温泉

ちょっと寄り道 露天の湯にて

バイクで走りながら
ちょろっと寄り道。



たとえばそれは....

胸打つ壮大な風景だったり
また、美味なるものの誘惑だったり

そして、
極上の湯けむりだったり。




旅の途中に立ち寄る温泉。
これってもぉ絶対外せないバイク旅の楽しみのひとつ。



それが無料の露天湯だったりすればもぉご機嫌♪







茅の森温泉


あの有名な湯原温泉に向かう手前にある
小さな小さな露天の湯。


かなり低い湯温なので
まず夏場しか入れないけれど

これがまた
いつまでも浸かっていられる....ご機嫌な湯。


1508hs_001

1508hs_002

 
実はこの日は、
ご婦人も一緒だったので、カメラは御法度。

画像は2年前に訪ねたときの一枚。








出雲湯村温泉 
 

昨年の秋に訪ねて大ファンになった
島根雲南市にある、これも露天の湯。


1508hs_003

1508hs_004


本当に河原に沸く湯。

ふつふつと
川底のあちこちから湧き出る泡のつぶ。 

川に浸かっているような
そんな不思議な感覚の湯船。


でも、
その開放感といったら、もぉこれまた最高なのだ。 



1508hs_006
 
1508hs_005
 

こういう野趣溢れる露天の湯。

いつまでも
大切に残っていてほしいなぁ。







でも....
ぼくらがこんなすてきな湯を楽しめるのも

人知れず、
日々の管理をされている
そんな地元の方々のおかげ。



ぼくらは旅の道中
ここにお邪魔して、この湯に入らせてもらっている…ということ。

やはり
感謝の気持ちは忘れてはいけないな...。




















 

湯郷温泉 お勧め露天風呂♪ NC700X

湯郷温泉

湯原、奥津と並んで、美作三湯のひとつ。

大阪屋神戸からもアクセスがよく
わりと人気のある温泉地。




ここ、日帰り温泉というと
観光雑誌や温泉情報誌でいつも紹介されるのは湯郷鷺温泉。

1408ynogo02

1408ynogo01

ボクもCBで何度か訪ねたことがある。





でも、この鷺温泉よりも
実はもっといい日帰り湯が、湯郷にはあるのだ。

あまり、雑誌やネットでも紹介されることは少ないので
ちょっとした穴場的な存在。

市営露天風呂



1408ynogo03

1408ynogo04



鷺温泉もいいんだけど
いつも人がいっぱいで混み混みだし
料金も600円…
ちょっと塩素臭が強すぎるのもいまいち…



で、この市営露天風呂。

1408ynogo05

1408ynogo06


小さな湯舟がひとつだけなんだけど
すごく清潔感溢れる湯舟。
湯温もちょいぬるめ…
ついつい長湯したくなる、ほどよい温度。

お湯は循環のようだけど湯量はかなり豊富。
どばどば溢れるお湯は
吉井川にどんどん流されているみたい。

1408ynogo07

1408ynogo08


のんびり入るには
ほんと、ここお勧めの湯。

河原を見渡す眺めも最高。
なによりも、300円という入湯料が嬉しい。(消費税8%導入後も値上げなし♪)

湯郷に行けば
必ず立ち寄るお気に入りの湯となってしまった。(o^∇^o)ノ

1408ynogo09







----------------------------------------------------------------
市営露天風呂。
場所は吉野川のほとり。

美作ICを出て
R374を南下。橋を渡ってすぐ右手。

でも、田園地帯にぽつんとある温泉。
かなり気をつけて見ていないと、見過ごしてしまうかも?

 yunogo14map_a

yunogo14map_b
※GoogleMapより






美作秘湯 茅森温泉

岡山の北には
いい温泉があちこちに湧いている。


湯郷、三朝、そして湯原…

美作三湯とも呼ばれ、
3つの湯処を、ハシゴして楽しむことも可能。

温泉好きにとっては、ここはたまらないエリアなのだ。


santou01



でも、この美作地方には
有名な三湯だけではなく

実は小さな湯処があちこちに点在している。





今回訪ねたのは、
そんな小さな湯処のひとつ…

湯原温泉のすぐ近くにある茅森温泉

km001

無料混浴露天風呂…といえば
湯原の「砂湯」が有名だけど

実は、
この茅森温泉も知る人ぞ知る…

無料混浴露天の湯だったりする。




旭川の支流、鉄山川の川沿いに
ひっそりと湯をたたえる小さな温泉。


あまり知られていない湯処ゆえに
秘湯として紹介しているサイトもある。



km002


10人も入ればもう満員。
湯温も35度前後。

夏にしか入れない温泉。

でも、とても肌当たりのいい気持ちのいい湯なのだ。






この日、ご一緒したのは3人の男性。


群馬から、クルマで日本各地を走り回っているというおじいちゃん。
自転車の旅の途中に立ち寄ったという男性。
そして、仕事サボってひとっ風呂浴びにきたという社長さん。

みんなそれぞれに話題が豊富でおもしろい。

ついつい話し込んで長湯をしてしまったけれど
これもまた、旅の湯の楽しみのひとつ。


「ンじゃ、お先に上がりますね」
と、湯から上がろうとしたら、

「わしはまだおるで。お姉ちゃんくるかもしれんからのぉ(笑)」

日に焼けた顔をしわくちゃにしながら笑うおじいちゃん。




おじいちゃん…
あのあと、女性の入浴客とは出会えたのかな?

なぁんてことを、ちょっとだけ気にしながら
ボクは高原に向けて、700Xを走らせるのだった。






km_map
 

河原の露天湯 三朝温泉

倉吉の町から東へ十数km。

三朝温泉。

ここも山陰の有名な湯処。


m001




お目当てはもちろん河原の露天湯。


CBを停める駐輪場にちょっと困ったけれど

うろうろしていると
ホテルの従業員のおじさんが
「そこ、いいから置いて行きんさい」って

「えぇ? でも、ここホテルの…」
「べつにかまわんが。ゆっくりしてきな」







m003

m002

河原の露天湯はもちろん、無料。
で…またまた混浴。




この日、ご一緒したのは
夕飯前に汗流しに来たというおっちゃんと
広島からのご夫婦カップル。


こんな河原の露天湯で

「こんにちは」…なんて、声かけられると
なんかそれだけで、
はるばるここまできてよかったなぁ なんて思えてしまう。



m004


みんなが上がったあとも
日が落ちるまでボクは露天を独り占め。


あぁ~ サイコーの気分っっっ♪

ビール飲めなかったのが、唯一の心残り… 




 

残る美作三湯は…奥津と湯郷

山中出で湯の温泉巡りもいよいよ終盤へ。

湯煙バイク旅のラストを飾るのは
美作三湯の残り二つ♪

奥津温泉 と 湯郷温泉



m001


足踏み洗濯で有名な
この奥津温泉の河原露天風呂。


m002


でも、ここ
数年前から衛生上の理由で入浴は禁止。

地元の方々の洗濯場として
現在は利用されている。

足湯だけならOKとのこと。
でも、かなりぬるめの湯… (;´Д`)
 

 m003






そして、
今回の湯巡りの旅 ラストステージは…

美作湯郷温泉。


y002


y001


あのなでしこジャパンの合宿地として
全国的に脚光を浴びたこの湯郷温泉。

でも、やっぱりブームが去れば
いつもの静かな温泉街に…


こういう落ち着いた雰囲気の方が
やっぱりいいよね …温泉街って(笑)





兵庫の北
そして岡山から鳥取、そして島根にかけて

このエリア一帯は
本当に温泉の多い場所。

それも、ど派手で賑やかな観光地的温泉ではなく
ちょっと鄙びた…
でも、落ち着いた静かな佇まいの湯煙処が多い。


バイクでふらっと気ままに湯巡りするには
ホント、ご機嫌なルート。


これから夏本番までに…
もう一度、、いっておこうかな ( ̄ー ̄)ニヤリッ


次は、島根あたりもターゲットに♪



 

山陰の隠れ名湯 関金の湯

湯原温泉をあとにして
まず向かったのが、津黒高原公園の湯。

ここも無料の混浴露天。

t002


山中の道路沿いにある
静かなロケーションの露天湯なんだけど

ここ、湯温が低いのが玉に瑕…。


t004

入ろうと思ったけど… これもぉ水じゃん? 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン










早々にあきらめて
次に向かったのが関金温泉

s001


倉吉の少し北に位置するこの温泉。

小さな温泉なんだけど
めちゃめちゃいいお湯。






ボクが入ったのは元湯「関の湯」。

四畳半ほどの小さな浴室に
これまた小さな湯船。
大人二人が入ればもう満杯といったかんじ。

s002



でも、湯はめちゃいい。

ほっこりと…
だけど体の芯までじんじんあったまる。


この日、ご一緒したお爺ちゃんは
なんと岡山の倉敷からバスに乗って
毎日のようにこの「関の湯」に通ってくるのだとか…


てっきり地元のおっちゃんかと思ってたら…Σ( ̄ロ ̄|||)

s003





この関金温泉。


ほんといい温泉なんだけど
他の温泉地とちがって
いろんな広告や看板、派手な案内表示などほとんどなし。

ちょっと通り過ぎただけでは
本当に温泉があるのかどうか
わからないまま、通り過ぎてしまいそうなところ。



お目当ての「関の湯」も
ナビを頼りに探しまくってたどり着いた始末。




もっと宣伝したらいいのになぁと思いつつ…


「この静けさってお金では買えないもんだでのぉ」

関の湯の番台のおばちゃんが口にした
こんな言葉を、ふと思い出してみたり。


 
 

露天風呂 西の横綱 湯原の砂湯

ボクのお気に入りの温泉のひとつがここ。

岡山、湯原温泉の砂湯

y001




ダム直下に
コンコンと豊かな湯をたたえるこの温泉。


歴史は以外と古く
弥生時代には、
この湯が人々の癒しの場として使われていたのでは?
という説もあるとか。



y002



とにかく気分爽快な温泉。

全国露天風呂番付の
西の横綱にランクインされているのも頷ける。





もちろん無料。
で、混浴。

年に数回訪ねているけど
混浴率が、けっこう高いのもこの砂湯。


今回も
ご夫婦らしきカップルが何組か。


こういう豪快な風景の中で湯を楽しんでいると
混浴だからどうこう…
そんなことはホント、どうでもよくなってくるから不思議。

「どちらから?」
「いいお天気で最高ですね」

そんな会話もごく自然に弾んでしまう。






y003


気がつけば、1時間近くも湯に浸かっていたり…

ま、急ぐ旅じゃないし
今回は、まったりと湯巡りを楽しむのが一番の目的。



y004


 さて、湯原の温泉街を抜けて北へ♪


ボクとCBは
次なる湯処へと向かう。 


 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • ナイトラン with スーパーカブ
    • ナイトラン with スーパーカブ
    • ナイトラン with スーパーカブ
    • ナイトラン with スーパーカブ
    • 2017東京モーターショーのコンセプトモデル なんかついていけない…
    • 2017東京モーターショーのコンセプトモデル なんかついていけない…
    • 2017東京モーターショーのコンセプトモデル なんかついていけない…
    • 2017東京モーターショーのコンセプトモデル なんかついていけない…
    • 2017東京モーターショーのコンセプトモデル なんかついていけない…
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード