この頃
ツーリングにペンタK-30を持ち出すことが増えてきた。

これまでは
リュックに背負っていたけど
最近はラゲッジスペースに 積み込んでいる。


そのままでは
振動がモロに伝わってしまうので
大きめのプチプチ君に包んで積載している。

※プチプチ君の正式名称はエアーパッキンとも気泡緩衝材ともいうらしい。知らなかった~(笑)

1612on_a

1612on_b

大きな一眼レフのカメラも
このプチプチ君に包めば
なんとか安心して積んで走れそうな感じ。

 
 















K-30を積み込んで
まず向かったのは… 北播磨にある浄土寺

1612on_c

このお寺

開祖は
今から800年以上も前。
鎌倉時代の僧、重源の建立といわれている。

この重源というお坊さん
源平時代に焼け落ちた奈良東大寺の再建を成し遂げた人物としても知られている。


意外と有名な人が
こんな北播磨の地に
これまた立派なお寺を造ったんだなぁ。








1612on_d

国宝に指定されている浄土堂(阿弥陀堂)。



1612on_g
 
重要文化財の本堂(薬師堂)。



1612on_h
 
開山堂。



1612on_e
 
鐘楼堂。





いずれも貴重な文化財。

1612on_f















冬の早朝
境内のピンと張り詰めた冷たい空気をしっかりと楽しんだあと

次に向かったのは小野伝統産業会館
 
1612srbn_a

そろばんの町として有名な小野。







そろばんなんて
生活の中でほとんど見なくなったけれど

でも実は
小学3年生の算数で
今でもちゃんとそろばんを授業で習うことになっているのだ。Σ( ̄ロ ̄|||)


かつては年間300万丁を超えた生産量も
今は7万丁に…。

それでも全国生産の70%を誇る量だといわれている。


1612srbn_b


伝統産業会館の中にある
そろばん博物館を見学する。








誇らしげに飾られた伝産マーク。

1612srbn_l








1612srbn_c

1612srbn_d

そろばんづくりの工程がなかなか面白い。

1612srbn_e








古い時代のそろばんも展示されていたり…

1612srbn_g


1612srbn_f




ちょっと変わり種のそろばんたちも。

1612srbn_h

1612srbn_i







そして圧巻は
このそろばんでできたお城。

1612srbn_j

1612srbn_k

なんと
そろばん玉5万個以上を使って作り上げたお城だとか。



 





1612srbn000


意外とハマってしまったそろばん。

何十年かぶりに
そろばん引っ張り出してきて… 

パチパチ弾いてみようかな (* ̄∇ ̄*)