美作

美作秘湯 茅森温泉

岡山の北には
いい温泉があちこちに湧いている。


湯郷、三朝、そして湯原…

美作三湯とも呼ばれ、
3つの湯処を、ハシゴして楽しむことも可能。

温泉好きにとっては、ここはたまらないエリアなのだ。


santou01



でも、この美作地方には
有名な三湯だけではなく

実は小さな湯処があちこちに点在している。





今回訪ねたのは、
そんな小さな湯処のひとつ…

湯原温泉のすぐ近くにある茅森温泉

km001

無料混浴露天風呂…といえば
湯原の「砂湯」が有名だけど

実は、
この茅森温泉も知る人ぞ知る…

無料混浴露天の湯だったりする。




旭川の支流、鉄山川の川沿いに
ひっそりと湯をたたえる小さな温泉。


あまり知られていない湯処ゆえに
秘湯として紹介しているサイトもある。



km002


10人も入ればもう満員。
湯温も35度前後。

夏にしか入れない温泉。

でも、とても肌当たりのいい気持ちのいい湯なのだ。






この日、ご一緒したのは3人の男性。


群馬から、クルマで日本各地を走り回っているというおじいちゃん。
自転車の旅の途中に立ち寄ったという男性。
そして、仕事サボってひとっ風呂浴びにきたという社長さん。

みんなそれぞれに話題が豊富でおもしろい。

ついつい話し込んで長湯をしてしまったけれど
これもまた、旅の湯の楽しみのひとつ。


「ンじゃ、お先に上がりますね」
と、湯から上がろうとしたら、

「わしはまだおるで。お姉ちゃんくるかもしれんからのぉ(笑)」

日に焼けた顔をしわくちゃにしながら笑うおじいちゃん。




おじいちゃん…
あのあと、女性の入浴客とは出会えたのかな?

なぁんてことを、ちょっとだけ気にしながら
ボクは高原に向けて、700Xを走らせるのだった。






km_map
 

美作勝山 古い町並みをゆく 

真庭市勝山町

かつては出雲街道の要衝の地として
そして、城下町としても栄えた町。


旭川沿いに
当時の面影をそのまま残す古い町並みが保存されている。



katsu01


格子戸の商家群や白壁が続くこの町並み。

700Xを乗り入れてみたけれど
やっぱり…ん~
イメージ的に違和感感じるなぁ(笑)

こういうシーンが似合うのは
やっぱりゼファーやSR…そんなバイクなんだろなぁ (´・ω・`)








ここを歩いていてあれぇ?と、気がつくことがある。

どこの家も
軒先に暖簾がつるされている…のだ。

色とりどりの暖簾。
お店だけではなく、
よく見ると一般の民家の軒先にも暖簾が掲げられている。


katsu05



自転車屋さんや車屋さんも暖簾が…

katsu06

katsu02


聞けば、
この町の染物屋さんが始めた暖簾つるし。

それが、
うちもうちもとどんどん広がり、
いつの間にか、勝山の町並みの特色のひとつになったんだとか…。

何かおもしろいぞ(笑)




katsu04


造り酒屋さんの前に700Xを停めて
カメラのシャッターを切っていると



中から笑顔のステキなおねえさんが…

「神戸からですか? まぁ、遠いところをありがとうございます」

katsu07

そんなひとこと…
それだけで、なんかこの勝山の町♪ 

めちゃ好きになったぁ~ .。゚+.(・∀・)゚+.゚




katsu03
 

ルンルン気分で
700Xで駆け出すボクなのだった…


あぁ…単純♪









 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • お気に入りの銀杏並木へ NC700X
    • お気に入りの銀杏並木へ NC700X
    • お気に入りの銀杏並木へ NC700X
    • お気に入りの銀杏並木へ NC700X
    • お気に入りの銀杏並木へ NC700X
    • 京都紅葉巡り(3) 永観堂ライトアップ
    • 京都紅葉巡り(3) 永観堂ライトアップ
    • 京都紅葉巡り(3) 永観堂ライトアップ
    • 京都紅葉巡り(3) 永観堂ライトアップ
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード