京都に夏の訪れを告げる祇園祭



16gon_17


16日の宵山
今年は3連休の初日と重なったこともあり
すごい人出…。


16gon_02

16gon_03

ひと、ひと、ひと… 人だらけ。

人の波というより
動きもしない人の海といった感じ。

人手の多さは覚悟して来たけれど
これほどまでとは…


さすが祇園祭…


それでも
提灯の灯りに照らし出される絢爛豪華な山鉾の装飾。

ため息が出るほど美しい。

動く美術館とも言われるこの飾りは
本当に見事のひとこと。



16gon_04

16gon_05
 
16gon_06
 
あちらこちらにはいろいろな屋台も…
祭を盛り上げてくれている。

16gon_07

 











翌日17日は 山鉾巡行

祇園祭りのメインイベント。 




23基の山鉾が
ゆっくりとゆっくりと
時間をかけて京都の街中を練り歩く。


16gon_08

毎年その先頭に立つのは、一番人気の長刀鉾。

ただひとつだけ、
人形ではなく生き神様として男の子の御稚児さんが乗る。

16gon_09

この役を務める男の子…
めちゃめちゃ名誉なことなんだろうなぁ。

かなり緊張した表情…当然だよなぁ



でも、この男の子
立派に大役をこなしていたぞ♪ えらい!

















16gon_10

16gon_12

16gon_14

16gon_13

いろいろな飾りが施された鉾や山。

見ているだけでも本当に楽しい。



16gon_15

中には
からくり仕掛けで動くカマキリも…



16gon_16
 
山鉾巡行の一番の見所は
大きな鉾が四つ辻でぐるりと方向を変える「辻回し」。

大きな車輪の下に
竹を敷き詰めて
掛け声を合わせ一気に鉾の向きを変える。

これはなかなかの迫力。

沿道から思わず歓声と拍手が起こる。










二日間ですっかり耳にこびりついてしまった
コンチキチンの祇園囃子の音と掛け声。

いいなぁ…やっぱり




たっぷり堪能できた京都2016… 夏の始まり