鯨肉料理

いざ♪ 南紀へ(2) 太地にてクジラ料理に舌鼓

古くから
捕鯨の町として栄えてきた太地。

近年、
世界の国々から
厳しい視線が注がれてきている捕鯨。



それでもやっぱり…
クジラを食べるっていう食文化…

これは、
日本人としては大切にしたい…と思う。


 







クジラ浜公園に向かう道中にて
立ち寄ったのは
クジラ専門店「くじら家」

tij1503_d

小さなお店だけど、
太地ではちょっと有名なクジラ料理の店。






店内には、
こんな土産物も販売されている。

tij1503_j

tij1503_k










注文したのは、鯨カツ定食。

tij1503_i

tij1503_e









まず小鉢には、鯨肉の大和煮。

tij1503_f

 



お? 吸い物に、何か浮かんでるじゃん?

tij1503_g


「ぁの、これ…何のお吸い物ですか?」
「あぁ、これね? さえずりですよ」

「は?さえずり?」

これ、鯨の舌…なんだそうだ。
 

この吸い物が、また絶品の味♪
そしてさえずりも、なかなかの美味。

初めて食したけれど、その美味さにはちょっとびっくり。







そして、箸は、いよいよメインの鯨カツへ。

tij1503_h
 

なかなかのボリュームの鯨カツ。
特製ソースに七味をたっぷりとふりかけて…


 
ん~
なんかとっても懐かしい味。

昔、学校給食でよく出たんだよなぁ。
たいてい、カツか竜田揚げか…




牛肉の味でもなく、
魚介類のそれでもなく…

やっぱり、これ♪ 鯨の味っっっ 美味っっ!




出された鯨肉は、イワシ鯨の肉だとか。
ちょとクセがある味で
ミンククジラの肉よりも鯨っぽい味なんだそうだ。







神戸近辺の大手スーパーでも時折見かける鯨肉。

でも、
その価格表示を見て
ついつい手を出すことを躊躇ってしまう。



これだけ栄養があって美味い鯨肉。
昔のように
もっともっと身近な食材になってほしいなぁと思いつつ…


食後の散歩に
鯨公園まで700Xを走らせる。

tij1503_a

tij1503_b


鯨とともに生きてきた町、太地。



町の人たちにとって
鯨は、
今でもとても身近であり、

そして、大切な存在。



tij1503_c


クジラ浜公園のクジラさんたちに挨拶を。

そして
次の目的地、那智の滝へと700Xを走らせた。







 

今年の春も…紀伊半島をめざしてみよっか

春先のTouringといえば
ここ数年、
紀伊半島を選ぶことが多くなった。



こちら神戸と比べると

気温も数度高く
積雪や路面凍結の心配もない紀伊半島。






昨年は、白浜温泉…
一昨年は、白崎海岸

そのまた前は、串本経由の半島一周。

sp_tour001

sp_tour002

sp_tour003





ンじゃ、今年は…


そだ♪ 鯨を食べに行こう .。゚+.(・∀・)゚+.゚ 

実は数日前
某テレビ番組で鯨肉料理を食す特集があった。

それがどうやら頭に片隅にこびりついていたみたい。








和歌山県太地町にロックオン♪

sp_tourmap

 この週末は、しっかり走ってくるぞぉぉ



sp_tour004
 
sp_tour005
 

待ってろよぉぉ クジラ君っっ





 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    My YouTube



    ギャラリー
    • 嗚呼♪ にっぽんの…「秋」
    • 嗚呼♪ にっぽんの…「秋」
    • 嗚呼♪ にっぽんの…「秋」
    • 嗚呼♪ にっぽんの…「秋」
    • 京丹波の廃校跡を訪ねて NC700X
    • 京丹波の廃校跡を訪ねて NC700X
    • 京丹波の廃校跡を訪ねて NC700X
    • 京丹波の廃校跡を訪ねて NC700X
    • 京丹波の廃校跡を訪ねて NC700X
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード