NC700X

四国の夏を駆ける NC700X (2) 仁淀ブルーに感激っ♪

四国の川って
どうしてこんなに美しいんだろう。


山道を走っていると
ハッと息をのむような
美しい流れの川に出会うことが何度もある。

IMG_0726

IMG_0713

仁淀川の流れにそって700Xを走らせながら
その上流....安居渓谷をめざす。











深い谷に沿って駆けあがっていくと
その先に待っていたのは....

仁淀ブルーの世界。

IMG_0574

IMG_0577

IMG_0587

ん~っっ 感激っ♪


この透明度....。
こんなに澄み切った川の流れを見たのは初めてかも。

IMG_0592

渓流沿いの遊歩道
マイナスイオンを浴びながら歩いていくと
自然と汗がひいていくのがわかる。



ここは....まるで別世界。

IMG_0579

手をつけてみると
その冷たさにびっくり♪

IMG_0612

IMG_0625

思わず海パンに履き替えて
泳いでしまったのは内緒....。(* ̄∇ ̄*)






IMG_0615


みんな思い思い
川遊びを楽しんでいる。

IMG_0667






IMG_0629


見返りの滝を拝んだあとは
中津渓谷へ向けて700Xを走らせる。

IMG_0644
















安居渓谷と並んで
仁淀ブルーを満喫できる二つ目の渓谷。

IMG_0671




ここの流れもやっぱり美しい。

IMG_0687

IMG_0706





奇岩巨石が並ぶ
ちょっと不思議な光景をt直しミカガラ
遊歩道を歩いていく。

IMG_0695

IMG_0675

ここでも
マイナスイオンをいっぱい浴びながら....










安居渓谷と中津渓谷
仁淀川に沿って
高知の二大渓谷を歩いてみた。

仁淀ブルーの世界....
本当にため息が出そうなほどの美しい川の流れ。








でも
あちこちを走っていて
実は四国って
どの川も本当に美しいことに気がつく。

ブルーアイランド四国
まさに、その名の通り....だなぁ。





明日は
もうひとつの清流....四万十まで
走ってみようかな .。゚+.(・∀・)゚+.゚





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
初めて訪ねた仁淀川....感激でした♪






四国の夏を駆ける NC700X (1) 旅の始まりは別子銅山から

そうだ!
やっぱり四国に行こう!




そう思い立ったら
いても立ってもおれなくなって
翌朝には
700Xに跨って淡路島を南へ下っていた。

P1190679






四国に入り
徳島道、松山道を一気走り。

新居浜ICを降りて
初めて700Xのスタンドを立てる。

IMG_0381

時計をみると8時40分。
四国の夏旅が.... 今、ここから始まる。















まず、目指したのは別子銅山東平(とうなる)地区

IMG_0395

江戸時代の初めに発見された銅山。

良質な銅鉱が大量に産出されることで知られ
その後、1970年代まで採掘が続いた。



300年余りかけて
おおよそ70万tの銅が掘り出される。
日本の近代化に大きく寄与した鉱山の一つ。

ちなみに
鉱山を経営したのは住友家。(のちの住友財閥へ)








こんな深い山奥に
どんと鎮座する鉱山の遺構。

IMG_0388

IMG_0387


ここは
鉱石を輸送するための施設だったらしい。

IMG_0402

IMG_0408

IMG_0418


実物を目の前にすると
やっぱり....「すごい」のひとこと。

東洋のマチュピチュなんて呼び方もされているそうだけど
いやいや....
これはもう立派な日本の産業遺産。

IMG_0396



歴史資料館には
当時の発掘作業に使われた道具や生活用品等が多数展示されている。

IMG_0431

IMG_0432




写真からも
この山で作業に従事した人々の様子がよくわかる。

IMG_0426





発掘作業に使われた機器類も
トンネル内に当時のままの形で残されていた。

IMG_0444

IMG_0446








山道を少し歩いて、東平第3変電所跡へ。

IMG_0465

IMG_0464

IMG_0463

廃墟感が半端ないんだけど....
それ以上にアブの大群に襲われたのが....一番の恐怖っ オオーw(*゚o゚*)w














これまで
いろいろな歴史遺構や廃墟を訪ねてきたけれど
この別子銅山は、かなりおすすめ。




ただ
県道47号から東平へ上る山道がかなりの狭路。

P1190690

P1190692

距離的には5kmほどなんだけど
思ったよりも時間がかかる。
対向車とのすれ違いにもちょっと神経を使うかな。



でも
どんどん山奥深く入り込んでいくその雰囲気はなかなかいい感じ♪

IMG_0469









IMG_0475




東平を降りてきたら
道の駅「マイントピア別子」へ。

IMG_0479



ここにもまた
銅山に関する興味深い資料がたくさん。

IMG_0510

IMG_0483

温泉もあり食事もできるので
東平探訪のあとの休けいにはおすすめの場所。










この日
宿をとったのは今治の海辺の宿。

IMG_0521


さぁ
明日からは
いよいよ四国の清流へ♪





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
久しぶりの四国....どきどき感満載の一日目でした。



県道77号 恐竜街道をゆく NC700X

R175を北上。
丹波山南町の井原南交差点を右折。

1808kawasiromap


そこから始まる県道77号
これが、
川代恐竜街道を呼ばれている道。

1801tanbaryu_a


その名の通り
街道沿いのあちらこちらで
恐竜君たちと出会うことができる。

1808tanbaryu_z

1808tanbaryu_x

1808tanbaryu_w












ここ、
丹波山南町で
恐竜の骨の化石が発見されたのが2006年の夏。

その後、
調査が進められて
2014年には新種の恐竜の化石であることが認定された。

学名は「タンバティタニス・アミキティアエ」。







こんな首長竜だったらしい。

1801tanbaryu_c

1801tanbaryu_b

すごいでかい恐竜だったんだぁ。
700Xがめちゃ小さく見える。Σ( ̄ロ ̄|||)

1801tanbaryu_d











その恐竜化石の発見現場。

1801tanbaryu_g




篠山川の川代渓谷。

1801tanbaryu_h

発見されたのは、
こんなきれいな渓流の岩場。

1801tanbaryu_i












丹波竜に関するいろいろな資料を見ることができる「ちーたんの館」

1801tanbaryu_j



骨の化石の標本や
発掘作業の実際のVTR、恐竜のレプリカ、等々。

小さい博物館だけど
なかなか興味深い資料も多々。

1801tanbaryu_n

1801tanbaryu_o




他にも
この博物館の造りが… なかなか凝ってるのだ。

1801tanbaryu_k

1801tanbaryu_l

壁からはみ出した丹波竜君(笑)













恐竜の里をあとに
ふとふり返ってみると…

1801tanbaryu_p

丹波の山中を
ゆっくりと歩いて行く恐竜が…





ん…
この前観たばかりの映画ジェラシックワールドと
どこか重なってしまったぞ…(つд⊂)ゴシゴシ




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
なかなかリアルな恐竜ですよぉ~。






夏満開! 但馬海岸道路を駆ける NC700X

毎年夏になると
この道を走りたくなる。

但馬海岸道路。別称但馬コースタルロード。


1807tajima_a

お気に入りのルートは
まず、鳥取自動車道で鳥取まで北上。

そこから東へ
国道178号、兵庫県道11号を走り継ぐコース。


山陰海岸を走るときは西から東へ走るのがベスト。
走るその眼下に
雄大な海を望むことができる。











このルートの楽しみは
なんといっても
自然が織りなす造形美を思う存分楽しむことができること。

1807tajima_b

1807tajima_c

1807tajima_f



日本海の荒波に削られた海岸。

コーナーをクリアするたびに
次々と目にとびこんでくる奇岩奇勝の数々。


1807tajima_p

1807tajima_k






そして
このきれいな海の色。

1807tajima_m

ほんとに澄みきった海…なのだ。










そんな風景を眺めながら
ほっと一息つける展望台もあちらこちらに。

1807tajima_l








そして…
山陰海岸奇岩奇勝の極めつけは これ。

1807tajima_j

はさかり岩と呼ばれている奇勝。

1807tajima_i


いったい
なにがどうなって、こんな風景ができあがったんだろう。















気持ちのいいワインディングが続く但馬海岸道路。

1808tajima_n


路面状態もよく、
交通量も多くはない。








気持ちよく走りきったこの日の700X。
なんと、
今夏2回目のリッター40km/Lを記録。

1807tajima_o

今シーズンも絶好調かな? 




----------------------------------------------------------------
但馬海岸道路 燃費Data
 往路 254.4km 35.7km/L
 復路 157.3km 40.1km/L






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
次は海パンもっていくのもアリかと…(笑)




夏は朝駆け♪ 700Xでダム湖巡りへGo♪

夏は朝がいい。

涼しいうちに
思う存分走るぞぉぉぉ~


めざしたのはダム湖。
水のあるところ…
ちょっとでも涼しい気分になれるかも?(笑)



まずやってきたのは、呑吐(どんど)ダム


1807morningrun_a

農業用水の安定供給のため
志染川を堰き止めて造られたダム湖。別名衝原(つくはら)湖。

ダム湖の南岸を沿うように走る県道85が
これ、なかなか気持ちのいい道。

1807morningrun_b

湖畔の駐車場。
休日となれば
バイクやスポーツカーがわんさと集まる。


でも
平日…しかも早朝。
人っけなしのがらんとした広場。

1807morningrun_c


1807morningrun_d


呑吐ダムの堰堤からは
志染の田園風景が一望できる。

1807morningrun_e

吹き抜ける風が気持ちいい~♪









次に向かったのは、平荘湖

1807morningrun_f

こちらは
加古川の工業用水をまかなうためのダム湖。



ここの湖岸道路もなかなか気持ちいい道。

1807morningrun_g





パーキングに700Xを停めて
湖岸に降りてみる。

1807morningrun_h


昔は
バス釣りで有名なダム湖だったけど
今は、全面釣りは禁止。

湖畔で見かけるのは
ジョギングや散策を楽しむ人たち。




水鳥たちものんびりと。

1807morningrun_j






ここまで走ってくると
もちょっと行くか?って気になってしまう。

そろそろ
陽が高くなり
気温も上がりはじめたのがわかるんだけど…











調子に乗ってやってきたのは権現ダム

1807morningrun_k

1807morningrun_l




岩の塊を台形型に積み上げたロックフィルダム。



400m近くあるその堤頂長は
なかなか迫力ある光景だったのに

今は何と…
ソーラーパネルに覆い尽くされてしまって…

1807morningrun_m

ダム湖の風景も
最近は変わってきたんだなぁ…。




なんてこと考えてたりしてるうちに
陽はどんどん高くなり
もぉ朝駆けの涼しい気分はどこへやら。(; ̄Д ̄)









あまりの暑さ(いや熱さ?)に
小さな庭園でひとやすみ。

1807morningrun_n

1807morningrun_o



庭園の中に
ぽつんとある東屋。

これって
まるで砂漠の中でオアシスを見つけたような気分かも?

1807morningrun_p

朝駆けのはずが
しっかり午後になってしまい

仕方ないから、午後の紅茶飲んでみたり…







1807morningrun_q

3つもダムをまわらずに
ひとつめの呑吐ダムで帰ってたら
涼しいうちのツーリングだったのになぁ。Σ( ̄ロ ̄|||)




結局、炎天下の帰路。
まいっか。
夏は夏を楽しまなきゃ… ぼそっ。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
欲張ったのがだめだったなぁ…。^^;;





この700Xのエンジンって…どうしても好きになれなかった

62度前傾した
NC700Xのエンジン。

eng004

実は乗り始めた頃
このエンジンデザインが
どうしても好きになれなかった。



バイクのエンジンって
空冷水冷問わず
どぉ~んとその存在を主張するデザインでなきゃ。

ってなことを、ずっと思っていた。










これまで乗ってきた4発のエンジンなんて
めちゃかっこよかった。

ほぼ90度に近い角度で
そこからエキパイが力強く伸びて…
見てるだけでも惚れ惚れした。

eng001

eng002





SRだって
単気筒ながらとても美しく、
そして存在感のあるエンジン。

eng003





それに比べて
この700Xのエンジンって
なんでこんな控えめに
しかも、
前につんのめるように倒れたシリンダーなんだ?

eng005













でもでも…

ところが…
この700Xというバイク。

乗り続けるにつれて
ぼくら700Xオーナーは
この前傾した控えめな?エンジンから
多大な恩恵を受けていたことに気がつく。









まず…
エンジンの熱が乗り手にほとんど伝わってこない。

これは
今年のような猛暑の夏にはかなりうれしい。




排気量の大きいエンジン
それも四発…
もう、真夏のライディングは内腿が地獄だった。

62度前傾エンジンは
そんな真夏の熱のストレスから僕ら乗り手を解放してくれた。

eng006

夏場の長距離ツーリング。

エンジンのあの熱気に悩まされることなく
走り続けることができるメリットは大きい。











もうひとつ。
この前傾エンジンの恩恵。




それは
車体の低重心化。

低くエンジンをレイアウトすることで
700Xはかなり重心の低いバイクになっている。




重心の低いバイクは
まず、取り回しが楽。

坂道や砂利道
不安定な場所でも取り回しの苦労が
かなり軽減される。



次に、
跨がるときにふらつきがない。
立ちゴケの恐怖から解放される。

トンネル出口や橋の上など
横風の強い場所でも安心感がちがう。

eng008









長年
付き合ってみると
このNC系に採用されているエンジンって
なかなかいいじゃない?なんて思い始めたりするのだった。








eng009




だけどさぁ
この700Xって遅いんだよね。
6000回転超えたらレッドゾーンだし…

なぁんて、
よく酷評されるこのエンジン。


ん~っっ でも実はね…
っていう話を
次回は書いてみたいと思う。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
700Xに乗り始めて6年目…
いろいろ見えてきたことまとめてみたいと思います。








山陰本線の海の見える駅へ NC700X

海が見える駅。

有名なのが
JR四国予讃線、愛媛県にある下灘駅


1807yoroi_a


1807yoroi_b

最近はかなりメジャーになって
全国各地からやってくる人も。



でも、
行ったことがある人なら知ってると思うけど
このホームの向こう側には
実は、国道378号が走っていて、かなりの車が行き来する。

写真だけ見ると
海の見える静かな田舎の駅舎っていうイメージなんだけど
現実はちょっとちがったかな。



















兵庫県の山陰本線にも、海の見える駅舎がある。

1807yoroi_c

1807yoroi_d

美方郡香住町にある(よろい)

1807yoroi_f

1807yoroi_g

こちらは
本当に静かな、そして長閑な漁村にある小さな駅舎。








ホームから見える海の景色も、まさにこれ絶景。

1807yoroi_e






この駅に止まる列車の本数は
上り下りとも、一日わずか9本。

1807yoroi_l

1日の乗車客数は、8人(2016年)









待合室で見つけたノート。

1807yoroi_i

4冊ものノート。
どのページにもびっしりと綴られたメッセージ。


中には、高知から訪ねてきた人も。

1807yoroi_j



そして
こんな見事な絵を見てびっくり!

1807yoroi_k







ここだけ
時がゆっくり流れていくような不思議な空間。

1807yoroi_m



小さな小さな駅舎なんだけど
やっぱりこの駅も
いろんな人たちから愛されてるんだな。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
待合室もトイレもほんとにきれいな駅でした。
地元の方々が、毎日手入れされてるそうです。





千体地蔵に会いに行こう NC700X

三木にある大谷川。

その川沿いにある集落の外れの山裾に
無数の地蔵尊が祀られている。

1807sentaijizo_a

1807sentaijizo_b

1807sentaijizo_c

d

無数の地蔵がならぶ様は、これほんと…圧巻。



山肌にも
たくさんの地蔵が刻み込まれている。

1807sentaijizo_f

1807sentaijizo_e










1m以上もある大岩に刻まれた本尊。

1807sentaijizo_i

8世紀の初め
この地に蔓延した悪病をおさめるために
建立されたといわれている。

一説には、あの行基菩薩の作とも。





後の室町時代には
子宝信仰の地蔵として崇められるようになる。

お参りをして子宝を授かった人たちが
御礼に地蔵尊をここにおさめはじめ
いつの間にか、無数の地蔵が集まる場になったらしい。









中には
こんな可愛い地蔵さんもいたり…

1807sentaijizo_g





その一方で
長い年月、風雨にさらされて
顔がもうわからないくらい風化してしまったお地蔵さんも。

1807sentaijizo_h










1807sentaijizo_j

地蔵さんたちの前にならぶお茶碗。



中には
朝いれたばかりのお茶もあったり…。


千体地蔵…。
今でも地元の人たちに大切にされているんだな。


1807sentaijizo_k




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
これだけのお地蔵さん。
そのどれもが、それぞれちがう顔をしているのが不思議です。









湯郷温泉@市営露天風呂にて NC700X

岡山方面を走るツーリングで
ついつい立ち寄ってしまうのが…ここ。


1807yunogo_b

湯郷温泉

湯原温泉、奥津温泉とならぶ
美作三湯のひとつで
古くから名湯として知られてきた。

最近では
女子サッカー関連で話題にもなったかな。








今回も
姫新線の駅舎巡りの帰路に、
ちょっとひと風呂あびることに。

1807yunogo_a

1807yunogo_c


湯郷温泉には
鷺温泉館っていう立派な日帰りの入浴施設があるんだけど




いつも立ち寄るのはここではなく…
吉野川鷺湯橋のたもとにある市営露天風呂


1807yunogo_f








こんな吉野川の風景を眺めながら…

ほんと、開放感溢れる露天の湯。

1807yunogo_g

1807yunogo_j


アルカリ性単純温泉。
湯温は41℃。

さらっとした無色透明の湯。

1807yunogo_h

1807yunogo_i







ほっこり暖まったあとは
川の土手に腰掛けて
吉野川の流れを眺めながら涼んでみる。

川を渡る風が、ほんと…気持ちいい。

1807yunogo_k


この露天風呂。
料金は何と300円。
さらに、駐車場は無料。



100円玉3枚で
ほっこりと幸せになれる… これって最高♪




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
最近ちょっと有名になったのか…他府県ナンバーの車も何台か。






播磨古刹の青もみじ NC700X

1907aomomiji_a

1907aomomiji_b


初夏の日射しを浴びて
鮮やかな緑を楽しませてくれるこの時期の青もみじ。

紅葉の季節ももちろんいいんだけど
新緑の季節のもみじにも、また魅了されるものがある。

1907aomomiji_c





北播磨の古刹 伽耶院を訪ねる。

1907aomomiji_d


紅葉の名所としてよく知られた古刹なんだけど
この時期
境内いっぱいに降り注ぐ
眩しい緑のシャワーを楽しむことができる。

1907aomomiji_e








境内の木陰を歩くと
さっと汗が引いていく。

夏の昼下がり
古いお寺に涼を求めてみるのもいいかも知れないな。

1907aomomiji_f

1907aomomiji_g

1907aomomiji_h

1907aomomiji_i

1907aomomiji_j




本堂の石段に腰掛けて
静かな空間を楽しむ。

1907aomomiji_k

1907aomomiji_l

こういう場所の時間って
ゆっくり流れているんだな。









長いお参りの旅道中。
歩き続けるための丈夫な足腰を願って
山門に草鞋を奉納するのはここでも同じ。

1907aomomiji_m






昔の人たちは
長い長い時間をかけて
この古刹をめざして歩いてきたんだろなぁ。

ほんの小1時間で
ここまで走ってきた自分。
なんかちょっと申し訳ない気も…。

1907aomomiji_n





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
この伽耶院はお気に入りの寺院。また秋にも訪ねます。


ローカル線のレトロな木造駅舎巡り@NC700X

JR姫新線。

1807kisin_a


兵庫県の姫路から
岡山の津山を抜けて新見まで
総延長約160kmの全線単線の路線。



その姫新線の
小さな木造駅舎を訪ねながら
沿線に沿って700Xを走らせた。


1807kisin_d


こういう駅舎に降り立ってみると
思い出すのは
幼い頃にすんでいた小さな岡山の田舎町。

駅舎の小さな椅子に腰掛けて
父親が降りてくる列車をずっと待っていたっけな。


1807kisin_c

そんな物思いに耽りながら
ぼぉ~としてると

ちょうど一両編成の列車が
ホームに入ってきた。


降りてきたのは
部活帰りの中学生数人。





1807kisin_e

1807kisin_b





1807kisin_f

1807kisin_g

1807kisin_h


駅舎の待合室には
こんなノートが置かれていたり。

1807kisin_i

1807kisin_j

なんかいいよなぁ…。
小さな駅、たった1両編成の列車。
乗降客も二桁台。

だけど
地元のみんなに
しっかりと愛されている駅、そして鉄道。


1807kisinn_x

1時間に…ではなく
一日に本当に数えるほどの発着しかない時刻表。


こういう駅で
次の列車をのんびりと待つ旅もいいかもしれないなぁ。

もちろん
バイクは駅のそばの駐輪場に停めて....。



1807kisin_l

1807kisin_k




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ローカル線に沿って走るTouring…ちょっとはまりそうです。^^










織田家ゆかりの地@柏原へ NC700X

ふだんのTouring
これまで幾度となく通り過ぎてしまっていた町に
今日は足を停めてみようと思った。





1806kaibara_a


丹波にある柏原の町

難読地名の筆頭に上がるこの町の読み方。
「かしはら」でもなければ「かしわばら」でもない。
なぜか「かいばら」と読む。




1806kaibara_b


この町
観光雑誌等で
紹介されることはあまりないけれど

実は
あの織田信長ゆかりの城下町なんだとか。


この地を納めていたのは
信長の弟信包(のぶかね)という武将。

町の中心部には、織田家ゆかりの神社も鎮座する。

1806kaibara_m






城は現存していないが
町中を歩けば
城下町の情緒を色濃く遺した風景にいくつも出会うことができる。

1806kaibara_f

1806kaibara_e

1806kaibara_d






柏原藩の陣屋跡。

1806kaibara_h











明治時代の初めに設立された氷上第一高等小学校跡。

今は
リノベーションされて
カフェやレストラン、雑貨などのショップを備える観光施設に。

1806kaibara_g

1806kaibara_j

1806kaibara_l

1806kaibara_x


レトロな雰囲気と
その中に並ぶちょっとお洒落なショップ。
それが、妙に調和するのが不思議。










この柏原の町にある
不思議な橋が… これ。

1806kaibara_o

木の根橋と呼ばれる橋。


樹齢1000年ともいわれている
ケヤキの大木。

その横に伸びた根が
そばを流れる奥村川に橋のごとく架かっている。


1806kaibara_p

1806kaibara_q

これ…
初めて見たけれど
なかなかの迫力に圧倒されてしまう。

1806kaibara_y

高さ22m 幹径6m… 
存在感がはんぱない巨木。











観光案内所に700Xを停める。

1806kaibara_c

話好きな案内所のおじさん。

見所やルート、おすすめの店など
こちらが尋ねなくても
次から次へと教えてくれる。



そして別れ際には…

「記念に写真撮っていきなさいな」
「は?はぁ…」

1806kaibara_r

んっっっ

顔出し写真は決してキライじゃないんだけど


人物名が
あまりにもマニアックすぎるじゃないかぁ…(泣)




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
なかなか落ち着いたいい町ですよ 柏原町。







700XとSuperCubのここ3ヶ月の燃費記録

4月から6月
ここ3ヶ月の愛車2台の燃費記録。


まず、SuperCub。

1807cubnenpi_a

毎回おおよそ50km/L台の燃費。

飛ばしても飛ばさなくても
ほとんど燃費が変わらないのがうちのSuperCub。

通勤快速。
まだまだ現役でがんばって欲しいぞ。

1807cubnenpi_b








続いて、NC700X。

1807ncnenpi_a

こちらも
毎回30km/L台をキープ。

ここ最近で一番よかったのが
6月4日のリッター40.2km。

西播磨の高原を、一日走り回った日の記録。


5万km超えても
未だに燃費は落ちないのがたのもしいな。

1807ncnenpi_b



あとは…
Gas価格が下がってくれたらもっとうれしいんだけど。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
700Xは、毎年夏になると燃費が伸びてきます。


道の駅「丹波おばあちゃんの里」にて NC700X

R175を北上。
舞鶴若狭自動車道の春日ICすぐそばにある道の駅。

丹波おばあちゃんの里


1806tanbaoba_a


入り口の看板の横で
丹波竜マスコットのちーたんがお出迎え。

1806tanbaoba_b




この道の駅。
いつ来てもかなりの賑わい。

1806tanbaoba_d

かなり広い駐車エリアなんだけど
休日はほぼどの時間帯もほぼ満車状態。

クルマだけじゃなくて、2輪も多い。

1806tanbaoba_e


ここは
国道175号、そして舞鶴若狭道と春日和田山道路。
近畿を縦断する主要ルートが交差する地点。

ツーリングやドライブの休憩ポイントとして
いい位置にあるのかも知れない。












久々に立ち寄ったこの道の駅。

1806tanbaoba_c

やっぱり
賑わってるのは野菜や果物の直売コーナー。

1806tanbaoba_f

家族連れで
スーパーに立ち寄る感覚で
買い物していく人たちも多いらしい。







でも
この道の駅の名物は他にもあり。





バターの焼けるいい香りに誘われて…フードコートへ。
美味しいパンが店内に所狭しと並ぶベーカリーショップ 古子路

1806tanbaoba_h

1806tanbagranma001


この店のおめあては、
そう…丹波といえば黒豆パン。


ところが… 
がぁぁぁん Σヾ( ̄0 ̄;ノ 

売り切れってか??? 

1806tanbaoba_i

いやいや
心配ご無用…。


しばらく待てば
また焼きたてのパンが並ぶのだ。




この日
ゲットしたのは
丹波黒豆パンと道の駅特製のあんパン。

1806tanbaoba_j





こんなでかい黒豆が
がっつり詰まった黒豆パン。

これ、ほんと美味いのだ。

1806tanbaoba_k



あんパンもまた
上品な甘さで自分好みの味。

1806tanbaoba_n

1806tanbaoba_o



デザートは…
これもまた
この道の駅の人気ショップ…のジェラート。

1806tanbaoba_l

ここのスイーツがなかなかの人気。
この日も数人の行列が。


で…
選んだのはチーズ味のジェラート。

1806tanbaoba_m

ブルーベリージャムの酸味の効いた甘さと
チーズの風味がばっちりの相性。

シングルコーン250円はお買い得かも?






1806tanbaoba_p


お腹もふくれてきたので
ここからはまったりと国道を南下。


午後からは
城下町散策と洒落込むことにしようかな。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
夏のTouringのエネルギー補給はやっぱりスイーツ?ですね。^^





あじさいの郷から岩龍寺山門へ@NC700X

丹波岩龍寺の参道沿いに
見事な紫陽花が咲きそろう郷があると聞いて

R175を北に向けて走ってみた。












香良あじさいの郷

1806ganryu_b

ん~っっ
うわさ通りの見事な紫陽花苑。

1806ganryu_a

その数
30種5000株にもなるそうだ。

1806ganryu_c

1806ganryu_d

梅雨の時候。
雨に濡れそぼる紫陽花も風情があっていいけれど

初夏の日射しをあびて
鮮やかな色を競い合うその様を見ると
紫陽花の花の美しさにあらためて気づかされる。

















丹波岩龍寺

1806ganryu_p

紫陽花を愛でたあとは
700Xを山道脇の東屋に停めて
岩龍寺本堂へと続く石段を上ってみる。






石段の先に見えてきたのは
見事な鐘楼門。

1806ganryu_f

岩龍寺のこの山門は
映画「源氏物語ー千年の謎」のロケ地となったことでも有名。

映画の中で
生田斗真さん演じる光源氏が駆け上っていいったのがこの石段。


1806ganryu_g

確かに間近で眺めてみると
時代を感じさせる凜としたその佇まいは
平安時代の舞台セットになっても何の不思議もない。

1806ganryu_h








茅葺き屋根の本堂。

でも
岩龍寺の本尊はこの本堂ではなく
ここからさらに山深く入り込んだ先の洞窟内に安置されている。

1806ganryu_j











本堂をやり過ごして
山道を登っていく。

1806ganryu_k


ちょっとワクワク冒険気分…。
でも、正直言うと…
人っけの全然ない山道はちょっと怖いんだけど。(; ̄Д ̄)



ほんの数百mらしいんだけど
実際には
かなり歩いた気がする。

たどり着いたのは独古の滝


1806ganryu_l

落差18m。
水量もたっぷり。

おぉぉ~
気持ちいい水しぶきが
汗ばんだ体にほんと気持ちいい。




滝の傍らにある本尊の拝殿。

ap1112



本尊は
この洞窟の中に祀られている。













樹齢500年。
その根本で結ばれているといわれる夫婦杉。

1806ganryu_m


木漏れ日の中で
じっと佇むお地蔵様。

1806ganryu_o


豊かな自然に囲まれて
1500年の時の流れを見つめてきたこの丹波の古刹。
歴史の重さを感じさせてくれる空間がここにはあった。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
紫陽花見学のつもりで走ってきましたが
この山寺の境内もなかなかの見応えがありました。






PENTAX単焦点レンズ DA50mmF1.8 で700Xを撮影

PENTAXの単焦点レンズ
smc-DA50mmF1.8

1806da1850_a


これ
PENTAXのレンズの中でも
かなり安価なレンズ。

造りもプラスチック。

巷では
撒き餌レンズなんて呼ばれたりもしてるんだけれど




でもでもこのレンズ。
実は、なかなかの実力の持ち主。













K-30に装着して
晴天下で700Xの撮影をしてみる。

1806da1850_c

開放 F1.8で撮影。
 
ピント合わせはかなりシビアだけど
ふんわりとしたやさしいボケが得られる。





1806da1850_d

ちょっと絞って、F3.2。
このあたりのボケ味もなかなかいい感じ。











次は
ぎゅっと絞ってF10で撮影。

1806da1850_e

1806da1850_f

ここまで絞り込むと
キリッと引き締まった画になる。








開放ではふんわりとしたソフトなぼけ。
逆に絞れば、かなりシャープな写りに。

このレンズ
PENTAXのアウトレットで11.000円で購入。

手持ちのレンズの中でも
一番安価なレンズ。


でも
安かろう悪かろうでは決して…ない。
光学性能は値段以上のそれがあると思う。


何よりも1.8という明るさ。
くらい場所でも
しっかりとシャッター速度を稼げるのはうれしい。













1806da1850_b

ただ、
50mmという焦点距離。
35mm版換算で、76.5mm相当という中望遠の画角に。



被写体にレンズを向けたとき
最初はかなり違和感覚えたけれど

それも
自分が動けばなんとでもなること。




慣れてしまえば
この軽いプラ製ボディの単焦点レンズ。

ツーリングに気軽に持ち出せて
かつ、頼もしい相棒になってくれる。





バイク旅の風景に
ひと味添える単焦点の絵。

この夏は
こいつでいろんな景色を切り取っていきたいと思う。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
PENTAXのレンズは空や海の青もめちゃきれいな色がでますね。








2台のカメラを持ち出すようになった最近のツーリング

最近のツーリング。

持ち出すカメラは
Canonのコンデジに加えて
PENTAXのデジイチも、700Xに積み込むようになった。


1806camera2_a











実は
お蔵入りしていたK-30を引っ張り出してきて
PENTAXの50mmf1.8をつけてみたら
なかなかこれいい感じ。

最近
ちょっとした散歩カメラになっていたこのコンビ。

1806camera2_c



どうせなら
700Xに積んで
ツーリングでもこのコンビに活躍してもらおうかなって











700Xのラゲッジボックスの中。


1806ono_s

まずカッパを積んで
その上に敷いたエア入り緩衝シートの上にK-30を。


これで
かなり振動は軽減されるはず。

ナップに背負う手もあるけれど
長時間走ることや
さっと取り出せないことも考えると
この積載法が今のところベターかな。









乾電池仕様のK-30に
軽い単焦点50mmとの組み合わせ。


1806camera2_b


ツーリング先で
写真を撮る楽しみが増えてきそうだぞ♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚
 







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ラゲッジボックス内なら、急な雨でもまず大丈夫…だと思います。^^;












小野ひまわりの丘にて@初夏の花撮り

小野ひまわりの丘公園。



ここはその名の通り
毎年夏にたくさんのひまわりの花が咲くことで有名。




見渡す限り、一面のひまわり。(画像は昨年7月撮影)

1806ono_b

本当に見事なひまわり畑。







今回はそのひまわりにはまだチョット早い時期。

ねらいは
丘公園の北エリアに咲くラベンダー。

1806ono_a



700Xを停めて
K-30片手にまずはぶらりと公園散歩。


1806ono_c


よく手入れのされた花壇が
園内のあちらこちらに。





1806ono_d

1806ono_g

1806ono_m,






花に群がり
お食事中のコガネムシや蜂さんたちも。

1806ono_e


1806ono_f





昨夜の雨…
水滴になって葉っぱの上で揺れていたり。


1806ono_h





園内には
ちょっとお洒落なベンチも。

1806ono_i

でも
座っていると蜂がいっぱい寄ってくるんだけど… Σヾ( ̄0 ̄;ノ





ポピーの花の群生。

1806ono_l

ひゅっと伸びた花が
面白いと思うぞ。









そして
やっと出会えた
おめあてのラベンダー。


1806ono_t



ラベンダーの小径も歩いてみる。

1806ono_q









このひまわりの丘公園。

花だけではなく
子どもが遊べるこんな遊具もあったり

1806ono_o



芝生の広がる園地もあったりする。

1806ono_p



みんな
思い思いの時間が過ごせるこの公園。

1806ono_r

なかなか人気があるのもよくわかる。





ひまわりの時期は大混雑するんだけど
今の季節は、
おすすめのエリアかも。

1806ono_n






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
身近な公園再発見♪
ひまわりの季節にまた来ようと思います。



旧因幡街道宿場町 大原宿にて NC700X

ベルピール自然公園で
絶景をたっぷり楽しんだあとは
志引峠を岡山方面へ下る。





373号と合流するそこにあるのが大原宿

1806oohara_a

因幡街道の宿場町のひとつ。

山陰地方の藩主が
参勤交代で江戸をめざす道中にここに宿を取ったという。


本陣跡や脇本陣の遺構が遺されていて
数百mほどの街道沿いには
町屋づくりの家々が軒を連ねている。


1806oohara_b

1806oohara_c

1806oohara_d

1806oohara_j



重厚な趣の町屋造り。

白いナマコ壁に明かり取りの窓。
そして、
火事の延焼を防ぐための袖壁など

当時の特徴的な建築様式を随所に見ることができる。

1806oohara_e

1806oohara_f



古い町並みには
なぜか水路が流れているところが多い。

この大原宿にも
水量豊かな水路が街道沿いを流れている。

1806oohara_g

1806oohara_h

手をつければ
あっと思うほどの冷たい水。

そして、とてもきれいな水なのだ。


この町でも
やっぱり昔から
水は本当に大切にされてきたんだな。





大原宿のそばを流れる吉野川。
この川もまた美しい。

1806oohara_i









この大原宿。
実は
ぜんぜん観光地っぽい雰囲気がない。


観光案内所も1軒だけ。
それもひっそりとあるだけ。

町中歩いても
観光客が喜びそうな店なんて一軒もない。





でも、
それが逆にこの大原宿のいいところなのかも知れない。

観光ブームに乗っかった
賑やかすぎる古い町並みが
ほんと…多くなったもんなぁ。






町中にひとつだけある無料の休憩所。

1806oohara_n

東屋に腰掛け
小さな日本庭園風の庭をぼ~っとながめて時間を過ごす。

1806oohara_o



何にもない。
でも、ただ静かに歴史を伝える町並み。

そういう観光地があってもいいなと思う。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
でも、高原降りてくると大原宿はちゃめちゃ暑かったです。^^;;;







初夏の高原へ 700Xを走らせよう

梅雨の晴れ間
貴重な太陽の光。

こんな一日は
じめじめした気分を一気に振り払いたいゾっ









と、いうことで
めざしたのは西播磨の高原。

1806highland_a

こんな気持ちのいい天気。
ほんとに梅雨入りしたんだろうかって。









県道72を北上。
道の駅ちくさにて小休止。

1806highland_b





この道の駅の傍らを流れる千種川。
とてもきれいな流れ。


見てるだけでも気持ちがいい。
清流っていうんだろな、こういう川の流れ。


1806highland_c




ここ
昔はよく立ち寄って
水遊びなんてした覚えがあるんだけど

今は
「ここから先有料」なんて看板が…Σ( ̄ロ ̄|||)

1806highland_d

この道の駅
昨年リニューアルしたって聞いたけど
ん~
昔のような気軽さは、もぉなくなったのかなぁ…










気を取り直して
さらに県道を北上。


ちくさ高源にやってきた。

1806highland_f



冬は
スキー場になるこの高原。



ここも
昔何度も訪れた懐かしい場所。

1806highland_g

緑の森からふき降りてくる風。

梅雨のうっと惜しい気分なんて
一気に吹き飛んでしまうくらいの爽やかさ。

1806highland_h

1806highland_i

熊注意の看板がちょっと気になりつつも Σ(゚д゚;)
この気持ちのいい高原で
しばしまったり…。








まだ陽は高いぞ。
もう少し標高の高い高原までのぼってみようかな。

国道429号にスイッチして
岡山県との県境志引峠を駆け上がる。




道は悪くはないんだけど
かなりの勾配。

1806highland_j

かつて
砂鉄を運ぶために山越えしたルートだと聞いた。

700Xで
あっという間に駆け上がってきたけれど
昔はかなりの難所だったんだろなぁ。










志引峠を越えて
ベルピール自然公園へとさらに標高を上げる。

標高865m。

1806highland_p


ここまで上がってきたぞぉ。







1806highland_k


このベルピール自然公園。

氷ノ山や日名倉山、那岐山
さらに天気がよければ小豆島までが見渡せるという
まさに絶景のスポット。

1806highland_l


丘の上にどぉーんとそそり立つ鐘楼。
ここにあるのは
リュバンベールの鐘と呼ばれる愛の鐘。

その大きさは日本一らしい。





のぼってみると…

1806highland_m



ん~
確かにでかい鐘っっっ。

1806highland_n

サイトを見ると
この自然公園では
オリジナルウエディングも開催されるんだとか。


でも
建物はかなり古びた感じだし…
おまけにやっぱり「熊注意」の看板もあるし…

ん~ ウエディングかぁ ビミョーだなぁ






ただ
この鐘楼の上からの景色は…
これまたすごっっっっい絶景っっ!

1806highland_o

image.jpg1806highland_x



この景色見る…
それだけのために
つづら折りの山道をのぼってくる値打ちは十分にあったなぁ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚



image.jpg1806highland_y





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
夏は高原♪ 気持ちいいですよね。







道の駅白崎海洋公園へ NC700X

加太から南へおおよそ70km。
白崎海洋公園へ。



まず
手前で出向けてくれたのはウミネコ。


1805shirosaki_a

この白崎海岸周辺は
ウミネコの繁殖地として有名。

ちょうどこの時期
たくさんのウミネコたちが産卵のためにこの海岸へやってくる。

1805shirosaki_i









さらに先へ進むと…

1805shirosaki_b

海岸線には白い岩礁。

白い石灰岩がむき出しとなった
この白崎海岸独特の風景。




こんな奇岩巨石も…。

1805shirosaki_c

700Xをすぐそばに停めてみたけれど....
これ、ほんと…なかなかの迫力。














道の駅「白崎海洋公園」。


白い岩肌に囲まれた
だだっ広い駐車場。

1805shirosaki_d




展望台から望む海の風景もなかなかいい感じ。

1805shirosaki_e

1805shirosaki_f






この日は曇天だったのが残念。

青空だったら
この白い大地とのコントラストは最高だろうなぁ。

1805shirosaki_g

1805shirosaki_h














帰路は
和歌山市内から26号バイパス(第2阪和道路)へ。

1805shirosaki_j

1805shirosaki_k

去年の春
全線開通したバイパスだけど
走りやすくてほんと気持ちのいい道。

大阪~和歌山間がぐんと近くなったぞ。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
久々に阪神高速乗りましたが、こちらは混雑、しかも高い料金…(泣)







ユーザ車検へ@NC700X

納車から5年。
で、700Xの2回目の車検。

今回も
いつもと同じように
自分で検査場に持ち込むユーザ車検。










ちょっと気になっていたリアタイヤの減り具合。
残り溝は1mm程度。

検査は0.8mm以上で合格。

ん~ 
これでいくつもりだったけど
ちょっとビミョーかも?


悩み悩んで
当日の朝になって
やっぱ新品入れとこっかぁぁ ε=ε=(;´Д`)







開店と同時に飛び込んだのは2りんかん。

「ん…これはちょっとビミョーですね」
「やっぱ、そですよね… 今日の午後の検査なんです」
「OK、じゃ間に合わせましょ!」


快く引き受けて下さった朝イチの作業。











ん~ 
新品タイヤ♪。

これでもう心配なし。

1806shaken_a

1806shaken_b









今回もやはり
ブリジストンの BATTLAX BT-023。

もともとNC700Xの標準タイヤ。
3本目になるけど、ずっとこれ。

1806shaken_c



ツーリング向けのこのタイヤ。

全天候下で安心して走れるし
ライフも長い。

変な癖のあるタイヤじゃないのが
やはりバイク旅には一番うれしい。










ということで
仕事も済ませて
意気揚々と姫路自動車検査登録事務所へ。

1806shaken_d


ここ
つい2ヶ月前
FITのユーザ車検でもやってきたばかり。







新しく?なった2輪専用レーンへ。

1806shaken_e


大画面のモニタに出る指示に従って
検査が次々と進む。




検査そのものは
10分程度で終了するんだけど

今回はなぜか
ブレーキでアウトになって再入場。Σ('◇'*)エェッ!?






よく見てみると…
他のバイクも次々とブレーキで「アウト」が…


「なんでブレーキでアウトが出るんですかぁ?」
「ん… タイミングの問題じゃないかなぁ」
と、検査官の弁。


えぇ~ 
なんかよくわからないけど…

とりあえず
再入場の検査はしっかりクリア。








今回は
ちょっと時間かかったけど
なんとか、新しい車検証とシールを手に♪

1806shaken_f






古いシールをはがす…
この作業ってなんかワクワクするんだよなぁ(笑)

1806shaken_g




そして
新しいシールの貼り付け。

1806shaken_h

1806shaken_i

2年前と
デザインが変わってるじゃん?

前の方がよかったような気がするけど…











ということで
今回もユーザ車検が何とか無事終了♪

1806shaken_j

かかった費用はこれだけ。(タイヤ代は別)


昨春、値下げになった自賠責保険料。

前回の車検よりも
2,000円ほど安く上がったみたい。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
やっぱり愛着湧きますよね… 自分で通す車検♪




紀州加太へ@深山砲台跡探検記 NC700X

和歌山加太の展望台から。

1805kadahoudai_b

1805kadahoudai_a

紀伊水道を見渡せる絶景の丘。













実はその昔
大阪湾を防御するために、この地に軍事施設が建設された。

1805kadahoudai_c

由良要塞と呼ばれる施設で
竣工は明治30年。


その要塞の一部
深山第1砲台跡がこの丘の森の中に遺されている。
















休暇村紀州加太のパーキングに700Xを停めて
遊歩道へと歩を進め、いざ森の中へ。

ちょっとした探検気分にわくわく~♪

1805kadahoudai_d

土曜日の午前9時。

すぐ近くに
たくさんの人が宿泊する休暇村があるのに
誰一人として、この遊歩道…歩く人はいない。


だんだん心細くなってくる気持ちを振り払うために
ももクロの歌を口ずさんだりしながら…
 

1805kadahoudai_e





遊歩道を上り詰めて広場に出ると
突然現れた地下へと続く階段。

おぉぉ~
探検気分は、もぉクライマックスっっ!!!!

1805kadahoudai_f


おそるおそる階段を下りる。

湿った空気が体を包み始める。

なんかめちゃぞくぞくしてくるし… (; ̄Д ̄)

来てしまったことをちょっと後悔しながら
それでも半分意地で中に入ってみる。







大砲に積める砲弾を格納するための弾薬庫。

1805kadahoudai_g

1805kadahoudai_h


重厚な時の重みを感じさせる赤レンガ。
そして、どこかノスタルジックなデザイン。




昼間なのに中はまっくら。
なぁんにも見えないっっっ。

てか、めちゃ怖いんだけどぉ Σ(゚д゚;)


おそるおそる
真っ暗な弾薬庫の中を
ストロボを炊いて撮影してみた。

1805kadahoudai_i

10枚以上撮ったのに
ピント合ってたのはこの一枚だけ。

あと全部ピンぼけ(泣)
ビビってシャッターぶれたんだろうか それとも??? ?q|゚Д゚|p





地下に造られたこんな広い地下室。
当時はこの中に
山ほどの弾薬が積まれていたのだろうか。







さらにこの先にトンネルが二つ。

1805kadahoudai_j




やはり
このトンネルにも地下室が掘られ
弾薬庫として使われていた部屋がある。

1805kadahoudai_k

いやぁ…ここはもぉかなりヤバイっっ ヾ( ̄0 ̄;ノ

探検というよりも
これもぉ肝試しのレベルじゃんっっっ。(泣)







それでも降りて
ストロボ撮影してきたけど…全部ピンぼけ(号泣)









広場があったので
ほっとひといき。

って、ここ…
この円形の部分が、実は砲台が設置されていた場所。

1805kadahoudai_l


設置されている案内板を見ると

1805kadahoudai_m

ここには6門の砲台が設置され
それぞれのトンネル内に弾薬庫を配置していたみたい。






明治時代の戦争遺跡が
これほどの状態で遺されていることにかなり驚き。






砲台のある丘から降りて
加太の港へやってきた。

1805kadahoudai_n

気分かえて?

加太の町中を
ぶらっと歩いてみようかな。.。゚+.(・∀・)゚+.゚




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
あとで聞いたら、あそこマムシ多いよって…
それって、おばけより怖いじゃんっっっ(TДT)




ぶらり散歩@宮津の町にて NC700X

知らない町で
休日の午後をまったり過ごしてみるのもいいかな。




丹後巡りのツーリング。
その午後の時間を、
宮津の町で過ごすことにした。









まずは
川縁の公園で小休止。

1805miyadu_a




芝生に出てみると協会を見つけた。

1805miyadu_b

1805miyadu_c

カトリックの教会だった。






お腹空いたので
道の駅で弁当を買ってみたり…。

1805miyadu_d

260円也… めちゃ安いヤン。







江戸時代の大富豪の旧家をのぞいてみたり…。

1805miyadu_e

1805miyadu_f








「こんな暑い日は滝に行きなさいな。涼しいでなぁ」

道の駅で出会ったおじさんに教えてもらって
山道を駆け上がることに。

1805miyadu_g


最後は
こんな石段をとぼとぼ登って…

1805miyadu_h











おぉおおおぉぉ~っっ♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚

1805kanabiki001


これはこれはすごい滝。
金引の滝っていうんだとか。


1805miyadu_j

1805miyadu_k

滝壺がとても浅い。

それだけに
めちゃ水しぶきが飛んでくるのだ。


高さ40m
幅は20m

一年中水が涸れることはないらしい。








1805miyadu_m


5万km超えた700X。
まだまだ元気に走ります。

この日の燃費も 37Km/L
なかなかがんばるなぁ






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
知らない町でのんびり過ごすのもまたいいものですね。









天橋立に来たらこれ@知恵の餅だよね

1805chie_a

ちりめん街道をあとに
北へ上がって訪れたのは天橋立。




ここに来たら
必ず立ち寄るのがここ。

智恩寺の門前通りにある吉野茶屋。

1805chie_b



ここの知恵の餅… 最高に上手いっっっ。
大好物だったりする。




1805chie_c

食べると知恵が授かる…
なんて謂われのあるお餅。


本当に知恵がつくのかどうか
そんなことより
この餅の美味さの方がうれしいのだ。




3つセット。お茶付きで260円也。

きゅっと冷やされた餅。
その冷たさが、
餡の甘さを引き立ててくれている。

しつこくもなく
また、物足りなくもない…ちょうどいい甘さ。







こし餡と餅…といえば
伊勢の赤福が有名だけれど

この知恵の餅の方が個人的には好きかも知れない。

1805chie_d



で…
いつもこのこの茶店でお餅食べて

そして、
肝心の観光名所天橋立はいつもスルー(笑)



観光より、
甘いもん、美味いもん。

そう、これでいいのだ♪




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
同じ餡ころ餅でも味が違うのは面白いですね。











丹後ちりめん街道を往く@NC700X

京都北部にある小さな町
与謝野の里を訪ねてみた。


1805chirimen_a

国道を外れて脇道に回り込むと
静かな佇まいの古い町並みに出会った。







ちりめん街道といわれる
与謝野町のこの通り。

300年の歴史をもつといわれる
丹後ちりめんの産地として知られている。

1805chirimen_b












ちりめんとは絹織物の一種で
その製法により
布地の表面に独特の凸凹文様が表れるのが大きな特色。

1805chirimen_c

1805chirimen_d


現在でも
高級呉服や風呂敷、財布等の生地として使われている。



雨が多く
年間を通じて湿潤なこの地方の気候は
乾燥を嫌う絹織物の生産に適していたそうだ。










町中を歩いていると
ガッタンゴットンガッタンゴットン

聞こえてくるのは機織りの音。

1805chirimen_q





「ほぉ、神戸からですか」
「どうですか? 中入って見ていって下さいな」

職人さんに声をかけられて
工場の中を見学させてもらうことに。






普通の家のような間口をくぐると
その奥には大きな機織り機が4台。

1805chirimen_e





生糸を重ね合わせながら
どんどんと生地が織りなされていく。

1805chirimen_f

ガッタンゴットン、ガッタンゴットン
工場内に鳴り響く機織り機の大きな音。




1805chirimen_g

1805chirimen_h

間近で見ると
これ…なかなかのすごい迫力。

1805chirimen_i



聞けば
もう50年近く稼働し続けている機械らしい。

1805chirimen_j

ただ
こんな機織り機を生産する会社はもうなくなってしまい
部品一つ壊れれば
その修理には大変な苦労を要するのだとか。





それでも
このちりめん街道沿いには
こんな機織り機を何台も稼働させ
絹織物の生産を今もなお続けている工場が多々あるというから驚き。









江戸から明治初期にかけて
絹の生産でかなりの財をなしたといわれるこの町。



通りの随所に立ち並ぶ大きな蔵や白壁の屋敷に
そんな当時の名残を垣間見ることができる。

1805chirimen_k

1805chirimen_l







1805chirimen_m

1805chirimen_n

1805chirimen_o






通りに鳴り響いていた
機織り機の音がぴたりと止んだ。


あたり一面
何の音も聞こえない。

静かな静かな空気が
このちりめん街道をつつんでいく。

1805chirimen_r



こういう雰囲気…いいなぁ。



さぁ、ぼくらも…
700Xのエンジンをかけるのをやめて
この静かな時間をもう少し楽しんでみることにしようかな。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
初めて訪ねた町でしたが
どこか懐かしい雰囲気に浸ることができました。




700X@ハンドルバーエンド交換後の感覚

この春の
伊勢鳥羽Touringの際に落としてしまったバーエンド

1805b_end_e


POSH製のバーエンドに交換したんだけれど
かなり大きさも軽さもちがっていた。

1805b_end_f

















その後
この小さくて軽いPOSH製バーエンドで走ること1ヶ月。






ハンドルの感覚としては…
悪くないじゃん?って感じ。

1805b_end_a

重さはかなりちがうから
ハンドルの痺れやら振動やら
不具合あるか心配だったけれど


つい先日
日本海まで往復300km超。

一気に走ったけれどなんの不具合もなし。
手の痺れも皆無。








これから交換して大正解だったかな♪ .。゚+.(・∀・)゚+.゚

1805b_end_b




ノーマルのバーエンド。

1805b_end_c

かなりでかくて重かった。
で、
なぜかクルクル回って固定できない。









POSH製は
きっちり固定できる。

しかも、見た目もなかなかグーかな?


1805b_end_d


バイクの長旅で
お尻が痛くなったり
痛みや肩が凝ったりするのは辛いけど

手の振動も
長距離走る場合にはかなり不快。




POSH製のバーエンド。
これなら
かなりの長距離も手に負担なく走れそう♪ (* ̄∇ ̄*)




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
バーエンドって小さなパーツですが大事ですよね。





700Xツーリング@にわか鉄ちゃんになる?!

国道176号を北上。
与謝トンネルを抜けて
峠を下ったところにあるのが加悦SL公園












広い敷地に
かなり珍しい
しかも歴史的な価値のある機関車たちが展示されている。




1805kaetsu_a

大正時代に
長州鉄道向けに製造されたアメリカ製の機関車103号。
昭和39年まで稼働していたというからすごいなぁ。









1805kaetsu_b

北海道で活躍したC58390。
製造は昭和21年。
昭和50年に廃車となるまでに
なんと185万kmを走りきった車輌らしい。







1805kaetsu_c

明治7年
関西で最初に走った英国製の蒸気機関車。
稼働年数は24年。
総稼働距離は30万km近かったという。









展示されているのは
蒸気機関車だけではない。

1805kaetsu_d

日本最古の路面電車。

明治28年
京都の伏見ー七条間を走る。

昭和の時代まで66年間
チンチン電車の名で人々に親しまれてきた車輌。

1805kaetsu_e

1805kaetsu_f

間近で車輌をじっくり見ていると
なんか
歴史の重みを感じるなぁ。









他にも
いろいろな車輌が展示されている。

1805kaetsu_g

1805kaetsu_h

1805kaetsu_i











この木造駅舎は
旧加悦鉄道加悦駅を復元したもの。

1805kaetsu_j

大正時代の代表的な洋風建築。
ノスタルジックな雰囲気がむんむん伝わってくる。



駅舎内には
当時使われていた実物のレールや
信号灯、標識、電話等々
興味深い様々なSS医療が展示されている。

1805kaetsu_k

1805kaetsu_l

1805kaetsu_o













1805kaetsu_p



自分の役割を終えて
ここに静かに佇む鉄道車輌たち。

それぞれの車輌が
それぞれの年代を
本当に力強く走り抜けてきたんだな。




鉄道マニアでなくても
きっと楽しめるこのSL公園。

家族連れにもお勧めかも。






--------------------
加悦SL公園
http://www.kyt-net.jp/kayaslhiroba/index.html




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
鉄道写真にもちょっと興味が湧いてきました。





緑降り注ぐ道を駆ける@NC700X

新緑が目に眩しい季節がやってきた。


1804green_a

1804green_c

1804green_b

1804green_d

こんな道…
ただただ走っているだけで心が躍りはじめる。




1804green_e

1804green_f

いい季節がやってきた♪

美しい季節に彩られた
こんな道を走れることに幸せを感じながら

ゆったりとバイク旅を楽しみたいな…。








にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
これからが、一番走りやすい季節かも知れませんね。



かやぶき屋根の下で@NC700X

1805kayabuki_a

茅葺き屋根の古民家。



1805kayabuki_e


1805kayabuki_b

近くでまじまじと見ると
なかなかの迫力。










日本の原風景…

なんて言われたりして
地域によっては観光の目玉にもなったりもするけれど





この茅葺き屋根って維持がたいへんらしい。



まず
この屋根を葺く職人さんが少ないということ。

そして
維持費もバカにならない。

3~4年サイクルで補修。
その費用が30~40万円って聞いたことがある。

さらに全部葺き替えるとなると
安くて200~300万円
軒を下ろしての作業となるとその倍以上とか。





維持する立場の人たちの苦労は
僕らには計り知れないモノがあるんだろな。


1805kayabuki_c

1805kayabuki_d

1805kayabuki_f



それでもやっぱり
こういう風景に出会うと
足を止めて見入ってしまう。


日本的な何かを感じてしまうのかなぁ…。



と、ふと目をやると
茅葺き民家の片隅に
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


小さな「日本」が…

1805kayabuki_g





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
たわしって日本の三大発明のひとつ?なんですね。






NC700X@チェーンの掃除

駆動系は
きちんと手入れしてやらなきゃ。

カブのトラブルからの反省…。Σ( ̄ロ ̄|||)





ということで
久しぶりに700Xのチェーン掃除。


考えてみたら…
前回掃除したのはいつだろ Σ(゚д゚;)






とりあえず
クリーナーで汚れ落とし。

1805chain_a



しっかり拭き取って渇いたあと
チェーンルブをたっぷりと。

1805chain_b






1805chain_c


まっ黒だったチェーンが
少しはきれいになったかなぁ Σ(´д`;)









にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
700Xのチェーンもぼちぼち交換時期かも?です。><





姫路ヤマサ蒲鉾へ@芝桜の小径 NC700X

GW初日。
バイパスに乗って、700Xを西へ走らせる。







なぁんだ♪
大型連休と言っても
道路は楽勝じゃん~ .。゚+.(・∀・)゚+.゚

1804yamasa_a





なぁんて気分よく走ってら…Σ( ̄ロ ̄|||)
ほんの数km走ったあたりからバイパスは大渋滞っっっ。

1804yamasa_b

うぅ… 甘かったぁ(泣)








それでも
一般道に降りて
姫路から北へ。

県道を駆け上がれば、ここはもうご機嫌な道。

1804yamasa_c

1804yamasa_d














しばし山道楽しんだあと
たどり着いたのは、
ヤマサ蒲鉾の姫路本社工場。

1804yamasa_e

でかいカニの爪のオブジェがお出迎え。







1804yamasa_f

このヤマサ蒲鉾本社工場。

美味しい蒲鉾の直売店の他
工場見学の受け入れや
蒲鉾づくり教室などが開催されていて、なかなか楽しい人気の施設。


さらにこの時期
工場の敷地内にある見事な芝桜公園が一般公開される。

1804yamasa_g

それが、なんと無料!
入場料もなし、駐車料金もなし… なのだ♪








工場敷地内から
小径を歩きながら山裾に歩を進める。

1804yamasa_h





色とりどりの見事な芝桜。

1804yamasa_i






丘の上には
でっかい魚のオブジェ。

1804yamasa_j




ヤマサ蒲鉾のマスコットキャラ
さっちゃんも。

1804yamasa_l







さらに山の奥へ
小径を歩いて行くと…

1804yamasa_m

ここにも見事な芝桜。

ほんと
山の斜面に敷き詰められた絨毯のよう。

1804yamasa_o


藤棚とのコラボもなかなかいい感じ。


1804yamasa_n










芝桜の小径を楽しんだあとは
ヤマサ蒲鉾名物のチーカマドッグをげっと。

1804yamasa_p

チーズをたっぷり練り込んだ蒲鉾を
ふんわりした生地で包み込んだこのドッグ。

1804yamasa_q

これ…
初めて食べたけど
なかなか美味しいじゃんね♪

蒲鉾がこんなに美味いなんて、
ちょっとうれしい驚き。.。゚+.(・∀・)゚+.゚




もう一本
食べたくなったけれど
あまりに暑かったので、ここはソフトクリームにシフトチェンジ。

1804yamasa_r

このソフトも
なかなか濃厚なバニラ味。

250円は安いぞぉっ(笑)









空を見上げれば
つき抜けるような青空。

1804yamasa_t

1804yamasa_s


芝桜を楽しみながら
山の小径を散策…

これってちょっとイケてるGWの過ごし方かも?







--------------------
ヤマサ蒲鉾
http://www.e-yamasa.com/





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
芝桜の一般公開はGW最終日の5/6まで。
なかなかお勧めのスポットです♪


北播磨桜めぐり NC700X

街中の桜は
もうほとんど散り、葉桜に…。


でも
北をめざせば
まだまだ満開の桜に出会えるかもしれない。








めざしたのは北播磨の山中。


川沿いに
北へかけ上がると、こんな土手道に。

1804kitaharima_a

ほろほらぁ
やっぱり間に合ったぞ、満開の桜たち。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

1804kitaharima_b

隠れスポットなんだろうか。

これだけ咲き誇っているのに
花見の人なんてほとんどいない。

まさに
独占状態?の桜道。

1804kitaharima_c

1804kitaharima_d



こんな東屋で一休みしながら
さらに北へ。

1804kitaharima_e

1804kitaharima_f


ダム湖へかけがる途中に
こんな広場を見っけ。


ここもやっぱり… 満開の桜っっ

1804kitaharima_h

1804kitaharima_i

1804kitaharima_j









山を下って帰路へ。


その途中でも
これだけの桜たちが見送ってくれた。

1804kitaharima_k

1804kitaharima_l


今年の春も
心ゆくまで桜…楽しめたかな。







次は
新緑の眩しい道…かな♪ (* ̄∇ ̄*)





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
やっぱり桜っていいですね。








どこで落としたんだろぉぉ 700Xのバーエンド…(泣)

伊勢ツーリングから帰着して
ガレージに700Xを入れようとして…気がついた。

Σヾ( ̄0 ̄;ノ 
えっっっ? ない????




1804bend_a

右のグリップの先にあるはずの
バーエンドがない? 

なんで?なんで?







左ハンドルには
ちゃんとついてるバーエンド。

1804bend_b


あちこち探してみたけど見当たらない。

どうやら
ツーリングの道中で落としてしまったみたい。

でも…
一体どこで落としてしまったんだろ Σ(=゚ω゚=;)

落としたことにも気が付かないなんて…










しかたなく… 
AmazonでPOSHのバーエンドをポチリ。


ノーマルを注文しようかと思ったけど
ちょっと気分変えてみるのもいいかなって。



1804bend_c

HONDA車用M6ソリッドバーエンド
色はマットブラック。






ノーマルと比べてみると…

1804bend_d

かなり大きさがちがう。


1804bend_e

太さもひと回りちがう。


重量をはかってみると…
 ・ノーマルバーエンド:200g 
 ・POSH製バーエンド:50g



とりあえず取り付けをしてみる。

1804bend_f

1804bend_g

みた目はなかなかいい感じ。







ただ
重さが変わったことで
ハンドルの感覚がちがってくるかもしれない。

一度
長い距離走って
確かめてみなきゃいけないかな。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
でも
バーエンド落としたことに全く気づかずに
走り続けてたなんて…これもまた変な話






春の伊勢ツーリング(3) 700Xで駆け抜けた旅の風景

春の伊勢路。
愛車700Xで駆け抜けてきた風景のあれこれ。





志摩地中海村

スペイン村は知ってたけれど
地中海村???… こんな観光施設が志摩にあったんだぁ♪

1803ise03_a

1803ise03_b

おぉ~と
思わず感嘆の声を挙げてしまうほど
異国情緒があふれる町並み。

青い空と白い壁の建物、
煉瓦を敷き詰めた石畳の道。
そして、洒落た花が飾られた窓。

気分はこれ、
本当に地中海リゾート♪
地中海なんて行ったことないけど…(笑)


1803ise03_d

1803ise03_c

ただ、ここ…
観光客はカップルだらけ ノ( ̄0 ̄;)








大王埼灯台

1803ise03_e


これ…近寄って見上げるとかなりの迫力。

熊野灘は
かつては難所として船乗りたちから恐れられていた場所らしい。

リアス式海岸が続く断崖絶鬼の上に
凛とそそり立つこの白い灯台。
荒海を見下ろしながら
荒海をゆきかう船を今も見守っている。

1803ise03_f







登茂山展望台
1803ise03_g

英虞湾が一望できる展望公園。
夕景が美しいんだろうなぁ。






パールロード

志摩半島を南北に駆け抜ける
全線2車線の快走路。

1803ise03_h

1803ise03_i

全線を走り抜けたかったのに
この日は、
的矢湾大橋を渡りきったところで通行止め…


土砂崩れの復旧作業が行われているとのこと。
あぁ無念っっ…(泣)






鳥羽湾夕景

1803ise03_j

1803ise03_k

ゆっくりと出港していく伊勢湾フェリー。
あれに乗れば
1時間で伊良湖岬へ。






伊勢志摩スカイライン

1803ise03_l

1803ise03_m

鳥羽と伊勢を結ぶ
全長16kmの有料道路。

朝一番に駆け上がったので
スカイラインは独占状態(笑)

1803ise03_n

コーナーをクリアするたびに
どんどん高度を上げていくこのスカイライン。

あっという間に
こんな景色を望める場所にまで登りつめてしまった。

1803ise03_o



朝熊山の展望台には
なぜか赤いポストがひとつ。

1803ise03_p

実はこれ、
現役のポストで
ここから愛を込めた手紙を送ると思いが叶うとか。.。゚+.(・∀・)゚+.゚







朝熊山山頂に鎮座する金剛證寺

1803ise03_x

1803ise03_y

かつて
お伊勢参りをするときは
必ずこの朝熊山を登り、金剛證寺に参拝するのが常だったという。

標高600m近くもあるこんな高い山…
バイクならほんの数分だけど
昔は足で歩くだけの旅。
当時の人たちは、
いったいどんな思いでここまで足を運んだんだろう…








内宮参拝
1803ise03_q

1803ise03_r

その昔
仕事絡みで何度も訪ねたことがあるこの内宮。

当時と比べて
外国人客が驚くほど多いことに気がつく。

話を聞けば
どうやらお参りするというよりも
パワースポットとしてのこの場の雰囲気に人気があるみたい。









河崎の古い町並み

かつて
伊勢参りの旅人たちをもてなすために
様々な物資が集約される場所として栄えたこの町。

今でも
商家や蔵があちこちに立ち並び
当時の面影を、今も色濃く残している。

1803ise03_s

1803ise03_t

黒塗りの蔵って
なんだかとても重厚な雰囲気。

でも
朝市に集まった地元の人たちは
みんな本当にいきいきしたいい笑顔。

「神戸からバイクできたんか?」
「ほら桜餅、もうひとつ、サービスやで」




















春の伊勢路をめぐる旅。

1803ise03_v

急に思い立って走り出した今回のツーリング。

でも
いくつものステキな風景に出会い
美味いもんもしっかり楽しんで
そして、
いろんな人と言葉交わせた二日間。

1803ise03_u

旅を終えて
思うことはいつも同じ。

あぁ やっぱりいいなぁ …バイク旅。







にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
帰ってきた翌日には、
もう次のツーリングを考えたりしています(笑)



春の伊勢ツーリング(2) 伊勢に来たらこれ食べなきゃ

これまた
定番中の定番なんだけど

やっぱり…
伊勢に来たらこれだよなぁ。



ということで…手こね寿司

1803ise02_a

もとは
漁師が漁の合間に食べていた食事だったというこの手こね寿司。

手軽に調理できてぱっと食べられる
漁師めしのファーストフードだったらしい。






秘伝の醤油ダレに漬け込んだカツオの切身が
タライに盛られた寿司飯の上に惜しげもなく並ぶ。

1803ise02_b






なかなかのボリューム。

1803ise02_c

甘辛いタレの風味と
酢飯の相性が抜群っっ。

たっぷり盛り付けられたカツオも、これまたいい味。

1803ise02_d

タライをかかえて食べるなんて
なかなか豪快な郷土料理。(笑)



1803ise02_k

鳥羽駅前の七越茶屋にて。

















内宮前のおはらい町。

1803ise02_e






ここでもまた定番のこれっっっ♪

1803ise02_f

甘党にはたまらない… 赤福餅




伊勢に来ると
当たり前のように必ず食べてしまうこのお餅。

1803ise02_g


なんか好きなんだよね。.。゚+.(・∀・)゚+.゚












おかげ横丁まで歩いてくると
今度は、こんなお店に。

1803ise02_h

まだ開店間際の時間なのに
すでにこの人だかり。




その名の通り…
だんご屋にて食すのはみたらし団子



どこにでもある団子に見えるけど
ここの団子…
いろんな味のタレを選ぶことができる。


ノーマルのみたらし。
生醤油味。
他にも、きなこ、黒蜜、三色…。



この日選んだのは
生醤油味と黒蜜の2本。

1803ise02_i


あまぁぁい味の黒蜜もなかなかいいけど
やっぱり香ばしい
こちら生醤油の団子がおすすめかな。

1803ise02_j





伊勢のこの地まで走ってきたんだから
やっぱり
胃袋にも幸せになってもらわなきゃ(笑)




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
美味し国のキャッチフレーズの通り
伊勢志摩には美味しいものがいっぱいありますね。







春の伊勢ツーリング(1) 旅の始まりは二見浦から

名阪国道。
天理の急坂を一気に上り詰めていく。


1803ise01_a

まだ低い太陽。
気温がぐんぐん下がっていくのがわかる。

春とはいえ
寒暖の差の大きなこの季節。
この日の山越えは
かなり厳しい寒さとの戦い。







伊勢道に入って南へ下っていくと
やっと暖かい日差しに出会うことができた。

1803ise01_b








高速道を走るときは
サービスエリアやパーキングにはほとんど立ち寄らない。
一気に走りきってしまうことが多い。





この日も
神戸の自宅を出てから伊勢道まで一気走り。

安濃SAでトイレ休憩。
気がつけば180kmを一気に走ってしまっていた。

1803ise01_c

お金払って走る高速道路。
なんだかこういうところで時間潰すのがもったいない気がして
休憩もそこそこに、また走り出してしまう。(笑)












伊勢に入ったら
やっぱりまずここを訪ねておかなきゃ。

っていうことで
やってきたのは二見ヶ浦の夫婦岩。

1803ise01_d




無事かえる君がお迎えしてくれる。

1803ise01_e






とってもベタなんだけど…
やっぱりいいなぁ。
夫婦岩…。

1803ise01_f







かつては
関西の小学生の多くが
修学旅行でこの伊勢二見ヶ浦を訪ねていた。

かくいう自分も
子どもの頃、ここに来たことを覚えている。

夫婦岩の向こうにのぼる朝陽
友だちときゃっきゃはしゃぎながら見てたっけ。









でも
時代は変わって
今や広島や京都が修学旅行の人気スポットらしい。


そのかわりに増えてきたのが
海外からの旅行者だとか。
とくに欧米からの旅行者が
ここを多く訪ねるようになったと聞いたことがある。


神話がらみのこういう土地に
西洋の人たちには
どんな興味関心をもつんだろう。













お参りをすませて
700Xに跨がろうとすると、
鼻をくすぐるいい匂いが…


1803ise01_i

これこれ…

やばいよなぁ。
朝起きて何も食べずにここまで走ってきたところに
この香ばしい匂い。





思わず
手を伸ばしたくなったけれど…まだまだ我慢。

1803ise01_j

「ごめんね、また来るから」
お店のおばちゃんに挨拶して700Xのエンジンをかけた。

「あぃな、待ってるで。気いつけてな」

また来ないことは
おばちゃんもボク自身もよくわかってるんだけど…。

ごめんね、おばちゃんっっ。













志摩半島を一気に南下。

快晴の空の下。
こんな気持のいい道が眼の前に。

1803ise01_k

なんだかいい旅が始まりそうな予感。





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
天気がいいとツーリング気分がめちゃ盛り上がってきますよね。


加古川@闘竜灘 NC700Xツーリング

1803toryunada_a

加古川の中流。
滝野町上滝野にある名勝。


川幅を埋め尽くす奇岩怪石の数々。

1803toryunada_b


おだやかな加古川の流れが
ここだけ激流となり、滝へと流れ落ちる。

1803toryunada_c

間近で見ると、なかなかの迫力。




1803toryunada_d

岩にかけられた橋の上に立ってみると
豪快な岩が連なるなかなかの風景が目の前に…。

1803toryunada_e





その流れの激しいさまが
龍が躍動する姿に重ね合わされて
闘龍灘という名がついたという。

鮎釣りが解禁される5月には
釣り客で賑いをみせる。


1803toryunada_g

1803toryunada_h










この日はこのあと
北播磨の山道を抜けて帰宅。

200km弱のツーリング。
燃費は36.6km/L。


暖かくなってくると
やっぱり燃費は向上し始めるぞ。(* ̄∇ ̄*)





にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
ライディングウエアもそろそろ衣替えしなきゃ。






文句なしの青空に出会えた NC700X

1803bluesky_a


どどぉぉーーーんと広がった、紺碧の空。


こんな青空に出会えたなんて
何ヶ月ぶりだろう。


1803bluesky_b


このまま帰るのはあまりに惜しいので
ちょっと遠回りしながら
この青空を楽しんでみる。

1803bluesky_c

満開の梅にも出会えてしまった。

1803bluesky_d



1803bluesky_e


ほんの短いツーリングだったけれど
めちゃいい気分。


バイク乗っててよかったなぁと
ホント心底思える時間。




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
春らしい空になってきましたね。








神戸ベイエリアツーリング NC700X

海を見ながら走るのが好きだ

1803kobebay_a


日本海の
あの美しい海もいいけれど

神戸のウォーターフロントを
のんびり流すツーリングもまたいい。







お気に入りの場所は
いつも決まっている。




六甲アイランドの南端、マリンパーク。

1803kobebay_b

1803kobebay_c

ベンチに座り込んで
ぼぉっと愛車と海を眺めてる時間。

これって
かなり贅沢な時間の過ごし方だって
最近やっと気がついた。

1803kobebay_d






灘埠頭。

1803kobebay_l

1803kobebay_k






そして
最後はやっぱりここ。

ポートアイランド北公園。

1803kobebar_r





神戸港を南から一望。

1803kobebay_g



港の異人館。

1803kobebay_h





港には
今日も大型客船が入港している。

1803kobebay_i







空の青と神戸大橋の赤。
そして、その後ろに六甲の山なみ。

1803kobebay_m

神戸の風景でナンバーワンを問われたら
迷わずこの1枚を挙げたいなぁ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚







1803kobebar_s











にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
やっぱり海は気持ちいですね♪





播磨シーサイドロードを抜け、万葉岬へ NC700X

播磨シーサイドロード。

1802manyomap

播磨灘を望みながら
気持ちのいいワインディングを駆け抜ける。
通称「七曲」と呼ばれる気持ちのいい道。




1802manyo_a

1802manyo_b

1802manyo_c

雨も少なく
真冬でも凍結の心配がない。

播磨地方近辺のライダーにはかなりの人気のコース。







この日もたくさんのライダー諸兄とすれ違う。

1802manyo_d

1802manyo_e

1802manyo_f

気軽に手を挙げて挨拶を交わす。

一瞬なんだけど
このライダー特有の挨拶ってホント気持ちがいい。
















万葉岬へ。

1802manyo_g

1802manyo_h

播磨灘を見下ろす絶景の場所。




ここは
地元のライダーが集う場所にもなっている。

この日も
姫路や神戸ナンバーのバイクが何台も。

1802manyo_i







700Xのサイドスタンドを立て
ツバキの丘へ。

1802manyo_p

1802manyo_k

この丘からも
播磨灘の多島美を楽しむことができる。




1802manyo_l

1802manyo_q

春霞の空。
穏やかな海。

そして
早春の光を浴びて
気持ちよさそうに咲き誇る椿の花。



季節は確かに動きはじめてるんだなぁ…。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
走っていてすれ違うライダーが増えてきましたね♪















春は海からやって来る NC700X

「春は海からやって来る」

ずっと昔に読んだ
何かの本に書いてあった一文。


1802shinmaiko_a

播磨灘の
明るく穏やかな海を眺めながら
そんな言葉をふと思い出していた。


たしかに春って海からやってくるのかもしれない。



1802shinmaiko_b

1802shinmaiko_c











黒崎の菜の花畑に立ち寄ってみる。


「まだ今年は咲いとらんよ」
「菜の花まつりは、3月半ばじゃけのぉ」

畑仕事をしているじっちゃんの言葉。

「えぇ~ せっかく来たのになぁ」










それでも
咲きかけの菜の花を意地で見つけてみた。

「やったぁ 見っけ~♪」


1802shinmaiko_d

1802shinmaiko_e


ちょこっと咲きそろいはじめた
可愛い菜の花たち。




来月また来るぞぉっっ。

1802shinmaiko_f






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
何とか春っぽい画像が撮れましたぁ(笑)







陽射しが柔らかくなってきた

1802kaikyo001

先日の寒波が嘘のよう…。


このまま
春になればいいのになぁ。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
日ごとに春が近づいてくるような…







岬の先っぽで早春の海を眺めてみる NC700X

1802wintersea_a

まだ風は冷たいけれど
少しずつ温もりを増してきた陽射し。

1802wintersea_b

1802wintersea_c


早春の海。
そろそろ
新しい季節の始まりかな。


1802wintersea_d






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
海って季節ごとにいろんな表情を見せてくれますね。











この冬の700X燃費

NC700Xの燃費。

うちの場合
夏にはかなり伸びるけれど
冬にはガタ落ちっていうのが過去4年間の記録だった。





ところが
今年の冬の燃費記録は…

1802nenpi001


かなり…いい。



これまで冬場は
30km/h超えなんてほんの数回しかなかったのに。




別に走り方はいつもと同じ。
何にも変わらないチンタラ走り。(笑)




理由はよくわからないけれど
まぁ…ガソリン高の昨今

こういう記録はうれしいなぁ。


1802nenpi002




太山寺@石畳の道へ NC700X

1802taisanji_a

石畳の道。


そして
道の両側に続く白壁。

1802taisanji_b

ちょっといい感じの風情ある道。

1802taisanji_c











道の先は、
三身山太山寺中門へと続く石段。

1802taisanji_d







このお寺。
開祖は8世紀というから
かなり古いお寺。

1802taisanji_e

正面に見える本堂は国宝に指定されている。









でも
この本堂よりも
時の重みを感じさせられるのは…


この仁王門。

1802taisanji_h

田舎道を走っていると
突然あられる入母屋造りのどでかい門。




睨みをきかす2体の仁王様。

1802taisanji_i

1802taisanji_j





無造作に納められた魔除けのわらじ。

1802taisanji_g

1802taisanji_f








実は
このお寺の境内内外には
おおよそ11haにもなる原生林が広がっている。

1802taisanji_l
 ※神戸市教育委員会 神戸の自然シリーズより





この日は渓流沿いに
太山寺の原生林を歩いてみたくてやってきたんだけど…

身を切るような冷たい北風に
泣く泣く退散っっっ。
気温3℃だって… (((( ;゚д゚)))






1802taisanji_k


原生林散策…

リベンジは
もう少し暖かくなってからかなぁ…



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
石畳の道はなかなかいい撮影スポットです。^^







久しぶりに700Xのエンジンをかけてみる

先週末は
雨&雪がちらつく週末。

乗れずじまいで
気がつけば2週間ほど放置状態。




これじゃいけないなぁって
久々にエンジンだけでもかけておこうかなって。







キュルルっ

1802sel_a


セル一発♪
エンジンかかったぁ。



1802sel_b

さすがはHONDAのエンジン。
ぐずつくこともなく気持ちよく始動。

アイドリングも安定している。

1802sel_c


明日くらい
久しぶりに走ってこようかな .。゚+.(・∀・)゚+.゚




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
今年の冬将軍、いつまで居座るのでしょうか… ><







網干臨海工業地帯へ NC700X

網干地区のもう一つの横顔が
臨海地域に広がる広大な工業地帯。



製塩や海苔養殖がおこなわれていたこの土地に
工場進出のための埋め立てが始まったのは大正の中頃。

最初に工場を開いたのは
セルロイドの会社。(現ダイセル)

今では
機械工業や化学工業等々
様々な種類の工場が進出。

臨海部一帯は一大工業地帯をなしている。










人工島からダイセルの工場群を望む。

1801aboshifactry_a

1801aboshifactry_b






なぎさ公園に場所を変えて
同じくダイセル工場を撮影。

1801aboshifactry_c

1801aboshifactry_d

1801aboshifactry_e

このなぎさ公園は
工場夜景の撮影ポイントとしても有名。

確かに大迫力の工場群が目の前に。










人工島から。
揖保川河口をはさんだ対岸に見えるのは
日本触媒の工場。

1801aboshifactry_f



1801aboshifactry_g

1801aboshifactry_h

1801aboshifactry_i

1801aboshifactry_j






冬の日は早く落ちる。


網干の町
あちらこちら楽しんでいるうちに
あっという間に日は傾き始めた。

1801aboshifactry_k


今度はここ
夜景を撮りに来なくっちゃ♪




にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
昼間に見る工場風景もなかなかの迫力ですね。




姫路@網干の古い町並みを訪ねて NC700X

播磨地方のベイエリアって
大きな工場が立ち並ぶ臨海工業地帯のイメージが強い。

実際に海辺を走っていても
工場の煙突やガスタンクが次々と目に入ってくる。








姫路の南
揖保川の河口に位置する網干地区も
昭和の早い時期から
次々と工場が進出してきたエリアのひとつ。








網干といえば工業地帯…
そういうイメージが強いんだけど

でも実は
この網干という町。
路地裏に足を踏み込んでみれば
風情のある古い町並みをあちらこちらで見つけることができる。





運河を渡って新在家地区へ。

1801aboshi_r

1801aboshi_s





商店街の中ほどにある旧網干銀行

1801aboshi_b

1801aboshi_a

大正時代に建てられた地元の銀行。

今は洋品店が入っているけれど
建物そのものは当時のまま。
とても丁寧に管理維持がなされている。


なんとも立派な建物。
当時はこのあたり
網干の町の中心としてかなり栄えていたんだろな。








同じ新在家地区にあるダイセル異人館

1801aboshi_e

明治時代の終わりに
網干地区に創設された日本セルロイド人造絹糸株式会社。
その工場で指導をする外国人技師の住まいとして建設されたのがこの異人館。

1801aboshi_f

堂々とした風格の異人館。

建築は明治41年というから
もう百年以上前の木族家屋。

やはりここでも
古い建物が大切に保存されていることに驚く。

1801aboshi_g









雨が少なく乾燥した気候の播州地方では
古くから燐寸づくりが盛んに行われていた。

この網干にあった岡田燐寸製造所。
その倉庫が当時のままの姿でのこされている。

旧岡田燐寸製造所倉庫

1801aboshi_h

赤レンガを積み上げた重厚な造り。
大正時代の建築。

1801aboshi_i

時代の流れを感じる赤錆びた鉄の扉。

1801aboshi_j

当時はこんな小さな燐寸倉庫が
播州地方のあちこちで見られたという。

1801aboshi_k













この新在家地区から
揖保川沿いの興浜、余子浜へ。

1801aboshi_l

1801aboshi_o

1801aboshi_p

当時の面影を
そのまま今に伝える古い家屋やなまこの白壁蔵。

路地を抜けるごとに
そんな風情のある町並みに出会うことができる。

なんだか
その時代にタイムスリップしたかのような錯覚に…。


















江戸時代
廻船業や醤油の醸造で財を成した大商家加藤家住宅


1801aboshi_c

一面に張り巡らせた黒い焼杉板。
当時の栄華を偲ぶに十分な大きなお屋敷。

文化庁の登録有形文化財建造物に登録されているが
今も実際に住居として使われている建物。











網干地区には
古い寺院も多く点在している。

そのひとつ、浄土宗の古刹大覚寺

1801aboshi_t

よく手入れされた境内。

1801aboshi_u

買い物帰りのカゴを片手に
お参りをしていくおばさんも。

地元の人たちにとっては
ここもまた日常の場なんだろうな。

1801aboshi_v

1801aboshi_y

1801aboshi_w









町中散策を楽しんだあとは
揖保川沿いに南下。

今度は
古い町並みとは全く趣が違う工業地帯へと
700Xを走らせてみた。






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセルありがとうございます。
網干の町再発見の旅…続きます。^^





なんでこんな寒い中…走りに行くの?

ごそごそ革パンツはいて
ウインタージャケットに袖を通していると

「こんな寒いのに…なんで?」

という家人の声。








「なんで?」と聞かれても
ん… どう答えたらいいかわからない。

きっと
他のライダー諸兄も同じでは?




1801kakogawa002

でも、
この日は、たしかに 寒かったぁぁぁ Σ(゚д゚;)


道路脇の気温表示は… 2℃。






選んだルートも悪かったかな…

加古川の堤防は
北風ピューピューふきっさらし。




でも
こんな気持ちのいい冬の川の風景に出会えたぞぉ(笑)






にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
アクセスありがとうございます。
今年の冬は特に寒い気がします…><











プロフィール Shin
愛車はNC700X。西へ東へ、気ままなバイク旅を楽しんでいます。
アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • バックアップ用に3TB外付けHDDを導入~♪
    • 四国の夏を駆ける NC700X (2) 仁淀ブルーに感激っ♪
    • 四国の夏を駆ける NC700X (2) 仁淀ブルーに感激っ♪
    最新コメント



    バイク ブログランキングへ


    にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
    にほんブログ村








    バイク用品から中古バイクまで バイク総合情報 【Web!ke ウェビック】




    QRコード
    QRコード