賑わってる(笑)

150101_c














7時12分…
ゆっくりと東の空が朱く染まり始める。


150101_d






そして、7時15分…。

150101_e

2016年、
最初の太陽が昇り始める。









150101_f


海峡の夜明け。

空に
ゆっくりと光が放たれていく。

いいなぁ… この感じ。



150101_g




今年もいいこと…いっぱいありますように♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚





----------------------------------------------------------------
「700Xで走りだそう」  http://studio3264.doorblog.jp/
 
本年もどうぞよろしくお願いします。


 


 

我が家のクリスマスは…

我が家のクリスマス。








頂き物のシュトーレンとお猿さんのパン。

x15ca_1
 



そして、自家製チーズケーキ。 


x15ca_2




x15ca_3
 
x15ca_4
 
x15ca_5
 

慎ましやかに…

でも、とってもとっても美味しい…夜。





 

海峡夕景

冬の夕焼けって
独特の美しさがある…と思う。


1512ksst_b



こういう夕景に出会うと
それだけで、
とても幸せな気分になれる。

 





通勤帰路。

今日も
綺麗な夕景に出会えた。




1512ksst_a

 
あたり一面
みるみるうちにオレンジ色に染まっていく。



1512ksst_c
 
1512ksst_d

 
日の入りは、16時50分。


寒さも忘れて見入ってしまったぞ~ .。゚+.(・∀・)゚+.゚




 

赤穂 美味いもんめぐり(3) 赤穂 真のB級グルメ?ねぎコロ

赤穂って
塩ラーメンとか塩アイスとか言われてるけど
地元では「ねぎコロ」がご当地グルメなんだけどなぁ 



これまた
赤穂に住む友人の弁。


は? ねぎコロ









初めて聞くそれに興味津々。

さっそくねぎコロをネットで検索。

ヒットしたお店…菊月さんを訪ねてみる。



kg_ngkr_1

 
250号線。
赤穂市内を抜けて
塩屋の交差点を抜けたあたりで、小さな路地へ左折。

こぢんまりした小さなお店。







さっそく席について
鉄板に向かい
「ねぎコロ下さい」と注文すると…




kg_ngkr_8


一人で黙々と鉄板に向き合っている
ちょっと無愛想っぽい?おじいさん…。


「あいよ」

慣れた手つきで、いきなり焼き始めた。


kg_ngkr_2

まず、生地を伸ばし
その上にキャベツをたんまりと…


kg_ngkr_3

そして、
大量のねぎが盛りつけられ
その上に、これまた山盛りのスジ肉が…



kg_ngkr_4
 

ふつうのお好み焼きを
ひと回り小さくしたくらいの大きさ。


kg_ngkr_5
 

でも
食感はまったくお好み焼きとは別物。

高砂の肉てんとも…またこれ、ちがう。


kg_ngkr_6
 
ソースかと思いきや…
醤油をかけて食べるそうな。


kg_ngkr_7

スジ肉が…めちゃいっぱい♪
これには感激っっっ! 

あ゛~ ビールが欲しいっっっ ノ( ̄0 ̄;)\





この菊月さん。
こんな狭い路地にぽつんとあるお店。


kg_ngkr_9


小さな看板を見逃さないように…要注意♪







--------------------
お好み焼き 菊月
http://tabelog.com/hyogo/A2805/A280502/28018663/

 


 

海峡とソフトクリーム

突然…
ホントに突然なんだけど


無性に、これが食べたくなるときがある。


F1000591



寒風が吹きすさぶ海峡を眺めながら
なんで、こんなもん喰ってんだろと思いつつ…


もうちょっとカブを走らせてみる。




IMG_1375


みるみるうちに陽が落ちて


IMG_1428


この時季の夕焼けは…ホントに短い。



もう
冬至が近いんだなぁ






 

赤穂塩の国にて 塩田見学

赤穂と言えば…

aken_000

天然のあら塩だけど
にがり成分を多く含み
安価で美味しいという評判の赤穂塩。

最近では、
美容にこの塩を使うのも流行っているとか。









赤穂の浜で製塩が始まったのは8世紀。
かなり古い歴史を持つ、赤穂の塩作り。







その塩田が
赤穂海浜公園の中に復元されている。

aken_002

aken_003

aken_010














公園に足を踏み入れて
まず目を引くのが、このだだっ広い砂を敷き詰めた塩田。

aken_001

入浜式塩田とよばれ
砂浜に導いた海水を蒸発させながら、
その塩分濃度を高めていく。

瀬戸内の遠浅の海岸で古くから行われた
潮の満ち引きを利用した塩の製法。












こちらは、流下式塩田。

入浜式よりも効率がよく
近代に入ってから盛んに行われるようになった製塩方法らしい。


aken_004


細かく組まれた竹の枝の間に海水を流し
日光で蒸発させることにより、塩分濃度を高めていくという仕組み。


aken_005

実際に
枝条架の下には
ぽたぽたと大量の濃度を上げたかん水が滴り落ちている。





塩納屋には
かつて塩田で使用されていた
様々な道具類が展示されている。


aken_011

aken_012

aken_007

aken_006














力仕事でもあり
その上、天候に左右されながら、
長い時間を要する塩作り。

aken_013




昔の人々の苦労に思いを馳せながら

ここ本場赤穂の塩…
ちょっと味わってみようかな。








 

キラキラ光る海♪ 冬の瀬戸内シーサイドラン NC700X

エネルギッシュな夏の海も好きだけど
冬の海もまた
夏のそれにはない良さがあると思う。



太陽が低くなるこの季節。
キラキラ目映いくらいに海が光り出す。

冬の瀬戸内の独特の風景。





1512ssl_f

1512ssl_n

1512ssl_e


潮の香にさそわれて
西へ西へと、海岸線に沿って700Xを走らせる。









御崎に着いた。

1512ssl_c

1512ssl_b


なんだかとてもなつかしい思いで、海を眺める。


大小様々な島が
キラキラ光る海に浮かぶ。

幼い頃から
瀬戸内で育った自分にとって
この多島美は、ふるさとの原風景なのかも知れない。






700Xをパーキングに預け
ビーチへ続く坂道を降りてみる。


1512ssl_g

1512ssl_h

1512ssl_i


坂の途中に店を構えるのは
本場の海鮮ナポリ料理で有名な…知る人ぞ知る「さくらぐみ」。

1512ssl_j

この日も開店1時間目なのに、立ち並ぶお客さんが何人か。











ここまで来たら
浜まで降りてみなくちゃなぁ。


1512ssl_k

1512ssl_l


冬というのに
海を渡ってくる風は、どこか暖かい。



1512ssl_m


天気も上々。

時間もたっぷりあるし…
今日は、もうちょっとこの赤穂の町を楽しんでみようかな。












 

神戸 City Run

久しぶりに
ぶらり…神戸の街中を走ってみる。


1512kct_1


神戸に来たら
必ず立ち寄るのが… ここ。

ポートタワーの立つ中突堤


1512kct_2
 
1512kct_4




対岸に見えるのは、ハーバーランドのモザイク。

1512kct_c


港を渡る風は冷たいけれど
よく晴れた空がとても気持ちいい。

やっぱり、この澄んだ空気。
冬のTouringはこうでなくっちゃなあぁ。






市街地のビル街に700Xを乗り入れてみる。

レトロな雰囲気のビルが立ち並ぶ海岸通り。
ここの雰囲気もけっこういい感じ。


1512kct_f

1512kct_e

1512kct_g







最後にもう一度、港まで。

1512kct_h

1512kct_i












人工島ポートアイランドにも渡ってみる。

北公園から望む神戸港。

1512kct_k

やっぱ…
どこから見ても「絵」になる街だなと思う。


1512kct_j


この時期
ちょうど「ルミナリエ」も開催されているし

来週あたり
夜景を撮りに来てもいいかもしれないなぁ。












SX160ISで海峡を撮ってみる

コンデジで風景写真… 
どこまで撮れるか? .。゚+.(・∀・)゚+.゚

ak_001


ちょうど夕焼け時
赤色に染まりゆく海峡を被写体に選んでみた。


がんばってくれよぉ♪
SX160君(笑)
 






まず、焦点距離18mm。
広角で海峡を撮ってみる。

ak_p18



続いて、49mm。

ak_p49

 

目一杯引きつけて…80mm。 

ak_p80
 



ak_002
 






ak_003
 
ak_004
 
ak_005
 

それなり…だけど?
まぁ、
精一杯がんばってくれたかなぁ SX160君っっ (o^∇^o)ノ



 

叡山電車 紅葉のトンネルをゆく

いつもバイクや車ばかりじゃなくて
たまには電車もいいかな?



久々の京都…
叡山電車に乗ってみる。



1511ez_s

本線は、出町柳~八瀬比叡山口
今回乗ったのは
出町柳~鞍馬を走る鞍馬線。

ほとんどが1両、あるいは2両編成の可愛い電車。


1511ez_a



この叡山電車…

紅葉の季節には
電車が紅葉のトンネルを通過することで有名。





まずは昼間の路線風景。

1511ez_b


1511ez_c

1511ez_d


紅葉のポイントに来ると
なんと、この電車…
速度を落として、超低速で走ってくれる。



1511ez_e

沿線の駅舎も
なかなかいい雰囲気。














そして、
夜のライトアップ。

1511ez_f

1511ez_g


夜は、
電車の車内灯が一斉に消灯される。

まっくらの車内から
車窓をゆっくり流れるライトアップされた紅葉を楽しむことができる。

ちょっと幻想的な雰囲気…。







そして
この駅舎(二の瀬駅)も、夜にはライトアップ。

1511ez_h

1511krm_r

1511ez_v


たまには
小さな電車に揺られて…

そんな旅もいいなぁ .。゚+.(・∀・)゚+.゚




 

紅葉たずねておけいはん

1511enk_1
このポスターを見て決めた♪

「ここ、行こう!」









京都一乗寺の圓光寺

アクセスは叡山電車。



1511enk_2




綺麗に手入れされた石庭。

1511enk_3

1511enk_4

こういう古刹をたずねるのは
観光客の少ない早朝がいい。

ゆっくりと、
静かな空間を…独り占め。


1511enk_6









座敷に上がって…
小窓なら眺める庭園のなかなかの雰囲気。

1511enk_5







そして… 
あのポスターと同じ、この一枚(笑)

1511enk_7







広い庭園を散策しながら
シャッターを切りまくる。

1511enk_8

1511enk_9

1511enk_10



やっぱり色付く秋の風景はいいなぁ。

あちらこちらに
そそられる被写体がいっぱい。
 
1511kez

 




池に映える紅葉もまた風情があり…。

1511enk_11




 
庭園を歩いていると
こんな可愛い石仏に出会った。

さそわれて、思わず笑みがこぼれてしまう。

1511enk_12
 





観光シーズン真っ盛りの京都にて
静かな空間と、ゆったり流れる時間を満喫。

このあたり…
京都の紅葉狩りの穴場かも?



1511enk_13





--------------------
京都一乗寺 圓光寺

http://www.enkouji.jp/


そうだ! あのヒミツの場所に行こう♪

国道を外れて…


1511fav_a

こんなススキの道を抜けて






1511fav_b

真っ赤な紅葉も愛でながら
















さぁ 着いたぁ♪


1511fav_c


 









とあるダム湖畔の公園。

1511fav_d

 
いつ来ても、だぁれもいない。

いつの間にか
ヒミツのお気に入りの場所になった。





こんな日射しの暖かい午後は
迷うことなく、ここでちょっと横になり、ウトウトと(笑)







 

足もとの小さな「秋」たち

1511kkgrn_a


紅葉…
色づく木々も、とてもいいんだけど

1511kkgrn_b
 

ふとバイクを停めた
その足もとに…

苔むした地面に、そっと落ちていく枯れ葉たち。




1511kkgrn_c
 

静かな、そして小さな「秋」がここにもあった。 










 

真っ赤な紅葉の木の下で NC700X

山道を
ぶらっと走っていて

偶然見つけた… こんな紅葉の木。



1511mmj001
 

思わず
700Xを停めて
シャッター切りまくり~(笑)


1511mmj002
 
あまりに鮮やかな赤。

ホワイトの700Xのボディが
ほんのりと紅をさしたかのように…。


1511mmj003


1511mmj004


ため息が出るような「赤」の世界。


秋....だなぁ







 

銀杏並木にて

銀杏並木が続く、ご機嫌な道。


1511ic_001
 
車の通行量も、そう多くない。








どんどん色づいていく銀杏の木々を楽しみながら
颯爽とバイクで駆け抜ける。




1511ic_002


ん… 気分最高っっっっ






 

久しぶりに…海峡の海に来てみた 

久しぶりにここに来た。

海峡大橋を望む公園。 
家から5分(笑)


1511aks_a

 

1511aks_b
 
今日も、釣りを楽しむ人がいっぱい。

秋のこの時期
何が釣れるんだろ?




1511aks_c


700X 今日も快調。

やっぱりオイル交換すると
エンジンのフィーリングが変わるなぁ。



雨の心配もなさそうだし
今日はもうちょっと近場を楽しんでみようかな。








 

ダム湖畔の秋(2) 一足早い紅葉狩り

先週訪ねた吉備高原では
紅葉はまったく空振り…(泣)

ならばと今回は
朝来のダム湖へ。











いい感じに色づき始めたダム湖周辺の山々。

1510gzky_c

1510gzky_d








湖岸道路は
一面、落ち葉の絨毯。

1510gzky_a
 




ぴりっと引き締まるような山の冷気も
なかなか気持ちがいい。

1510gzky_b

1510gzky_e

1510gzky_f

秋色に染まる湖岸道路。







1510gzky_g

ススキもいい感じで風に揺れている。



さぁ
紅葉巡りの季節がやってきたぞぉ♪








 

ダム湖畔の秋(1) 銀山湖周遊

朝来の山中にある銀山湖。

かつて、この地で
大量の銀が採掘されたことから「銀山」の名がついた。


1018gzk_a
 

1018gzk_h







周囲10km超の大きなダム湖。

播磨平野一円への水の供給と
市川の治水の役目も担う多目的ダム。



1018gzk_b

1018gzk_f
 


ダム湖周囲の道は
走りやすい高速コーナーが連続し
昔から播磨地方のライダーには
お馴染みのツーリングコースの一つとなっている。


また、
バスフィッシングのメッカとしても名が知られ
休日ともなれば
ダム湖のあちらこちらでボートを浮かべる風景も。

プロの大会も、ここで開催されるそうだ。






1018gzk_c
 

1018gzk_d


若い頃から
よくバイクを飛ばして、走りに来た場所。




またがるバイクは
あれこれと変わってきたけれど

このダム湖の風景は
あの頃と何ひとつ変わっていない。



1018gzk_e



ちょっと懐かしさに浸りつつ…
今日は、ダム湖の秋を満喫しようと思う。











たわわに実る稲穂たち 黄金の海をゆく

日本の秋って
やっぱり、こんな風景だよなぁ…。

1510dnen_1
 
1510dnen_2
 

この時期、農道を走ると

まるで黄金の海の中を泳いでいるような
そんな不思議な感覚。


1510dnen_5
 















道を山に向けてにスイッチ。



峠めざして走っていると…

そこでは
こんな棚田の風景にも出会えてしまった。


1510dnen_3
 
1510dnen_4
 



実りの秋....だなぁ



 

ダム湖畔の秋(3) 酷道が呼んでいる♪

銀山湖へのアクセス。

道は国道429号。





東から西から
どちらからでもダム湖へ駆け上がることはできるのだけれど

今回は東からのルート。




このアクセスルートが
いわゆる峡路…酷道と呼ばれている道。






1510_429a


さぁ、
この先がいよいよ峡路。

1510_429_00

山が呼んでるぅ~ っていうこの感じが
何とも言えないくらい気持ちいい(笑)




1510_429b
 
1510_429c
※一部GoogleMapの画像を借用 




これが本当に国道????

初めてここを走る人は
必ずそう思うはず。



でも、立派な国道なのだ。3桁だけど…

 


1510_429d


バイク仲間には
こういう道…すごく嫌う人が多いけど


酷道って、走ってみればけっこう楽しい。
 

ほとんど…
いや、まったく対向車もないし、人もいない。

自分とバイクだけが
山の木々に囲まれて
淡々と走り続けていく…という風景。



少なくとも
銀山湖へアクセスするこのルート間に限れば
路面の状態もいいし、
ほとんど直線で、急なカーブもない。

南信州遠山郷の道と比べたら全然楽ちんな道。^^;;






1510_429h



酷道マニアではないけれど(笑)
ちょっと好きな道の一つ。


ただ、
ときどきクマさんもこの道歩くとか…(地元の人のお話)
 (((( ;゚д゚)))













 

コスモス畑に行こう♪ NC700X

文句なしの
ドピーカンの青空。

雲ひとつないじゃんね。


151012_g

 

こういうご機嫌な朝は
やっぱり700Xで走り出さなきゃなぁ .。゚+.(・∀・)゚+.゚ 









そうだ…♪
ぼちぼちコスモス畑が見頃かな?








加古川沿いに広がる大きな田園地帯。


お♪ やったね
一面コスモスの花だらけ~♪

151012_d

151012_b




近所の小学生が作った
こんな可愛い案山子たちがお出迎えしてくれた。

151012_h

151012_c

やっぱり
秋空に映えるのは
可憐な秋桜たちのこの色だよなぁ…

と思いながら、帰路につこうとすると

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

なんでやねんっっっ

大輪のひまわり畑が… しかもいっぱい

151012_e

 ひまわりといえば…夏の花

って、イメージがあったけど

聞けば、
遅咲きの秋ひまわりもあるんだとか。



151012_f


コスモスを楽しみに行ったはずなのに
突然、出会った見事なひまわりに… 

かなり感激っっっっ





 
 

早朝の峠道にて

朝露に濡れる秋桜の花。



1510cosmoc001
 


朝の走りは
もうかなり寒く感じるようになってきた。

とくに山中の峠道は…。



キリッと引き締まるような空気を裂いて
もう少し遠くまで走ろってみようかな。

 


 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 湖畔の東屋にて NC700X
    • 河童に会いに行こう♪ NC700X
    • 河童に会いに行こう♪ NC700X
    • 河童に会いに行こう♪ NC700X
    • 河童に会いに行こう♪ NC700X
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード